リチャード・ハリス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索
リチャード・ハリス
Richard Harris
本名 Richard St. John Harris
生年月日 1930年10月1日
没年月日 2002年10月25日(満72歳没)
出生地 アイルランド共和国の旗 アイルランド リムリック
死没地 イングランドの旗 イングランド ロンドン
民族 アイルランド人
身長 185 cm[1]
職業 俳優映画プロデューサー
監督作家詩人
ジャンル 映画舞台
活動期間 1958年 - 2002年
配偶者 Elizabeth Rees-Williams
(1957年-1969年)
Ann Turkel(1974年-1982年)
著名な家族 ダミアン・ハリス(長男)
ジャレッド・ハリス(二男)
ジェイミー・ハリス(三男)
主な作品
1967年キャメロット』、アーサー王役
1970年『クロムウェル』、オリバー・クロムウェル
ハリー・ポッター』シリーズ

リチャード・ハリスRichard Harris, 1930年10月1日 - 2002年10月25日)は、アイルランドの俳優。また、歌手としても知られ、1968年には「マッカーサー・パーク」が全米・全英トップ10ヒットとなっている。

アイルランドのリムリック生まれ。息子のジェイミー・ハリスジャレッド・ハリスも俳優になった。弟のダーモットはカサンドラ・ハリスの元夫である。

人物[編集]

前歴[編集]

アイルランド自由国リムリック市のカトリック系住民であるハリス家に、9人兄弟の5人目として生まれる[2]。父はイワン・ジョン・ハリス、母はミルドレッド・ジョセフィーヌ・ハーティ・ハリスと記録されている[3][4]。幼少期にイエズス会の寄宿学校に送られ、学校ではスポーツに才能を示してラグビー選手として活躍した。一時はプロチームのギャリーオーウェン・フットボール・クラブに参加を許されたが[5]、結核を患った事でプロ選手への道は諦めなければならなくなった。それからもフットボールの熱烈なファンであり続け、役者として成功した後も熱心に試合観戦を続けていたという。

結核治療を終えた後、次の道を模索しながら日々を過ごす中で映像の世界に携わりたいという想いが高まり、ディレクターとしての経験を積むべく一念発起して隣国イングランドへと移住する。だが製作過程を専門とする学校が無い事を知ると、悩んだ末に少しでも関連する分野という事で演劇学校の入校試験を受けた。24歳の時に王立演劇学校(RADA)の入校試験を受けるが不合格とされ、セントラル演劇学校に至っては年齢制限を理由として門前払いにされてしまった[6]。それでも諦めずに学校を探し、やがてロンドン演劇学校の入校許可を得る。演劇学校では熱心に学び、炭鉱で働きながら稼いだ金で舞台上演を行うなど精力的に活動した。演劇学校の課程を終えると専業の舞台俳優として劇団に参加、長い下積み生活を送った。

俳優デビュー後[編集]

1958年に映画デビュー。1963年の『孤独の報酬』ではカンヌ国際映画祭男優賞を受賞。ハリウッドに進出し、憧れの存在だったカーク・ダグラスの知己を得た。そのカーク・ダグラスの推薦で大作ミュージカルキャメロット』に主演。以後、知的さと男臭さを伴わせた演技で『ジャガーノート』、『カサンドラ・クロス』、『ワイルド・ギース』といったアクション映画を中心に活躍した。1980年代に入ってアルコール、及び薬物依存症から低迷し、映画からは遠ざかるが、それを克服し、以後は舞台を中心に活動を続けた。1981年にはナイトの称号を授かった。

1990年の映画『フィールド』では、土地に執着する初老の男を演じて、『孤独の報酬』以来実に27年ぶりにアカデミー主演男優賞にノミネートされた。以後、主に貴重なバイプレーヤーとして再びスクリーンに登場することが増えた。

『ハリー・ポッター』シリーズ[編集]

映画化された『ハリー・ポッター』シリーズの1作目と2作目で魔法学校の校長アルバス・ダンブルドアを演じた。当初この役を断るつもりだったが、原作のファンである孫娘に「お爺ちゃん、ダンブルドア校長役を引き受けなかったら、もう2度と口をきいてあげない」と言われ引き受けたというエピソードが残っている。2002年にホジキンリンパ腫で死去[7]し、『ハリー・ポッターと秘密の部屋』が遺作となった。

死後[編集]

ダンブルドア役の後任には、家族側はハリスと生涯の友人であったピーター・オトゥールを希望したが、最終的にハリスと同じアイルランド生まれのマイケル・ガンボンが演じた[8]

2003年には英国インディペンデント映画賞が、ハリスに敬意を表しリチャード・ハリス賞を設立。

2006年9月30日には、長年計画されていたハリスの等身大銅像がアイルランドに設置された[9]

