あんいーぶん

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
あんいーぶん
Un-Even 2009-04.jpg
左から、伊勢久乃、中村涼子(2009年4月)
メンバー 中村涼子
伊勢久乃
結成年 2006年2月
解散年 2009年4月
事務所 ワタナベエンターテインメント
活動時期 2006年2月 - 2009年4月29日
出身 ワタナベコメディスクール5期生
旧コンビ名 凸凹(読みは「あんいーぶん」)
現在の活動状況 解散
(中村はピン芸人として活動の後、現在は『パルフェ』メンバー)
芸種 漫才コント
過去の代表番組 モバタレGREAT
同期 岩間よいこ、坂本しろう、サギタリウス、西村深村、ガゼル、おぎわらえりか、83幕府
公式サイト 凸凹のホームページ
テンプレートを表示

あんいーぶんは、ワタナベエンターテインメントに所属していたお笑いコンビ

メンバー[編集]

  • 伊勢久乃(いせ ひさの、 (1988-09-18) 1988年9月18日(28歳) - )
    宮城県仙台市出身。
    血液型はB型。
    日本芸術高等学園卒業[1]
    お笑いを始める前はアキバ系アイドルのような活動をしていたことがあった[2]
    ピン芸人としての芸名に『ひさの100%』があった(2008年のR-1ぐらんぷりには、この名前で出場)。
    芸人引退後は、約5年間の東京・歌舞伎町のショーパブ勤務を経て[3]横浜市内で居酒屋「Dragon Kitchen」を経営した後、2015年2月15日に同市内にバービー人形の家をイメージした「Pink Holiday Cafe」をオープンし、店長を務める[4]。自身も幼い頃からバービー人形が好きで、200体以上のバービー人形を集めていた[5][6]。これら自分が開店した店舗を運営する会社として、かつての自分のコンビ名と同じ名前の「株式会社あんいーぶん」を設立している[7][3]
    弟の伊勢久大は、音楽トリオ「ザ・フレッシュメン」(高嶋音楽事務所所属)のメンバーで、ヴァイオリン担当[8][9]

来歴[編集]

中村は高校入学後間もなくして、同級生(高校のお笑いの同好会では副部長だった)と女性2人組お笑いコンビ『春人』(スプリンガー)を結成。2003年11月に春人は解散、その後中村はピン芸人として活動を続ける[10]

2006年2月にあんいーぶんを結成、当時中村は大学生、伊勢は高校生だった。当時二人とも同じアルバイト先で、そこで伊勢に誘われての結成だった[3]。伊勢は当時あまりお笑いのことについては知らなかったが「涼子さんが大好き」ということだけで相方にしてもらったという[11]。 同年10月にワタナベコメディスクールに5期生として入学(翌2007年9月に卒業)。最初は『凸凹』と書いて『あんいーぶん』と読むコンビ名だった[12]

音楽のライブでは『ポニーテールズ』としても活動した他、Mサイズとの歌でのユニット『ツインテールズ』、 めっちぇん、Mサイズとの3組でのお笑いユニット『凸凹オトメサイズ』[13]2007年からは、こんせいそん、Shohei Noguchi、嵐山智博との4組5人のユニット『Pocket Punk!』としても活動していた[14]

2009年3月末に解散を発表。2009年3月31日あさがやドラムで行われた『マサシンライブVol.92〜春休みスペシャル〜』が、あんいーぶんとしての最後の出演、2009年4月29日にStudio twl(東京都中野区)で行われた『お笑いプレーオフ2009〜東京ラウンド〜』にて、ユニット『Pocket Punk!』として出演。2人揃っての出演はこれが最後となった[15]。解散後しばらくは、中村がピン芸人として活動。2009年8月頃に、中村はワタナベコメディスクール同期生だった岩間よいことコンビ『パルフェ』を結成、2009年9月1日のライブ『ガールズガーデンフェスティバル2009』(東京都中野区・Studio twl)からパルフェとして活動を開始[16]。中村は2011年1月26日のパルフェ解散[17]後は現在に至るまでピン芸人として活動。

芸風[編集]

