いわいのふ健

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
いわいのふ けん
いわいのふ 健
別名義 久保裕也
生年月日 (1977-12-06) 1977年12月6日(39歳)
出生地 日本の旗 日本広島県
身長 181cm
血液型 AB型
職業 俳優ナレーター
ジャンル 舞台ナレーション
所属劇団 温泉ドラゴン
事務所 ヘリンボーン
公式サイト 公式プロフィール

いわいのふ 健(いわいのふ けん、1977年12月6日 - )は、日本俳優ナレーターヘリンボーン所属。広島県東広島市出身。身長181cm、体重76kg。

来歴[編集]

広島県立黒瀬高等学校卒業後、芸能界を目指して上京。日本工学院専門学校舞台俳優科(現クリエイターズカレッジ声優・俳優科)に入学。 演技の経験もなく、喜怒哀楽を表現することに馴染めず、入学後に目覚めたヒップホップダンスに明け暮れることになる。 卒業公演に出演した際、観客から今まで受けたことのない拍手を経験し、俳優に目覚める。 卒業公演がきっかけで「劇団NLT」の養成所に入所。また、日本工学院専門学校卒業と同時に「企画集団DOA」を結成。その後、弟子を探していた北大路欣也のもとに弟子入りし、本格的に俳優として活動を始める。3年後に独立、「企画集団DOA」として、2010年9月には紀伊國屋ホールにて『蓮-無一物即無尽蔵-』を上演、成功をおさめた。 様々な劇団の舞台に客演もしており、岡部企画プロデュース公演や「演劇企画集団THE・ガジラ」等の公演にも出演している。 2012年、温泉ドラゴンの第四回公演『birth』に参加。2014年の韓国ソウル公演より、正式に加入することになる。 また、俳優としての活動以外に、低音を活かしナレーターとしても活躍中。日本工学院専門学校では非常勤講師として、ヒップホップの授業を担当している。

出演[編集]

映画[編集]

  • CHARON (2005年1月29日、高橋玄監督) - 殺し屋役[1][2][3][4]
  • MASKMANZ’〜大切な仲間達へ〜(2011年、武重聖一監督)
  • んで、全部、海さ流した。(2013年11月2日、庄司輝秋監督) - 益子役[5][6][7][8]
  • ゼウスの法廷(2014年3月8日、高橋玄監督)[9][10]

テレビ[編集]

テレビドラマ[編集]

バラエティ[編集]

アニメ[編集]

舞台[編集]

  • 『佐渡島他吉の生涯』(梅田コマ劇場
  • 『旗本退屈男』(博多座
  • 赤ひげ』(御園座
  • 国盗り物語』(明治座
  • 『本退屈男-まぼろし草』(明治座)
  • 『猫じゃ猫じゃとおっしゃいまする』(2002年、蒲田演劇工場) - プロレタリア役
  • 『津国女夫池』(2003年、ながと近松実験劇場) - 造酒の進役
  • 『用明天王職人鑑』(2003年、巣林舎) - 山彦王子役
  • 『踊るやくざシリーズ第2弾』(2003年5月、ファイナル・バロック公演)
  • 『踊るやくざシリーズ第3弾』(2003年12月12日-12月14日、ファイナル・バロック公演)
  • 『ベンケイパンチ』(2004年12月、第一回茶風林プロデュース公演) - TOSANOBU役
  • 『思い出を売る男』(2005年、蒲田演劇工場プロデュース公演) - 広告屋役
  • 『僕の東京日記』(2006年、蒲田演劇工場プロデュース公演) - 井出哲朗役
  • 『新・雨月物語』(2008年1月25日-2月3日)[11]
  • 『泥と蓮』(2010年9月3日-9月5日、企画集団DOA公演)[12]
  • どん底』(2011年5月20日-5月29日、演劇企画集団THE・ガジラ公演)[13]
  • 『黒椿〜Japanesque Vampire〜』(2011年7月16日-7月24日、タンバリンプロデューサーズ公演)[14]
  • 『喜劇戯曲翻訳承り』(2011年10月6日-10月9日、平石耕一事務所公演)[15]
  • 『舞台 鬼切丸』(2013年8月3日-8月11日、タンバリンプロデューサーズ公演)[16]
  • 『コヒモトメム』(2014年2月12日-2月16日、演劇ユニット金の蜥蜴公演)[17]
  • 『マクベス上演-夢のつづき-』(2015年3月26日-3月31日、キィーワード公演)[18]
  • 『夜を急ぐ者よ』(2015年5月12日-5月17日、PLAN P×グループ虎プロデュース公演)[19]
  • 『愚かもの梶鉄』(2015年6月2日-6月7日、グループK番外公演 直也の会合同企画)[20]
  • 『代代孫孫2016』(2016年6月15日-6月21日、流山児★事務所公演)[21]
  • 『天泣に散りゆく』(2016年9月7日-9月11日、文化芸術教育支援センター)[22]
  • 『記憶のパズル』(2017年2月8日-2月12日、森組芝居) [23]
岡部企画プロデュース公演
  • 『蜂ノ巣城』(2004年5月12日-5月16日、紀伊國屋ホール[24]
  • 『江藤新平』(2004年10月14日-10月18日、紀伊國屋ホール)[25]
  • 『花祭』(2005年4月20日-4月24日、紀伊國屋ホール)[26]
  • 『帰去来』(2005年10月5日-10月9日、紀伊國屋サザンシアター[27]
  • 『戊辰戦争』(2006年11月7日-11月11日、紀伊國屋ホール)
  • 『さすらい』(2007年6月8日-6月12日、紀伊國屋ホール)
  • 『長崎の鐘』(2008年7月8日-7月9日、長崎ブリックホール大ホール)
  • 『帰去来』(2009年6月3日-6月7日、紀伊國屋ホール)
  • 『長崎の鐘』(2009年7月6日、多摩市民館大ホール)
  • 『長崎の鐘』(2010年6月3日-6月7日、紀伊國屋ホール)
  • 『帰去来』(2010年10月19日、松浦市文化会館ゆめホール

