こだま愛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
こだま あい
こだま愛
本名 石橋 美紀(いしばし みき)
生年月日 (1961-07-03) 1961年7月3日(55歳)
出生地 日本の旗 日本大阪府
血液型 A
職業 女優声優
ジャンル 舞台
活動期間 1980年 - 現在
活動内容 1980年宝塚歌劇団入団、月組配属
1985年:月組トップ娘役就任
1990年:宝塚歌劇団退団、以降舞台中心に活躍。
公式サイト こだま愛オフィシャルサイト
主な作品
舞台
ミー・アンド・マイガール』(2008年)

こだま 愛 (‐あい、1961年7月3日 - )は、元宝塚歌劇団月組トップ娘役で女優声優。本名:石橋 美紀(いしばし みき)。

大阪府出身。愛称はミミ(さん)。出身校は帝塚山学院。公称身長158センチ。血液型A型。趣味は読書と利き酒。

来歴・人物[編集]

母親がバレエ教室を開業していたため幼少のころからバレエを習う。

1980年66期生として宝塚歌劇団に入団。星組公演『恋の冒険者たち/フェスタ・フェスタ』で初舞台。同期生に女優の安寿ミラ毬谷友子などがいる。月組に配属され、早くから注目される。

1983年、『ムーンライト・ロマンス』の新人公演で初ヒロイン、『恋と十手と千両箱』でバウホール公演の初ヒロインを務めた。

1985年大地真央黒木瞳トップコンビ退団後、月組新トップ剣幸の相手役としてトップ娘役に就任し、『ときめきの花の伝説/ザ・スイング』で剣と共にお披露目。

南の哀愁』『新・源氏物語』『心中・恋の大和路』といった再演物にも取り組み、『ミー・アンド・マイガール』初演や映画『哀愁』の初の舞台化を成功に導いた。

1990年に『川霧の橋ル・ポアゾン 愛の媚薬』の東京公演千秋楽を最後に、剣と共に宝塚歌劇団を退団。

こだま工房に所属、女優として舞台に出演の他、LIVE・朗読コンサートなどの活動も行う。

宝塚時代の主な舞台[編集]

月組時代[編集]

  • 1981年1月、『ジャンピング!』/『新源氏物語』新人公演:若紫(本役:綾乃にしき)
  • 1981年2月、『ディーン』(バウ・東京特別)ナタリー・ウッド
  • 1981年6月、『白鳥の道を超えて』新人公演:ミランダ(本役:優ひかり)/『ザ・ビッグ・アップル』
  • 1982年2月、『あしびきの山の雫に』新人公演:山辺妃(本役:仁科有理)/『ジョリー・シャポー』
  • 1982年3月、『永遠物語』(バウ)松五郎の子供時代
  • 1982年8月、『シブーレット』(バウ)フランソワーズ
  • 1982年10月、『愛限りなく』/『情熱のバルセロナ』新人公演:モニカ(本役:仁科有理)
  • 1982年11月、『I LOVE MUSIC Ⅱ』(バウ)
  • 1983年1月、『まい・みらくる』(バウ)
  • 1983年3月、『春の踊り』/『ムーンライト・ロマンス』スザンヌ(梢真奈美とのWキャスト)、新人公演:イブ・モルナー(本役:黒木瞳*新人公演初ヒロイン
  • 1983年6月、『恋と十手と千両箱』(バウ)留伊 *バウホール公演初ヒロイン
  • 1983年11月、『翔んでアラビアン・ナイト』新人公演:ジャウワーラ(本役:黒木瞳)/『ハート・ジャック』
  • 1984年1月、『I am What I am』(バウ・東京特別・名古屋特別)
  • 1984年5月、『沈丁花の細道』新人公演:お京(本役:条はるき)/『ザ・レビューII
  • 1984年11月、『ガイズ&ドールズ』新人公演:アデレイド(本役:条はるき)
  • 1985年1月、『ハッピー・エンジェル』(バウ)ミーミ
  • 1985年5月、『二都物語』バネッサ、新人公演:ルーシー・マネット(本役:黒木瞳)/『ヒート・ウェーブ*新人公演ヒロイン
  • 1985年9月、『スウィート・リトル・ロックンロール』(バウ)シンディ

月組トップ娘役時代[編集]

宝塚退団後の主な活動[編集]

舞台等[編集]

テレビドラマ[編集]

その他の番組[編集]

ラジオドラマ[編集]

  • 青春アドベンチャー紅はこべ」(マルグリート・ブレイクニー)
  • 青春アドベンチャー「スーパー忍者物語 霧隠れ雲隠れ」(ナレーション/淀君)
  • 青春アドベンチャー「ヴァーチャル・ガール」(マギー)

テレビアニメ[編集]