あづみれいか

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

あづみ れいか1956年8月22日[1] - )は、日本の女優声優小説家宝塚歌劇団卒業生(元星組男役)。

来歴・人物[編集]

大阪府大阪市出身。公称身長165cm、宝塚時代の愛称はプッチー

大阪市立桜宮高等学校卒業後、宝塚音楽学校に入学し、1977年卒業[1]63期生。同期は美雪花代、旺なつき(ともに女優)、梓のぼる(ダンス指導者、俳優金田賢一夫人)、葵美哉(元月組副組長)など。

初舞台は『風と共に去りぬ[1]。星組で下級生時代はスター級、上級生となってからは舞台を引き締める重鎮的役どころを務め、1988年、星組公演『戦争と平和』にて退団。宝塚退団後は舞台をメインに今日まで第一線で活躍を続ける。

主な出演作品[編集]

舞台[編集]

  • 精霊流し岡部耕大作・演出
  • 『コンボイショー』
  • 『カフェグランツ』 1989
  • 『東綺譚』(佐藤浩史演出) 1991/1993/1999
  • 『王様盛衰記』(花房徹演出) 1992/1996
  • 『Zenmai』(渡辺えり子演出) 1998
  • 『かもめ』(蜷川幸雄演出) 1999
  • 『東綺譚』(佐藤浩史演出) 2001
  • 『ヒロシマのピーター・パン』(村井志摩子演出)2001

テレビ[編集]

映画[編集]

ラジオ[編集]

執筆活動[編集]

小説[編集]

  • 『夢見る夢子』(ISBNコード 978-4-87969-086-9),2003年,現代企画

その他の活動[編集]

  • 「JenneVBMリラクシングサークル」(東京都)講師

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 『テレビ・タレント人名事典(第6版)』 日外アソシエーツ、2004年6月、40頁。ISBN 978-4-8169-1852-0。