あした順子・ひろし

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

あした 順子・ひろし(あした じゅんこ・ひろし)は、漫才協会落語協会所属の男女漫才コンビ。昭和後期から平成にかけて、体を張ったどつき漫才で人気を博した。

五代目柳家小さん一門(のちに五代目鈴々舎馬風一門)。出囃子は『啼くな小鳩よ』。ふたりは師匠と弟子のコンビであり、夫婦ではない[1]

略歴[編集]

1960年[1]南 順子・北 ひろし(みなみ じゅんこ・きた ひろし)[2]の名で結成。最初は漫才ではなく、ひろしの司会で順子が手品をするマジック・コント主体だったが、覚えも要領も悪いひろしを、順子が舞台上で思わず叩いたのを見たリーガル天才・秀才に、どつき漫才への転向を勧められる。歌謡ショーやキャバレー、女子プロレスの前座などで稼ぐうち、ドサ回りで芸が荒れるのを自覚し、1965年大須演芸場開場を期に高座に専念。

秋田實の後見を得て[2]1960年代末から上方に移り、ミヤコ蝶々南都雄二京唄子鳳啓助中田ダイマル・ラケット夢路いとし・喜味こいし秋田Aスケ・Bスケかしまし娘ら大看板の中で揉まれて芸を磨き、認められて「秋田」の屋号を許されたものの、畏れ多いと辞退して、一字違いの「あした」を名乗るようになった。

大阪万博終了後の1971年に帰京し落語協会に加盟、1976年、真打昇進。ひろしが老境に差しかかった1990年代後半から猛然と売れ出す。弟子はいない。

受賞歴[編集]

メンバー[編集]

本名:河野 順子(こうの じゅんこ)[4]東京市浅草区田島町(現・東京都台東区)出身。
両親は音曲漫才の市山寿太郎・小寿。父・寿太郎(河野晴雄)は当時珍しい大卒芸人で、英語が堪能だったという。日本舞踊市山流の名取、壮士芝居講釈師を経て、妻とコンビを組んだ。姉の一枝は大阪の上方柳次に嫁ぎ、のちに夫婦で漫才コンビを組んだ。いとこは歌舞伎役者の六世中村東蔵、日本舞踊家の藤間紫
芸能一家に育ち、日本舞踊(市山松扇門下で市山扇寿を名乗る[5])やモダン・バレエの素養があったため、戦後間もなく、楽団専属ダンサーとして進駐軍のキャンプ回りで稼ぎ始める[2]。その後1950年に一般人と結婚し娘1人をもうけたが、怠け者の夫に愛想を尽かせてすぐ離婚。松旭斎一門の奇術師(和妻師)「松旭斎純子」として再出発したところを、旧知のひろしに見出されコンビを組んだ。結成当時の芸名は南 順子(みなみ じゅんこ)。
2010年5月[6]にひろしが膝を悪くして入院して以来、順子は一人で高座に上がったり、昭和こいる内海桂子とコンビを組んで、漫才をしたりしていた。ひろしの死後、2017年に落語協会を退会し事実上引退したが、漫才協会には「名誉会員」として籍を残している[7]
本名:大野 寛(おおの ひろし)[4]。東京市下谷区竹町(現・東京都台東区台東)出身。
兵役検査では、丙種合格に留まったため徴兵されなかった。大都映画の雑用係、『笑の王国』の端役、東海林太郎らの歌謡ショーの司会者を経て、順子とコンビを組む。結成当時の芸名は北 ひろし(きた ひろし)。
長兄は将棋棋士の大野源一[6]。ひろしの将棋の腕前もプロ級とされる[8]

芸風・主なネタ[編集]

  • 漫才でふたりは夫婦のような役回りを演じた。恰幅のよい順子が亭主を尻に敷く猛妻のような貫禄を漂わせ、痩身のひろしは妻に頭が上がらぬ蚤の亭主のようにたたずんだ。順子が大声で一方的にまくし立てたりひろしを張り倒したりし、弱々しいひろしが狼狽する滑稽な構図は、幅広い世代から支持された。
「間」で勝負する芸風で、矢継ぎ早なしゃべくりが主体の東京漫才では異色であった。

ギャグ[編集]

男はあなたひろし〜
武田鉄矢芦川よしみの『男と女のはしご酒』の替え歌を、ふたりが向き合ってジルバのステップで歌い踊るもの。
順子が「男は〜あなたひろしぃ〜」と歌うと、ひろしが「女は〜君さ順子ぉ〜」と返し(歌をしっかり覚えていないせいか順子と同じメロディで歌っている)、ふたりで「切なさが胸に来る……」と揃え、調子づいて順子に迫るひろしを、順子が「気持ちが悪いよ〜!」と叫んで突き飛ばす。
踊り
日本舞踊の名取である順子が、切れの良い所作を見せるのに対し、ひろしは順子の軽快な動きについていけず、戸惑うしぐさを見せる。
順子が『黒田節』を謡いつつなぎなた捌きを披露し、小道具を持ちながら前を横切るひろしを足蹴にするネタは、正月初席などで見せた。
首投げ[2]
女子プロレス興行の前座として巡業した際、現役レスラーから伝授され体得した技で、首投げよりむしろフライング・メイヤーと呼ぶのが正しい。体格の良い順子が痩躯のひろしを投げ飛ばし、柔道初段の心得のあるひろしが見事な受身を披露する定番ネタ。高齢となってからは披露されなくなった。
その他
  • 順子が「おじいちゃん、おしっこに行きましょうね」とひろしの両手を繋ぐと、ひろしが「やだー!」と叫んで、順子がひろしを張り倒すという介護ネタ。
  • 順子がひろしの頭を叩き、ひろしが「そんなに頭を叩くから薄くなるんだよ」と半泣きになる。すると順子が「じゃあ、これでも付けな!!」と怒って、自分の頭に付けてあったカチューシャをひろしの頭に載せ、そのまま深々と黙礼して高座を下りる。
  • 踊り欄に記載の『黒田節』ネタを正月元旦「初詣ヒットパレード」で披露したが、小道具の盃の用意を忘れてしまい、舞台裏で順子に責められアタフタするひろしの様子がマイクONのまま音声で拾われてしまった。いつまでも舞台袖から出てこずにあ~だこ~だ言い合いしてる異変に気づいた司会の西川きよし桂文枝(当時は三枝)がフォローしてなんとか事なきを得たという正月からヒヤヒヤもののエピソードがある。

出演番組[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 漫才師・あしたひろしさんが死去 享年93歳 どつき漫才で人気 ORICON STYLE、2015年12月4日
  2. ^ a b c d e 【今週のご推笑・東】あした順子・ひろし「磨きこんだ絶妙なネタ」 ZAKZAK、2009年10月10日
  3. ^ あした ひろし・順子 落語協会
  4. ^ a b c あした 順子・ひろし 鈴々舎馬風 一門のオフィシャルホームページ
  5. ^ a b あした 順子 落語協会
  6. ^ a b 芸能界にもファン、漫才のあしたひろしさん死去 読売新聞、2015年12月4日
  7. ^ あした順子 - 一般社団法人 漫才協会プロフィール
  8. ^ a b あした ひろし 落語協会
  9. ^ あしたひろし 訃報 落語協会 2015年12月4日閲覧