山本文郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索
やまもと ふみお
山本 文郎
プロフィール
愛称 文さん
出身地 日本の旗 日本東京都文京区
生年月日 1934年12月23日
没年月日 2014年2月26日(満79歳没)
最終学歴 早稲田大学第一文学部国文学科
所属事務所 オフィスぶん
職歴 TBSアナウンサー
活動期間 1957年 - 2014年
ジャンル 報道情報
配偶者 あり
出演番組・活動
過去 テレポートTBS6
モーニングEye
輝く!日本レコード大賞』 など
アナウンサー: テンプレート - カテゴリ

山本 文郎やまもと ふみお1934年12月23日 - 2014年2月26日 )は、日本フリーアナウンサー。元TBS[注釈 1]アナウンサー

愛称は文さん(ぶんさん)。1994年にTBSを定年退職してからは、個人事務所の「オフィスぶん」に所属していた。

来歴[編集]

東京市小石川区(現:東京都文京区小石川)の出身。父親は開業医だったが、第二次世界大戦中に大日本帝国陸軍召集広島陸軍病院勤務中の1945年8月6日被爆して全身に大火傷を負った末、15日後に他界した。

東京都立九段高等学校を経て、早稲田大学第一文学部国文学科を卒業。大学卒業後の1957年、アナウンサーとしてラジオ東京に入社した。同期入社のアナウンサーに岡部達がいる。

ラジオ東京が「TBS」としてテレビの本放送を始めてからは、テレビ番組にも登場。ラジオ番組を含めて音楽・演芸番組を中心に出演したほか、一時はスポーツアナウンサーとして活動していた(後述)。また、1976年10月から1987年9月25日までは、テレビの関東ローカルワイドニュース番組『テレポートTBS6』で2代目メインキャスターを担当。関東地方では11年にわたって、「TBS夕方の顔」として人気を博した。

『テレポートTBS6』の終了を機に、1987年10月5日からはTBS系列全国ネットのワイドショー『モーニングEye』の司会に転身。1994年にTBSを定年で退職してからも、フリーアナウンサーとして1996年9月27日の番組終了まで9年間にわたって出演した。TBSテレビでは、同番組終了後も、平日午後の全国ネット生放送番組(『素敵なあなた』→『わいわいティータイム』)で引き続き司会を務めていた。

フリーアナウンサーへ転身してからは、2006年に旭川夏まつり(北海道旭川市)関連のイベント「大雪さんろくまつり」実行委員会の顧問に就任した。また、「都心に近く、気候温暖で、海の幸・山の幸が豊富」という理由で、千葉県鎌ヶ谷市へ移住。「昭和九年会」(昭和9年=1934年生まれの男性芸能人による親睦会)のメンバーとしても活動していた。

私生活では、34年間連れ添った先妻を1997年の元日に脳梗塞で亡くしたが、73歳になった2008年1月に31歳年下の由美子夫人と再婚。この再婚が大きな話題になったこと(後述)から、2008年の新語・流行語大賞授賞式で司会を務めたほか、バラエティ番組やトーク番組にゲストで出演する機会が増えた。ちなみに、由美子は山本との結婚を機に、「オフィスぶん」で山本のマネージャーを兼務するようになった[1]

2014年2月26日午前2時6分、肺胞出血のため千葉県内の病院で逝去した[2]。79歳没。前週の19日まで由美子と共にパーティーの司会をこなしてから、21日の深夜に背中や胸の痛みを訴えて入院した末の急逝であった[3]

人物・エピソード[編集]