温泉ドラゴン公演[編集]

  • 『birth/escape』 - 二本立て興行(2012年8月15日-8月26日、Space早稲田)
  • 『桜』(2013年2月5日-2月10日、SPACE雑遊)
  • 『birth』(2013年9月11日-9月16日、上野ストアハウス)
  • 『birth』 - 温泉ドラゴン韓国公演(2014年9月17日-9月21日、韓国ソウル大学路・演友小劇場)
  • 『birth final』 - 温泉ドラゴン帰国報告公演(2014年10月6日-10月7日、上野ストアハウス)
  • 『桜』(2014年11月19日-11月24日、上野ストアハウス)
  • 『birth』 - 韓国3都市ツアー(2015年8月4日-8月5日、密陽国際演劇祭・8月6日、浦項国際演劇祭野外劇場・8月7日-8月8日、釜山HANGYEOL ARTHALL)
  • 『烈々と燃え散りしあの花かんざしよ』(2015年10月14日-10月18日、上野ストアハウス)
  • 『或る王女の物語〜徳恵翁主〜』(2016年11月2日-11月6日、SPACE雑遊)
  • 『百年の幸福(仮)』(2017年8月24日-9月3日、SPACE雑遊)作:原田ゆう・演出:シライケイタ

ナレーション[編集]

CM[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ CHARON カロン【クレジット】”. allcinema. 2017年3月8日閲覧。
  2. ^ CHARON カロン キャスト”. 映画.com. 2017年3月8日閲覧。
  3. ^ CHARON キャスト”. MovieWalker. 2017年3月8日閲覧。
  4. ^ CHARON カロン キャスト”. KINENOTE. 2017年3月8日閲覧。
  5. ^ んで、全部、海さ流した。【クレジット】”. allcinema. 2017年3月8日閲覧。
  6. ^ んで、全部、海さ流した。 キャスト”. 映画.com. 2017年3月8日閲覧。
  7. ^ んで、全部、海さ流した。 キャスト”. MovieWalker. 2017年3月8日閲覧。
  8. ^ んで、全部、海さ流した。 キャスト”. KINENOTE. 2017年3月8日閲覧。
  9. ^ ゼウスの法廷 キャスト”. MovieWalker. 2017年3月8日閲覧。
  10. ^ ゼウスの法廷 キャスト”. KINENOTE. 2017年3月8日閲覧。
  11. ^ 新・雨月物語(川口松太郎原作『雨月物語』より)出演”. THE・ガジラ. 2017年3月8日閲覧。
  12. ^ 泥と蓮 無一物即無尽蔵”. CoRich舞台芸術!. 2017年3月8日閲覧。
  13. ^ どん底 出演”. THE・ガジラ. 2017年3月8日閲覧。
  14. ^ タンバリンプロデューサーズ第10回公演 元禄音楽劇 黒椿 ~Japanesque Vampire~”. CoRich舞台芸術!. 2017年3月8日閲覧。
  15. ^ 平石耕一事務所第20回特別記念公演「喜劇戯曲翻訳承り」”. CoRich舞台芸術!. 2017年3月8日閲覧。
  16. ^ 第12回公演 舞台 鬼切丸”. CoRich舞台芸術!. 2017年3月8日閲覧。
  17. ^ 第九回公演コヒモトメム”. CoRich舞台芸術!. 2017年3月8日閲覧。
  18. ^ マクベス上演-夢のつづき”. CoRich舞台芸術!. 2017年3月8日閲覧。
  19. ^ PLAN P×グループ虎プロデュース公演 夜を急ぐ者よ”. CoRich舞台芸術!. 2017年3月8日閲覧。
  20. ^ グループK番外公演 直也の会合同企画 愚かもの梶鉄”. CoRich舞台芸術!. 2017年3月8日閲覧。
  21. ^ 代代孫孫2016”. CoRich舞台芸術!. 2017年3月8日閲覧。
  22. ^ 世田谷観音奉納舞台 天泣に散りゆく”. CoRich舞台芸術!. 2017年3月8日閲覧。
  23. ^ 森組芝居「記憶のパズル」忘れたい、思い出せない 刻の贈り物”. CoRich舞台芸術!. 2017年3月8日閲覧。
  24. ^ 「蜂の巣城」Cast”. 岡部企画 - 岡部耕大Official. 2017年3月8日閲覧。
  25. ^ 「江藤新平」Cast”. 岡部企画 - 岡部耕大Official. 2017年3月8日閲覧。
  26. ^ 「花祭」Cast”. 岡部企画 - 岡部耕大Official. 2017年3月8日閲覧。
  27. ^ 「帰去来」Cast”. 岡部企画 - 岡部耕大Official. 2017年3月8日閲覧。