コント漫才ともに演じていた。「あーん、いーぶんです! ぶんぶん!」というあいさつがあった。伊勢は以前はゴスロリ風の衣装で出演することが多かった[2]

女の子同士の会話調の振りから、様々な展開に広がっていくというネタなどがあった。中村がノリツッコミや、体当たり的なツッコミを見せることがあった。また、お互いの胸の大きさの話をネタ中に入れることもあった。

キングオブコント2008では、t.A.T.u.の曲を使い、t.A.T.u.のキャラに扮してのネタを披露し[18]、2回戦まで進出。

出演[編集]

  • ミッポラジオ
    コメディアンのShohei Noguchiと共演。Shohei Noguchiは中村の『春人』時代の相方の兄であり、そのつながりで親交がある。ちなみにではあるが、伊勢がピンで出演する際の芸名『ひさの100%』はShohei Noguchiが考案した芸名である。
  • 委稲風砂のパジャマんナイト(Caspeee(ポッドキャスト)、第12回=2007年8月19日)
  • モバタレGREAT日本テレビ) - 『タレタマ』メンバー
  • ジャイケルマクソン毎日放送)- 『芸人国勢調査ぜーんぶイッキに見せますSP』

掲載誌[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 伊勢久乃Facebook「伊勢久乃さんの自己紹介」(2016年11月6日閲覧)
  2. ^ a b 麻布台出版社『お笑いポポロ』2007年2月号でのインタビュー(116ページ)より。
  3. ^ a b c 【ビッくらぼんの365日・芸人日記(241)】少女漫画の主人公になりきったひとりコントを見せる女性ピン芸人、中村涼子(1/2)”. サンケイスポーツ (2017年1月6日). 2017年1月7日閲覧。
  4. ^ 野毛にバービーカフェ「Pink Holiday」 県内2店舗目のオフィシャル認定店”. ヨコハマ経済新聞 (2015年4月2日). 2015年9月29日閲覧。
  5. ^ 【記者のイチ押し】横浜のバービーカフェ「Pink Holiday」”. 産経新聞 (2015年3月22日). 2015年9月29日閲覧。
  6. ^ なお同店は『news every.』『シューイチ』『ヒルナンデス!』(いずれも日本テレビ)にて取材を受け、伊勢自身も出演している。 news every. 2015年4月20日”. gooテレビ (2015年4月20日). 2015年9月29日閲覧。TVでた蔵「2015年9月27日放送 7:30 - 9:55 日本テレビ シューイチ」”. ワイヤーアクション (2015年9月27日). 2015年9月29日閲覧。ヒルナンデス! 2016年6月15日放送回”. gooテレビ (2016年6月15日). 2016年10月17日閲覧。
  7. ^ 伊勢久乃facebook 2016年8月4日(2016年10月17日閲覧)
  8. ^ 伊勢久乃twitter 2016年5月19日(2016年10月17日閲覧)
  9. ^ ザ・フレッシュメン”. 高嶋音楽事務所. 2016年10月17日閲覧。
  10. ^ 春人(スプリンガー)”. 魔法のiらんど. 2014年12月26日閲覧。
  11. ^ [1]より。
  12. ^ 芸人名鑑「あんいーぶん」
  13. ^ なっぽ☆凸凹オトメサイズ。”. メガネ書けたり書けなかったり(赤羽奈々瀬(元めっちぇん)ブログ) (2007年11月9日). 2014年12月26日閲覧。
  14. ^ お笑いユニット「Pocket Punk!」公式ホームページ
  15. ^ 凸凹のホームページ「4月29日(水)『お笑いプレーオフ2009~東京ラウンド~』」”. 魔法のiらんど. 2014年12月26日閲覧。
  16. ^ 新コンビ『パルフェ』。”. 中村涼子のTHE挑戦。 (2009年8月31日). 2014年12月26日閲覧。
  17. ^ 最終回トークライブ鯖折”. おーたに日記 (2011年1月26日). 2014年12月26日閲覧。
  18. ^ 【キングオブコント2008】8/15@東京予選2回戦 ラフォーレミュージアム六本木(東京)突撃レポート!”. キングオブコント 2008 オフィシャルサイト (2008年8月15日). 2015年9月30日閲覧。
[ヘルプ]