主な出演作品[編集]

公開年 邦題
原題
役名 備考
1959 地獄で握手しろ
Shake Hands with the Devil
テレンス・オブライエン
メリー・ディア号の難破
The Wreck of the Mary Deare
ヒギンズ
1960 抵抗する勇士
A Terrible Beauty
ショーン・ライリー
1961 戦場の七人
The Long and the Short and the Tall
ジョンストン
ナバロンの要塞
The Guns of Navarone
バーンズビー
1962 戦艦バウンティ
Munity on the Bounty
ジョン・ミルズ
1963 孤独の報酬
This Sporting Life
フランク・メイチン カンヌ国際映画祭 男優賞 受賞
1964 赤い砂漠
Il Desarto Rosso
コッラド
1965 ダンディー少佐
Major Dundee
ベンジャミン・タイリーン
テレマークの要塞
The Heroes of Telemark
クヌート・ストラウド
1966 天地創造
The Bible: In the Beginning...
カイン
ハワイ
Hawaii
レイファー・ホークスワース
1967 キャメロット
Camelot
アーサー王 ゴールデングローブ賞 主演男優賞 (ミュージカル・コメディ部門) 受賞
おしゃれスパイ危機連発
Caprice
クリストファー・ホワイト
1970 男の闘い
The Molly Maguires
ジェームス・マッケナ
馬と呼ばれた男
A Man Called Horse
ジョン・モーガン
クロムウェル
Cromwell
オリヴァー・クロムウェル
1971 ストライカー 愛と栄光のフィールド
Bloomfield
エイタン 監督・脚本・出演
白い渡り鳥
The Snow Goose
フィリップ テレビ映画
荒野に生きる
Man in the Wilderness
ザカリー・バス
1973 死の追跡
The Deadly Trackers
ショーン・キルパトリック保安官
1974 殺し屋ハリー/華麗なる挑戦
99 and 44/100% Dead
ハリー・クラウン
ジャガーノート
Juggernaut
アンソニー・ファロン
1976 別れのこだま
Echoes of a Summer
ユージーン 製作総指揮・出演
ロビンとマリアン
Robin and Marian
リチャード1世
サウス・ダコタの戦い
The Return of a Man Called Horse
ジョン・モーガン 製作・出演
カサンドラ・クロス
The Cassandra Crossing
ジョナサン・チェンバレン博士
1977 ガリバー大冒険
Gulliver's Travels
ガリバー
オルカ
Orca
ノーラン
黄金のランデブー
Golden Rendezvous
ジョン・カーター
1978 ワイルド・ギース
The Wild Geese
レイファー・ヤンダース大尉
1979 未来元年 破壊都市
Ravagers
ファルク
ブラック・バトル
A Game for Vultures
デヴィッド
ダニー・トラビス ダウンタウン徹底抗戦25時
The Last Word
ダニー・トラビス
1981 類猿人ターザン
Tarzan, The Ape Man
ジェームズ・パーカー
スキャンダラス・ラブ
Your Ticket Is No Longer Valid
ジェイソ
1982 バラ色の報酬 1000万ドルを追え!
Highpoint
ルイス
1983 馬と呼ばれた男の勝利
Triumphs of a Man Called Horse
ジョン・モーガン
1984 遥かなる少年の日々
Martin's Day
マーティン
1988 警視メグレ 上流階級の罠
Maigret
メグレ警視 テレビ映画
ストライク・コマンドー2
Trappola diabolica
ヴィク・ジェンキンス
1989 三文オペラ
Mack the Knife
ピーチャム
キング・オブ・ザ・ウィンド 疾風の覇者
King of the Wind
ジョージ2世
1990 ザ・フィールド
The Field
ブル・マカベイ
1992 パトリオット・ゲーム
Patriot Games
パディー・オニール
許されざる者
Unforgiven
イングリッシュ・ボブ
アメリカンレガシー
Silent Tongue
プレスコット
1993 潮風とベーコンサンドとヘミングウェイ
Wrestling Ernest Hemingway
フランク
1994 ソドムとゴモラ
en:Abraham (film)
アブラハム テレビ映画
1995 輝きの大地
Cry, the Beloved Country
ジェームズ・ジャーヴィス
1996 ブロンドXX
Savage Hearts
サー・ロジャー・フォクスリー
1997 陰謀のシナリオ
Smilla's Sense of Snow
Dr. Andreas Tork
ノートルダム
The Hunchback
クロード・フロロー司教 テレビ映画
1999 シベリアの理髪師
The Barber of Siberia
Makkreken
グリズリー・フォールズ 親子熊物語
Grizzly Falls
オールド・ハリー
2000 グラディエーター
Gladiator
マルクス・アウレリウス
2001 ハリー・ポッターと賢者の石
Harry Potter and the Sorcerer's Stone
アルバス・ダンブルドア校長
2002 モンテ・クリスト伯
The Count of Monte Cristo
ファリア司祭
ハリー・ポッターと秘密の部屋
Harry Potter and the Chamber of Secrets
アルバス・ダンブルドア校長
アポカリプス 〜黙示録〜
San Giovanni - L'apocalisse
ジョン テレビ映画
ジュリアス・シーザー
Julius Caesar
スッラ テレビ映画
ケイナ
Kaena: La prophétie
オーパス アニメ、声の出演