  • 親子ほど年の離れた女性アナウンサーである長峰由紀渡辺真理と共に『モーニングeye』の司会を任されたほか、TBSアナウンサー時代から優しい笑顔と親しみやすい語り口で人気を博していた。アナウンサーとしてのモットーは、「担当番組のスタッフを大事にすること」。生前の口癖は、「生涯現役」「スタッフが作ったものを、その通りに伝えることが僕の仕事」であった。2009年11月19日から木曜日のレギュラーコメンテーターを務めていた生前最後のレギュラー番組『ひるおび!』(TBSテレビ)では、2014年2月27日(木曜日)第1部の冒頭で、上記のエピソードやTBSアナウンサー時代の映像を交えながら山本の訃報を伝えた。
  • ラジオ東京への入社後に、スポーツアナウンサーとして、プロ野球公式戦の中継でサイクルヒット達成の瞬間を実況したことがある(球場名および対戦カード不詳)。達成した選手(氏名不詳)は、第3打席までに単打・二塁打三塁打を記録した後に、第4打席でレフトスタンドに本塁打を放った。しかし山本は、第4打席で打球が上がった直後に遊撃手が後退したことから、誤って「ショートフライ」と実況。その直後に左翼手が後退する姿が見えたため、慌てて「レフトフライでした……レフト! レフト! ホームラン! サイクルヒット達成です!」と訂正したものの、この試合を最後にスポーツ実況の担当を外されたという[4]
  • 早稲田大学第一文学部およびアナウンサーとしての後輩に、逸見政孝がいた。逸見はフジテレビアナウンサー時代の1978年10月2日から、関東ローカルワイドのニュース番組『FNNニュースレポート6:30』で初代キャスターに抜擢。抜擢を前に、放送時間は異なるもののライバル番組であった『テレポートTBS6』キャスターの山本に電話でアドバイスを仰いだ。これに対して山本は、できるだけニュースの現場に出ることを逸見に推奨。逸見は『ニュースレポート6:30』で山本のアドバイスを実践すると、後継の全国ネットニュース番組(『FNNニュースレポート6:00』→『スーパータイム』)でも長きにわたってメインキャスターを担当した。
  • 40代までは、1日に40本以上のたばこを吸うほどのヘビースモーカーであったという。しかし、40歳頃に糖尿病を患ったこと[5]をきっかけに、体質改善の一環でタモギダケ茶を愛飲。フリーアナウンサーへの転身後に、タモギタケ茶と緑茶のブレンドによる「文さんの健康抹茶」シリーズの開発に携わった。ちなみに、同シリーズの商品は、現在に至るまで通信販売で人気を博している。
  • 73歳での再婚は、浅利慶太の70歳を上回る「芸能界最高齢での再婚」として話題になった[6]。後妻である由美子夫人との馴れ初めは、TBSアナウンサー時代に司会を務めていたラジオ番組『こども音楽コンクール』に、彼女の兄が出演していたことによる[1]。やがて山本は、由美子の1回目の結婚披露宴でも司会を担当[7]2007年に前妻を亡くした直後に由美子の離婚を年賀状で知ったことから、久々の再会で相談を受けているうちに愛が芽生えたという。なお、山本は先妻との間に1男を授かっていたが、再婚によって由美子の連れ子である中学生と小学生の父親にもなった。再婚後は、2009年に『新婚さんいらっしゃい!』(ABCテレビ)の新春特集「芸婚さんいらっしゃい!」などの番組に夫婦揃って出演したほか、雑誌のインタビューなどで私生活を告白することもあった。
  • 逝去後の2014年5月8日には、「生涯現役」を貫いた故人の姿勢を尊重すべく、由美子夫人の意向で「『さよならはいわないよ』文さん“引退式”」という名のお別れ会を東京・赤坂BLITZで開催。TBSアナウンサーの同期だった岡部達、後輩アナウンサーの久米宏生島ヒロシ、フリーアナウンサー仲間の徳光和夫小倉智昭、芸能・スポーツ界から関口宏毒蝮三太夫石井ふく子市村正親仲本工事小室等ボニージャックス渡嘉敷勝男千代の富士貢九重親方)、千代の国憲輝が参列[8]。由美子は「引退式」の後に、山本の仕事を引き継ぐ格好で、タレントとして本格的に活動する意向を表明。山本の遺骨を前妻の眠る墓に納めたことや、自身の息子でもある2人の連れ子に対して、「(山本や自分と同じく)テレビ業界の仕事をして欲しい」と望んでいることも明かした[9]

主な出演番組[編集]

ラジオ東京→TBSアナウンサー時代[編集]

テレビ[編集]

ラジオ[編集]

フリーアナウンサー転身後[編集]

映画[編集]

CM[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 会社法人としては、現在の東京放送ホールディングス、放送局としては現在のTBSテレビTBSラジオ。TBSは、2009年3月までは、東京放送の略称であったが、同年4月以降はTBSテレビの略称となっている。

出典[編集]

  1. ^ a b 「山本文郎アナ『時間無駄使いできないから夫婦喧嘩しない』」、『女性自身』第2557号、2012年10月http://jisin.jp/news/2557/4883/2014年2月27日閲覧 
  2. ^ “【訃報】元TBSアナウンサー山本文郎さんが死去 79歳”. 日刊ゲンダイ. http://gendai.net/articles/view/geino/148294 2014年2月27日閲覧。 
  3. ^ “元TBSアナ山本文郎さん急死 79歳”. 日刊スポーツ. http://www.nikkansports.com/entertainment/news/p-et-tp0-20140227-1263126.html 2014年2月27日閲覧。 
  4. ^ ダウンタウンDX. 日本テレビ放送網. 読売テレビ. 2008年3月10日放送. "ゲストで出演時に告白"
  5. ^ “山本文郎さん、肺胞出血で死去 87年から9年間TBS朝の顔”. サンケイスポーツ. http://www.sanspo.com/geino/news/20140227/oth14022704040017-n2.html 2014年2月27日閲覧。 
  6. ^ “73歳山本文郎アナが30歳差再婚”. 日刊スポーツ. http://www.nikkansports.com/entertainment/f-et-tp0-20080108-304716.html 2014年2月27日閲覧。 
  7. ^ メレンゲの気持ち. 日本テレビ放送網. 2009年11月29日放送. "ゲスト出演時に告白"
  8. ^ “徳光和夫「ブンさんは下半身も生涯現役」山本文郎さん“引退式””. サンケイスポーツ. (2014年5月9日). http://www.sanspo.com/geino/news/20140509/oth14050905050007.html 2014年6月18日閲覧。 
  9. ^ “山本文郎アナの妻がタレント転身へ”. デイリースポーツ. http://www.daily.co.jp/gossip/2014/05/09/0006943855.shtml 2014年5月9日閲覧。 
  10. ^ お問い合わせ セレコーポレーション