こりゃめでてーな

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
こりゃめでてーな
メンバー 大江健次
伊藤広大
結成年 2003年
事務所 吉本興業東京本社(東京吉本)
活動時期 2003年 -
出身 NSC8期生
出会い NSC
旧コンビ名 パイレーツ
現在の活動状況 テレビ・ライブ など
芸種 コント他
現在の代表番組 爆笑レッドカーペット(不定期)
過去の代表番組 エンタの神様
公式サイト 伊藤のブログ日記
大江のブログ日記
受賞歴
2014年 mixi主催 N-1グランプリ2014優勝(伊藤広大)
テンプレートを表示

こりゃめでてーなは、日本お笑いコンビ。所属事務所吉本興業東京本社(東京吉本)。NSC東京8期生[1]

コンビ名の名付け親は極楽とんぼ山本圭壱。まず『めでてーな』と名付けられたが、メンバーの2人が敬愛するという先輩の極楽とんぼココリコと同じ『こ』で始まるコンビ名にしたかったために『こりゃ』を上に付け加えた[2]

NSC時代は別々のグループ(大江はコンビ、伊藤はトリオ)で活動していたが、卒業間近になってお互いのグループが解散、その後大江が伊藤を誘う形で2003年に現在のコンビが結成された。

メンバー[編集]

  • 大江健次(おおえ けんじ、1979年4月3日[1] - )ボケ担当
    • 埼玉県蕨市出身。身長178cm、体重100kg。血液型B型[1]。左利き。視力は左右共に0.01以下だったが、2008年8月レーシック手術で両目1.5に回復した。
    • 埼玉県立大宮東高等学校時代は野球部所属。
    • 兄が元ツインカム・島根と高校時代の同級生だった縁で、極楽とんぼ・山本の野球チーム「TEAM神様」には芸人になる前から所属している。
    • 阪神タイガースファン→2008年11月9日より埼玉西武ライオンズファン(本人のブログより)
    • 小・中学時代のあだ名は「おおにゃ」。高校時代のあだ名は「ミッチェル」(当時ダイエーホークスに所属していたケビン・ミッチェルに似ていたから)。
    • 中学時代は野球と柔道を両立し野球は「蕨シニアリーグ」に所属、中学の部活動は柔道部で初段の経歴を持つ。
    • 「銀座の恋の物語」の作曲家・鏑木創を叔父に持つ。
    • 父親は板前をしている。
    • コントや漫才のネタ作りは大江が担当。
    • とんねるずのみなさんのおかげでした』の「第14回博士と助手〜細かすぎて伝わらないモノマネ選手権〜」では、覆面を被り巨漢レスラーに対してブレーンバスターを掛けることにこだわりまくるインディーズ団体のしょっぱいレスラーとして出演。
    • コンビの活動とは別に『mckj』としてオリジナルの自虐ラップを披露している。
    • mckjは元々コントのキャラクターだったが2006年自身の単独ライブで初披露をキッカケに音楽活動を始める。
    • 作詞・作曲・PV映像制作等全てをセルフプロデュースしている。
    • サングラスに広島東洋カープのキャップを被ったスタイルが衣装の定番。
    • 2012年1月26日待望のデビューアルバム『NK流儀』をネット流通で発売。
    • ネット流通のみの発売後わずか数週間で1500枚以上をセールスし2012年2月15日CD取扱い店全国発売が決定。
    • 『豊満乃風』のメンバーであり、SHOCK-ZAIとして活動している。名前の由来は湘南乃風SHOCK EYEへのリスペクトである。
    • 2012年1月26日『豊満乃風』としてデビューアルバム『豊満伝説』を発売。
  • 伊藤広大(いとう こうだい、1981年3月19日[1] - )ツッコミ担当
    • 岐阜県恵那市出身。身長183cm、体重68kg。血液型B型[1]
    • 岐阜県立恵那高等学校卒。
    • 東京工科大学中退。
    • 田原俊彦に憧れている。
    • 特技はドラム。上京後もしばらくはバンドの活動をしていた。バンド解散後、友人の助言でお笑いの道に進む。
    • 持ちネタはグラップラー刃牙の名場面の物真似。ファンのツボを押えたマニアックな物真似はやりすぎコージーで絶賛された。バージョンアップ版としてDA PUMPの曲を歌いながら刃牙の物真似を行うバージョンもある。
    • 松山ケンイチに似ている。自身のブログでも度々コスプレ写真を載せたことがある。
    • ものまねグランプリ〜究極のネタ祭り100連発!〜では、顔が似ている松山ケンイチのものまねで出演。
    • コンビの活動とは別にバンドでドラム、ギター、DJを披露している。
    • 2011年頃より同期のセブンbyセブン玉城と共にユニットを結成し、楽屋での芸人のネタを中心にモノマネを披露している。伊藤演じるもう中学生はそっくりである。
    • アニメ版である逆境無頼カイジの主人公、カイジのモノマネが得意で、劇団アニメ座に所属。作者である福本伸行からも公認されている[3]

