おねだりマスカットSP!

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索
おねだりマスカットSP!
ジャンル バラエティ番組
放送国 日本の旗 日本
制作局 ロード・トゥ・シャングリラ
テレビ東京(番組配信局)
企画 鳥塚恵介
監修 仁同正明
大羽知道
プロデューサー 小林岳夫
浦洋平
千葉国子
出演者 おぎやはぎ
ほか
ナレーター 富沢美智恵
鈴木詔子
外部リンク 公式サイト
2012年9月まで
放送時間 水曜 26:20 - 26:50(30分)
放送期間 2011年10月5日 - 2012年9月26日
2012年10月から
放送時間 土曜 26:35 - 27:05(30分)
放送期間 2012年10月6日 - 2013年3月30日
テンプレートを表示

おねだりマスカットSP!』(おねだりマスカット スーパー)は、テレビ東京系列ほかで放送されていた深夜バラエティ番組。略称は「おねマスSP」。テレビ東京では2011年10月5日から2013年3月30日まで放送。

概要[編集]

おねがい!マスカット』『おねだり!!マスカット』『ちょいとマスカット!』『おねだりマスカットDX!』に続く「マスカット」シリーズの第5弾。恵比寿マスカッツ「7期生」「8期生」それぞれ3名「9期生」1名が本番組で新たに加入した。番組のコンセプトは「元気でキュートでちょっぴりセクシーな女の子を集めたパワーのあるアイドルバラエティ」。

番組配信・幹事局はテレビ東京であるが、シリーズを通して番組制作には関与していない。

2012年12月16日、恵比寿マスカッツがワンマンライブ内で来春に解散することを公式発表した[1]。それに伴い、「マスカット」シリーズも2013年3月30日放送分をもって終了した。業界視聴率が高い番組としても知られ、多くの業界の芸能人からも評価が高い。番組終了に際してもそれを惜しむ声が多かった[要出典]

出演者[編集]

MC[編集]

ゲスト[編集]

恵比寿マスカッツ[編集]

番組外活動に関しては恵比寿マスカッツを参照。

過去の恵比寿マスカッツ[編集]

ブラックマスカッツ[編集]

過去のブラックマスカッツ[編集]

ナレーター[編集]

主なコーナー[編集]

ホームルーム
オープニングコーナーとして全員参加で行われる。マスカッツの活動情報を紹介したり、小木がマスカッツの気になるブログの内容について注意、警告を与えたりする。
かわいい甲子園
マスカッツをチーム分けし、イニング毎のお題に沿ってかわいい表現を競う大会。可愛い=HRで1点、可愛くない=アウト。基本3回制で点数を多く取ったチームの勝ち。ジャッジは、毎度の事ながら小木審判の独断と偏見と贔屓で大いに左右され、レッドカードでマスカッツを強制退場させることもある。
小奥(おおく)
暇を持て余す「小木の殿様」の出す無理難題に、女中(マスカッツ)達が応える。殿様を満足させれば褒美が出され(シュークリーム)、その逆の場合は恐ろしい罰(激辛ワサビ)が科される。毎回最初に蒼井が指名され、結果ワサビを食べさせられるのがお約束となっている。
アッキーがゆく
スタジオ前室で小林Pからの連絡事項を聞くマスカッツの元に、加藤茶を彷彿とさせるハゲヅラ・ステテコ姿で登場する吉沢。他のメンバーは、ただただ呆気に取られる。
ADゆりあさん
あまりに自由奔放なため、大喜利コーナーのADを担当することとなった里美。ここでも普段の態度と変わらず、勝手気ままな指示を出し演者を困惑させる。
冬の大運動会
恵比寿マスカッツvsブラックマスカッツのチーム戦。勝ったチームには、来年新曲CD発売の権利が与えられるため、コント無しの真剣勝負となった。
マスカット紅白歌合戦
マスカットシリーズ通算4回目となるマスカッツ全員による歌合戦。矢作と吉沢による司会のもと、2週にわたって放送。
マスカッツバカNo.1決定戦
「グレートティーチャーマスカッツ」にて爆笑したメンバーがいた一方、自分も分からず笑っていないメンバーがいたマスカッツ。そこでフジテレビめちゃ2イケてるッ!』 の企画「期末テスト」[3]の要領で抜き打ちテストを実施。実施科目は、国語・算数・社会・英語・保健体育の5教科。蒼井・希崎とブラックマスカッツ3名(当時)は欠席したが、後日再試験を受けた。