受賞歴[編集]

部門 作品名 結果
アカデミー賞 1963年 主演男優賞 『孤独の報酬』 ノミネート
1990年 『ザ・フィールド』 ノミネート
ゴールデングローブ賞 1967年 主演男優賞 (ミュージカル・コメディ部門) 『キャメロット』 受賞
1990年 主演男優賞 (ドラマ部門) 『ザ・フィールド』 ノミネート
英国アカデミー賞 1963年 主演男優賞 『孤独の報酬』 ノミネート
ゴールデンラズベリー賞 1982年 最低主演男優賞 『類猿人ターザン』 ノミネート
カンヌ国際映画祭 1963年 男優賞 『孤独の報酬』 受賞
ベルリン国際映画祭 1971年 ゴールデンベルリンベア 『ストライカー 愛と栄光のフィールド』 ノミネート
モスクワ国際映画祭 1970年 主演男優賞 『クロムウェル』 受賞
エミー賞 1971年 男優賞 『The Snow Goose』 ノミネート
Fotogramas de Plata 1971年 Fotogramas de Plata 『馬と呼ばれた男』 ノミネート
Western Heritage Awards 1971年 Bronze Wrangler 『馬と呼ばれた男』 受賞
1993年 受賞
CableACE Awards 1983年 Actor in a Theatrical or Musical Program 『キャメロット』 ノミネート
ヨーロッパ映画賞 2000年 生涯貢献賞賞 受賞
Wine Country Film Festival 2000年 特別功労賞 受賞
全米映画俳優組合賞 2000年 キャスト賞 『グラディエーター』 ノミネート
ロンドン映画批評家協会賞 2001年 ディリス・パウエル賞 受賞
エンパイア賞 2001年 生涯貢献賞賞 受賞
英国インディペンデント映画賞 2002年 リチャード・ハリス賞 受賞
主演男優賞 『ザ・フィールド』 ノミネート
フェニックス映画批評家協会 2002年 キャスト賞 『ハリー・ポッターと秘密の部屋』 ノミネート
グラミー賞 1968年 最優秀アルバム賞 『A Tramp Shining』 ノミネート
Contemporary Pop Male Vocalist 『MacArthur Park』 ノミネート
1973年 最優秀朗読アルバム賞 『かもめのジョナサン』 受賞
1975年 Best Spoken Word, Documentary or Drama Recording 『The Prophet』 ノミネート

出典[編集]

  1. ^ Richard Harris (I) - Biography” (英語). IMDb. 2013年5月28日閲覧。
  2. ^ “A hell-raiser and shining star”. Daily Mail. http://www.dailymail.co.uk/news/article-144670/A-hell-raiser-shining-star.html 2010年10月19日閲覧。 
  3. ^ “Harris was one of the most outstanding film stars of his time”. Irish Independent. (2002年10月27日). http://www.independent.ie/national-news/harris-was-one-of-the-most--outstanding-film-stars-of-his-time-504644.html 2007年12月10日閲覧。 
  4. ^ Severo, Richard (2002年10月26日). “Richard Harris, Versatile And Volatile Star, 72, Dies”. The New York Times. http://query.nytimes.com/gst/fullpage.html?res=9801E2D91E3CF935A15753C1A9649C8B63 2007年12月10日閲覧。 
  5. ^ Limerick rugby full of heroes”. Wesclark.com (2002年5月24日). 2011年11月8日閲覧。
  6. ^ Richard Harris - Obituaries
  7. ^ “『ハリー・ポッター』のR・ハリス、死去”. シネマトゥデイ. (2002年10月28日). http://www.cinematoday.jp/page/N0002564 2013年4月14日閲覧。 
  8. ^ “ハリポタの校長に、M・ガンボンが決定”. シネマトゥデイ. (2003年2月24日). http://www.cinematoday.jp/page/N0003014 2013年4月14日閲覧。 
  9. ^ Crowe pays tribute to Harris at Irish ceremony”. BreakingNews.ie (2006年10月2日). 2013年4月14日閲覧。