芸風[編集]

エンタの神様」においては、「プラマイエンターテインメント」と称して、七・七・七・六の都々逸調などのリズムに乗って踊りながら「ヤバババイ、ヤバババイ」に始まり、「ヤバくなーい?スゲくなーい?」などの後に場面転換、「プラマイゼロ!むしろマーイ!」(マイナス)と言ってリズムが止まり、「はい、○○○」を3回繰り返し、最後に「はい、ダメー!」で落とし、ネタの最後に「ワンツーバイバイヤバババイヤイヤイバイバーイ」で締めるのが主なパターンとなっている。

リズム芸は「エンタの神様」のプロデューサーである五味一男がテレビ用にプロデュースしたネタである。また、2008年1月19日放送のエンタの神様から「はい、ダメー!」のときに、両手を交差させ、バツマークを作るポーズをしている。

普段の舞台ではこのようなリズム芸は全くせず、普通のコントや漫才を行い「爆笑レッドシアター」では内村光良らに貫禄があると評される。

出演[編集]

テレビ[編集]

映画[編集]

アルバムCD[編集]

  • NK流儀(2012年1月26日)※大江のみ mckj名義
  • 豊満伝説(2012年2月15日)※大江のみ 豊満乃風名義
  • 渋谷 RAGGA SWEET COLLECTION 3(2013年9月18日)※大江のみ 豊満乃風名義 恋しくてfeat.SPICY CHOCOLATE
  • 豊満伝説第2章(2013年10月23日)※大江のみ 豊満乃風名義
  • ULTRAS2014(2014年5月12日)※大江のみ 豊満乃風名義 勝利の歌-AIDA-
  • I❤FC MORE THAN EVERFLOWER COMPANYZ TRIBUTE~(2014年10月22日)※大江のみ 豊満乃風名義 真冬の盆踊り

インターネット番組[編集]

ニコニコ生放送[編集]

レギュラー
  • ベジータとカイジがゲーム実況シリーズ
    • ベジータとカイジがドラクエ3実況(2016年7月21日 - 2016年8月24日)※伊藤のみ
    • ベジータとカイジがレトロゲーム実況(2016年9月7日 - )※伊藤のみ
単発・スペシャル
  • 劇団アニメ座ニコニコ生放送!(2013年3月18日、2013年7月18日)※伊藤のみ
  • ニコニコ超会議
    • 【ニコニコ超会議2】「KYORAKU吉本超8888888ブース」(2013年4月27日、4月28日)※伊藤のみ
    • 【ニコニコ超会議2016】超缶つまブース(2016年4月29日)
  • R100』公開記念!「ご当地女王様決定戦」(2013年9月15日、2013年9月20日、2013年9月28日)※伊藤のみ
  • N-1グランプリ2014 -presented by mixi-(準決勝:2014年5月18日、決勝:2014年5月25日)優勝 ※伊藤のみ
  • パチスロ必殺仕事人 導入直前ニコ生(2014年7月22日)※伊藤のみ
  • CRぱちんこAKB48「バラの儀式」公開記念ニコ生(2014年11月14日)※伊藤のみ
  • ニコニコ国会議&AAA直前緊急特番(2014年12月2日)※伊藤のみ
  • ニコニコ町会議
    • 町中継スタジオ in 大阪(2015年11月8日)※伊藤のみ
  • コーエーテクモゲームス進撃の巨人』完成発表会(2016年2月11日)※大江のみ
  • ドラゴンクエストシリーズ ゲーム実況放送

その他のネット番組[編集]

舞台[編集]

  • AGE AGE LIVE ヨシモト∞ホール
  • 神保町花月「THE MOMO-TARO」、「戦場に響く歌声~Battle of comedy~」、「プリンス・オブ・サンタクロース」、「ミセス・ダディー(8期生公演のみ)」、「ツチノコ村〜深き欲望の果て〜」、「ロック54's」
  • 天津向プロデュース「アニ×ワラ
  • N-1グランプリ2014 -presented by mixi-(準決勝:2014年5月18日、決勝:2014年5月25日)優勝 ※伊藤のみ

「劇団アニメ座」[編集]