番組に関するエピソード・出来事[編集]

  • 1回放送にて、「現役メンバーのドス黒さを薄めるため」との名目で、7期生3名が加入。その直後、謎の黒い軍団が乱入。彼女たちはブラックマスカッツと名乗る、過去に番組を卒業した1期生・川村りかが率いた7人だった。
  • 3回放送より、スタジオセットを一新。エジプトの砂漠を思わせる背景で、セットの一部が動く仕様となった。
  • 6回放送にて、桜木が3か月ぶりに復帰。この間の動向について、番組予算を稼ぐためアルゼンチンへ出向き、2億円分のダイヤモンドを採掘していた旨を説明。この日の復帰を知らされていなかったマスカッツは、涙ながらに喜んだ。
  • 19回放送にて、3月28日に発売となるニューシングルのタイトルが発表となり、その翌週に披露。また、今回よりレーベルがポニーキャニオンへ移籍となった。
  • 23回放送にて、リーダーが麻美から希志へバトンタッチされた。希志は(麻美がよく泣いていたので)「泣かないリーダーを目指します」と抱負を語った。
  • 26回放送では、『世界卓球2012』中継のため、テレビ東京での放送が午前3時50分[4]開始となった。これに伴い、『Mas!4 NEWS LOVE』を放送した[5]。『おねだりマスカットDX!』第31回でも、『世界卓球2011』中継編成の影響で大幅に遅延したことによる『Oha!4』との放送時間の重複を利用し、一度放送されたことのある企画である。
  • 27回放送にて、マスカッツ総合プロデューサーを名乗る「秋π先生」が登場し、マスカッツ緊急記者会見を開催。新メンバー3人の加入が告げられた。
  • 2012年10月より、放送日時が水曜深夜26:20から土曜深夜26:35に移動。
  • 78回放送では最終回1時間スペシャルでスペシャルゲストとして土田晃之鈴木拓ドランクドラゴン)、品川庄司日村勇紀バナナマン)、ダチョウ倶楽部が登場した。番組終盤でダチョウ倶楽部の十八番芸の熱湯風呂にマスカッツメンバー全員が落とされるという事態が発生した。最後はビチョビチョに濡れた状態でバナナ・マンゴー・ハイスクール を歌って5年間の幕を閉じた。

CD[編集]

シングル[編集]

アルバム[編集]

DVD[編集]

パチンコ[編集]

スタッフ[編集]

  • 総合演出:マッコイ斎藤
  • 構成:鈴木工務店、佐藤俊明
  • スーパーバイザー:仁同正明、大羽知道
  • CAM:秋山勇人
  • VE:高木稔
  • 音声:森田篤
  • 照明:前田貢伺
  • 美術:小林慎典
  • スチール:三宅英文
  • メイク:MARVEE
  • スタイリスト:上野真穂
  • 編集:増田直人
  • MA:阿世知貴彦、坪井翔太
  • 音効:石見知哉
  • AP:二階堂恵
  • 企画:鳥塚恵介
  • 広報:稲葉幸寛
  • ディレクター:石岡孝利、村上隼人
  • ユニットマネージャー:山根愛美
  • プロデューサー:小林岳夫、浦洋平、千葉国子
  • 協力:ニユーテレスプログレッソ、TRIBE、ザ・チューブ
  • 振り付け:R2 CREATIVE RYONRYON
  • 制作協力:笑軍様
  • 製作:ロード・トゥ・シャングリラ

放送局[編集]

