ちゃらんぽらん

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
ちゃらんぽらん
メンバー 大西浩仁
冨好真
結成年 1979年
解散年 2008年
事務所 よしもとクリエイティブ・エージェンシー
活動時期 1980年 - 2008年
出身 お笑いスター誕生!!
出会い 高校時代
旧コンビ名 ザ・ちゃらんぽらん
現在の活動状況 解散
芸種 漫才
過去の代表番組 ちゃらんぽらんの元気もってこい!
クイズもってけ!パラダイス
同期 とんねるず
受賞歴
1985年 お笑いスター誕生!! 第5回オープントーナメントサバイバルシリーズ 優勝
1985年 ABC漫才落語新人コンクール最優秀新人賞
1985年 NHK上方漫才コンテスト最優秀賞
1985年 上方漫才大賞新人賞
1999年 上方漫才大賞奨励賞
1999年 上方お笑い大賞金賞
2000年 上方漫才大賞
テンプレートを表示

ちゃらんぽらんは、日本お笑いコンビ1979年結成。所属事務所吉本興業よしもとクリエイティブ・エージェンシー東京本社。 「お笑いスター誕生!!」で有名となりフリーで活動していたところを推挙されて吉本興業に入ったという、異色の経歴の漫才師である。当初のコンビ名は「ザ・ちゃらんぽらん」(同コンビ名は後に一時期ライセンスも名乗っていた)。2008年2月、大西の引退により、コンビ解散。

メンバー[編集]

大西 浩仁(おおにし こうじん、1961年1月17日 - )

  • ツッコミ担当。兵庫県尼崎市出身。京都精華大学美術(現・芸術)学部造形学科洋画コース卒業[1]
  • 冨好のボケに対し、何かにつけて上半身を大きく後ろに仰け反らせながら「ちゅ〜〜と(中途)半端やなぁ〜!!」と叫ぶツッコミを連発する。
  • 2008年2月14日、以前から続けている絵画の活動に専念するため、吉本興業との専属契約を解消し、芸能界を引退。翌日行われた記者会見では、吉本に対する感謝とともに怒りや不満も述べている[2]
  • 「私の絵を飾っている所は繁盛すると評判になっている」とイベント等で語っている。1996年の神戸二紀展、関西二紀展で入選。2000年の二紀展(全国大会)でも入選した[1]
  • 実家は阪急塚口駅の近くで銭湯「塚口温泉」を経営していたが、阪神・淡路大震災で被災し廃業した(発生日が誕生日でもある)。ここで漫才を披露していたこともあった。銭湯の廃業後はテナントビルになり、2006年にはビルの1階に自身の作品を展示する「太陽美術館」を開館した[1]
  • 阪急ブレーブス時代からのオリックスファンである。
ちゃらんぽらん冨好
本名 冨好真
生年月日 (1960-10-06) 1960年10月6日(56歳)
出身地 兵庫県尼崎市
身長 171cm
方言 関西弁
最終学歴 大阪経済大学
出身 お笑いスター誕生!!
コンビ名 ちゃらんぽらん(2008年解散)
相方 大西浩仁
芸風 漫談漫才(ボケ)
事務所 よしもとクリエイティブ・エージェンシー
活動時期 1980年 -
配偶者  既婚
公式サイト 公式ブログ

冨好 真(とみよし まこと、1960年10月6日 - )

  • ボケ担当。兵庫県尼崎市出身。大阪経済大学卒業。血液型AB型
  • 何でも中途半端でボケもイマイチだったために、大西が考えたのが上記の「ちゅ〜〜と(中途)半端やなぁ〜!!」というツッコミである。
  • 兄は競艇選手であり兵庫支部長も務めた冨好和幸。その関係で単独での競艇場イベント出演も多い。また長男・冨好祐真が2011年に競艇選手の試験に合格した。
  • 埼玉西武ライオンズのファン。スポーツ番組などの「パ・リーグ球団ファン座談会」などの企画には岡田圭右(オリックス代表)、森脇健児ホークス代表)と共に出演する。
  • 現在はピン芸人として活動。特定の人物や出来事について「知らんわ〜」とぼやきながら、本人や当事者しか知らないような非常に細かい豆知識を披露する、といった形式の漫談などを行なっている。

