ちゃっきり娘

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索

ちゃっきり娘(ちゃっきりむすめ)は、日本の漫才トリオ。1964年に結成し新花月で初舞台。

メンバー[編集]

  • 松原春美(まつばら はるみ、本名・三国とみえ、大阪府住吉出身、1946年3月29日 - )三味線担当。民謡の黒田幸子(初代)門下。ツッコミ担当。立ち位置は中央。
  • 松原夏美(初代)(まつばら なつみ、本名・三国和子、大阪府住吉出身、1943年 - )ギター担当。春美の実姉。結婚を期に1967年に引退。立ち位置は向かって右。
  • 松原夏美(二代目)(まつばら なつみ、本名・坂上末美子、愛知県北設楽郡出身、1948年2月11日 - )ギター担当。初代の引退後に加入し6月に神戸の松竹座で初舞台。立ち位置は向かって右。
  • 松原秋美(まつばら あきみ、本名・吉田悠紀子、鳥取県米子市出身、1943年1月20日 - )アコーディオン担当。民謡の黒田幸子(初代)門下。立ち位置は向かって左。

概要[編集]

春美と初代夏美の父が電気屋で興行師であった。秋美の両親は安来節が好きであったために芸界入り。1963年に結成。「〽 ハァー、ちゃっきり、ちゃっきり、ちゃっきりな、ちゃっきり娘が、飛びー出ーしーたー。」というテーマソングで知られる。

役どころとしては春美が純日本風の美人で二枚目、秋美が三枚目、夏美がその取り持ち役といったところ。

角座の舞台を中心に人気・実力を備えた音曲トリオであり、特に秋美の民謡(ちゃっきり節)で鍛えた歌とパワフルな救急車の物まねが定番である。

1987年その秋美がクモ膜下出血で倒れ、一時は再起不能とまで報じられた。しかし春美・夏美の願いが通じたのか完全復帰し舞台を務めたが、現在は活動をしていないらしく、在籍しているはずの松竹芸能にもプロフィールがない。

この病に倒れてから復帰にいたるまでの経緯については、春美が『神さまが命、もどしてくれた―重度記憶喪失の秋美ちゃん、奇跡の再起』(主婦と生活社)を著し、またテレビドラマ化もされた。

レコード[編集]

賞歴[編集]

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 「現代上方演芸人名鑑」(少年社、1980年