放送対象地域 放送局 系列 放送曜日・時間 放送期間 備考
関東広域圏 テレビ東京 テレビ東京系列 水曜 26:20 - 26:50 (2012年9月26日まで)
土曜 26:35 - 27:05 (2012年10月6日以降)
土曜 26:35 - 27:35 (最終回)
2011年10月5日 - 2013年3月30日 番組配信局
北海道 テレビ北海道 火曜 25:30 - 26:00 (2012年9月25日まで)
火曜 25:35 - 26:05 (2012年10月2日以降)
火曜 25:05 - 26:05 (最終回)
2011年10月18日 - 2013年4月16日 17日遅れ
愛知県 テレビ愛知 金曜 26:00 - 26:30 (2012年1月6日まで)
木曜 28:00 - 28:30 (2012年1月11日以降)
水曜 28:35 - 29:05 (打ち切り回)
2011年10月14日 - 2012年10月3日 15日遅れ
大阪府 テレビ大阪 土曜 27:00 - 27:30 2011年10月12日 - 2013年4月6日 7日遅れ
岡山県・香川県 テレビせとうち 土曜 25:30 - 26:00 2011年11月12日 - 2013年5月24日 55日遅れ
福岡県 TVQ九州放送 土曜 26:25 - 26:55 2012年2月4日 - 2013年8月10日 126日遅れ
岩手県 岩手めんこいテレビ フジテレビ系列 日曜 26:00 - 26:30 2012年8月12日 - 2012年11月11日 18日遅れ
石川県 石川テレビ 金曜 26:35 - 27:05 2011年10月14日 - 2013年5月3日 34日遅れ[6]
長野県 長野放送 金曜 25:35 - 26:05 2011年10月7日 - 2013年4月5日 6日遅れ[7]
愛媛県 テレビ愛媛 月曜 25:10 - 25:40 2011年11月7日 - 2013年6月3日 33日遅れ
熊本県 テレビくまもと 火曜 26:00 - 26:30 2011年12月6日 - 2013年6月11日 76日遅れ
鹿児島県 鹿児島テレビ 土曜 25:05 - 25:35[8] 2011年10月15日 - 2013年4月27日 10日遅れ
新潟県 テレビ新潟 日本テレビ系列 月曜 25:29 - 25:59 (2012年3月26日まで)
土曜 25:25 - 25:55 (2012年4月7日以降)
2011年11月21日 - 2013年3月30日 47日遅れ
静岡県 静岡第一テレビ 土曜 25:25 - 25:55 2012年1月28日 - 2013年10月5日 122日遅れ
岐阜県 岐阜放送 独立局 水曜 25:15 - 25:45 (2012年9月12日まで)
水曜 26:00 - 26:30 (2012年10月3日以降)
水曜 25:55 - 26:55 (最終回)
2011年10月26日 - 2013年4月17日 21日遅れ
滋賀県 びわ湖放送 木曜 25:20 - 25:50 (2012年3月22日まで)
木曜 26:00 - 26:30 (2012年9月27日まで)
木曜 25:30 - 26:00 (2012年10月4日以降)
2011年11月3日 - 2013年5月2日 29日遅れ
奈良県 奈良テレビ 水曜 25:00 - 25:30 (2013年3月27日まで)
木曜 26:00 - 26:30 (2013年4月4日以降)
2011年10月12日 - 2013年4月18日 19日遅れ

脚注[編集]

  1. ^ 恵比寿マスカッツが来春解散「絶頂期に解散させたかった」”. 音楽ナタリー (2012年12月16日). 2012年12月16日閲覧。
  2. ^ 鈴木は「かわいい甲子園」でのウグイス嬢がメインだったが、第10、11回ではナレーションを担当した。
  3. ^ 前もってフジテレビに了解を貰っており、他番組で企画を借りた点を全員で侘びた
  4. ^ 当初予定では午前3時20分開始予定であったが、卓球中継延長により30分繰り下げとなった。
  5. ^ なお、本番組と『Oha!4』が重複しない場合(『世界卓球』が延長しないか10分以内の延長のとき)であっても、これを予定通り放送することになっていた。
  6. ^ 以前は9日遅れだった。
  7. ^ テレビ東京が水曜深夜に放送していた当時は2日遅れだった。
  8. ^ 2012年7月21日の放送は、『FNS27時間テレビ 笑っていいとも! 真夏の超団結特大号!! 徹夜でがんばっちゃってもいいかな?』放送のために休止。

関連項目[編集]

テレビ東京 水曜26:20枠
前番組 番組名 次番組
おねだりマスカットDX!
(2010年10月6日 - 2011年9月28日)
おねだりマスカットSP!
(2011年10月5日 - 2012年9月26日)
ハヤテのごとく!
CAN'T TAKE MY EYES OFF YOU

(2012年10月3日 - 2012年12月19日)
※26:05 - 26:35
買物の時間
(2012年10月3日 - 2013年3月27日)
※26:35 - 27:05、水曜25:20枠から移動
テレビ東京 土曜26:35枠
もえ×こん
(2011年7月16日 - 2012年9月29日)
※26:35 - 26:45、30分繰り下げ
買物の時間
(2012年4月7日 - 2012年9月29日)
※26:45 - 27:15
おねだりマスカットSP!
(2012年10月6日 - 2013年3月30日)
PASSPO☆の尺うまTV
(2013年4月6日 - 2013年9月28日)