略歴[編集]

1979年の大学1年の時に兵庫県立尼崎北高等学校の同級生だった二人が「お笑いスター誕生!!」に出演の為コンビ結成。その後「お笑いスター誕生!!」で有名になる。翌年フジテレビの「素人漫才大賞」で優勝しプロになることを決意、フリーで余興・営業などで漫才をやるようになる。1986年より東京に活動拠点を移すも翌年帰阪。たまたま見に行った開場で盛り上がっているなんばグランド花月林正之助会長から推挙され1987年に吉本所属。

2008年、コンビ解散。冨好は現在「ちゃらんぽらん冨好」の名で漫談で舞台に上がっている。当初は他の相方とのコンビや自身の長男と組む案などもあったが結局ピンで活動している。現在でも「ちゅ〜〜と(中途)半端やなぁ〜!!」はツカミとして使っている。大西は完全に引退し連絡も取り合っていない。

「ちゅ〜〜と(中途)半端やなぁ〜!!」というギャグは、当時ちゃらんぽらんの台本を書いていた漫才作家の木村佳史が考案したもの。ある寄席の楽屋で、冨好が「僕はほんま中途半端ですわ。乗ってる車はカリーナやし、家は23坪、芸能人としては華ないし…」とぼやいていたのを聞いた木村がそれを漫才にとり入れ、NHKの上方演芸会で新作として卸し、その後、朝日放送の「ABCホリデーワイド」の生放送で大爆笑をとったのがきっかけで、ギャグが大ヒットした。木村はちゃらんぽらんが読売テレビ上方お笑い大賞「金賞」を受賞した時に、上方お笑い大賞「秋田實賞」を同時受賞している。

2008年に冨好は演歌歌手三善英史と「みよしとみよし」のコンビ名でM-1グランプリに挑戦を発表[3]。結果は2回戦敗退。

2009年はピン芸人として活動、「48歳中途半端な男前、冨好です」と言って登場する。 同年R-1ぐらんぷりに出場し、EXILEのネタで準決勝進出。同様のネタを爆笑レッドカーペットでも披露し、レッドカーペット賞を受賞。ネタでは「EXILE知らんわ〜」と言っているが、実際には大ファンであり、2006年に行われたEXILEのボーカルオーディションにも参加している(結果は落選)。 冨好本人は爆笑レッドカーペットに4回出演しているが、その内2時間スペシャルでの出演が3回のため、2時間スペシャルの男と自称している。

また月亭八方の言いそうなフレーズ「さりとて」「よしんば」などの織り交ぜたモノマネが得意。

ファミリーレストランのハラダをかわいがっている。また芸人仲間で「冨好鍋」という親睦会が行われている。

ギャグ[編集]

  • ちゅ〜〜と(中途)半端やなぁ〜!!
  • 知らんわ〜

受賞歴[編集]

出演[編集]

現在(冨好)[編集]

テレビ[編集]

  • 冨好&エリ・まき・早希ドキドキ初体験! ボートピア・ピュアデート(サンテレビ
  • 吉本陸上競技会(MBSテレビ)第1回から出場

ラジオ[編集]

  • MBSベースボールパーク番外編・日曜日(MBSラジオ) - 2015年度は冨好が同番組でよく発する口癖「伸びしろ」(nobishiro)が番組メールアドレスに採用された。

過去[編集]

テレビ[編集]

ラジオ[編集]

CM[編集]

  • 尼崎センタープール(1998年)
  • ミドリ電化(2000年 - 2002年)

脚注[編集]