  • 劇団アニメ座 旗揚げ公演(2010年11月15日)※伊藤のみ
  • 劇団アニメ座 2回目公演(2011年4月2日)※伊藤のみ
  • 劇団アニメ座 大阪公演 ~あの旗揚げ公演を大阪で行きまーす~(2011年7月2日)※伊藤のみ
  • 劇団アニメ座 東名京ツアー ~めぐりたい、そりゃ~(京都、2012年5月13日・名古屋、2012年5月19日・東京、2012年6月3日)※伊藤のみ
  • 劇団アニメ座番外編~思えばトークへ来たもんだ~(2013年4月2日)※伊藤のみ
  • 劇団アニメ座本公演~Z・刻を越えて~(2013年5月25日)※伊藤のみ
  • 劇団アニメ座番外編 ~よりぬきアニメ座さん~(2013年6月22日)※伊藤のみ
  • 劇団アニメ座ツアー2013 ~アニメじゃない、ほんとのことさ~(小倉、2013年7月20日・大阪、2013年8月17日・名古屋、2013年8月25日・東京、2013年9月22日)※伊藤のみ
  • アニメ座寄席(2013年12月22日 - 2014年3月29日、2014年5月25日 - 2014年9月5日[注 1])※伊藤のみ
  • 劇団アニメ座オーディション2014(2014年3月15日)※伊藤のみ
  • 劇団アニメ座本公演~旗揚げのやつを再び~(2014年3月26日)※伊藤のみ
  • 劇団アニメ座本公演〜アニメが好きだと叫びたい〜(ルミネtheよしもと、2014年6月1日)※伊藤のみ
  • アニメ座VSシリーズ(13式催事空間、2014年6月7日、2014年8月8日)※伊藤のみ
  • アニメ座VSシリーズ劇場版〜アニメ座vsDB芸人〜(ヨシモト∞ホール、2015年1月10日)※伊藤のみ
  • 劇団アニメ座シンガポール公演 in AFA[4](サンテック・シンガポール国際会議展示場、2015年11月27日、28日、29日)※伊藤のみ
  • 第三回劇団アニメ座オーディション(ヨシモト∞ホール、2015年12月6日)※伊藤のみ
  • 第3次 アニメ座vsDB芸人(新宿ロフトプラスワン、2016年2月26日)※伊藤のみ
  • 劇団アニメ座本公演 ~アニメの星へ愛を込めて~(ルミネtheよしもと、2016年3月4日)※伊藤のみ
  • 劇団アニメ座~アニメ座岡山に立つ!~(おかやま未来ホール、2016年5月5日)※伊藤のみ

単独ライブ[編集]

  • 発気揚々のコッタちゃん 2005年8月8日 新宿シアターモリエール
  • 威風堂々のエルガちゃん 2006年2月6日新宿シアターモリエール
  • 和気藹々のキマラちゃん 2006年7月21日新宿シアターモリエール
  • RE:START★ 2007年3月1日 劇場バイタス(無料ライブ)
  • 第四回こりゃめでてーな単独ライブ 東京ストロングスタイル〜ボボ・ブラジル〜 2008年1月22日 笹塚ファクトリー
  • 第五回こりゃめでてーな単独ライブ 東京ストロングスタイル〜ブルーノ・サンマルチノ〜 2008年7月14日 笹塚ファクトリー
  • 第六回こりゃめでてーな単独ライブ 御無沙汰〜1337日ぶりの単独ライブ〜 2012年3月12日 新宿シアターブラッツ
  • 第七回こりゃめでてーな単独ライブ 未来は僕等の手の中 2012年9月15日 ヤクルトホール
  • 第八回こりゃめでてーな単独ライブハッとしてGood!グッときて!ラクーン! 2014年7月20日 大宮ラクーンよしもと劇場
  • 第九回こりゃめでてーな単独ライブ 恵那の岩村で哀愁でいと〜伊藤広大スーパー凱旋LIVE〜 2014年9月28日 岐阜岩村コミュニティーセンター
  • 第十回こりゃめでてーな単独ライブ 初ルミネ単独で抱きしめてTONIGHT 2015年3月28日 ルミネtheよしもと

トークライブ[編集]

  • おはなしクマさん 2006年9月 渋谷シアターD
  • こりゃめでてーなトークライブ #1キャンディ・カフェ〜音と食とお喋りの店〜 2008年7月30日 ONE-KOENJI
  • こりゃめでてーなトークライブ #2〜まだまだ夏休みです〜 2008年9月1日 ONE-KOENJI
  • こりゃめでてーなトークライブ #3〜秋と言えば何よっ!?〜2008年10月8日 ONE-KOENJI
  • こりゃめでてーなトークライブ #4〜爆笑ぼうねんかい〜2008年11月26日 ONE-KOENJI
  • こりゃめでてーなトークライブ #5〜爆笑クリスマスイブイブイブイブ…イブ×12〜2008年12月13日 ONE-KOENJI
  • こりゃめでてーなトークライブ #6〜1月31日13時に予約して2月11日15時に集合〜2010年2月11日 ONE-KOENJI
  • こりゃめでてーなトークライブ #7〜結成7周年プラス出陣式〜2010年3月11日 ONE-KOENJI
  • こりゃめでてーなトークライブ #8〜室内でお花見をしてみよう〜2010年4月11日 ONE-KOENJI

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ アニメ座寄席は2013年12月から2014年5月までは毎月開催だった。2014年7月から隔月開催に変更された。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e こりゃめでてーな 芸人プロフィール”. 2013年10月30日閲覧。
  2. ^ 2008年1月14日付『サンケイスポーツ』芸能面『次は任せなさい お笑いニューヒーロー』より
  3. ^ 劇団アニメ座 圧倒的投稿”. 2013年10月30日閲覧。
  4. ^ エンターテイメント・ショーを3日間連続開催”. 2016年8月22日閲覧。