つーから

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
つーから
左から、まいまい、福田ヒロ(2009年)
メンバー まいまい
福田ヒロ
結成年 2003年
解散年 2009年
事務所 プロダクションノータイトル
活動時期 2003年8月31日 - 2009年8月30日
出会い CS放送の番組での共演
現在の活動状況 解散
(まいまいはパフォーマー(パントマイマー、クラブ歌手)として活動、福田はピン芸人としてそれぞれ活動した後引退)
芸種 コント漫才
過去の代表番組 シブスタ S.B.S.T
芸能人専用タクシー し〜たく
Goro's Bar
痛快!エブリデイ
草野☆キッド
あらびき団
公式サイト つーから公式プロフィール
テンプレートを表示

つーからは、かつて活動していたグラビアアイドル出身の二人から成るお笑いコンビ。所属していた事務所はプロダクションノータイトル。コンビ名はTWO CARAT(ツーカラット)から来ていた。

来歴・芸風[編集]

2003年CS放送の番組で二人が出会い、「水着でお笑いをやってみよう」という番組の企画を経て同年8月31日に結成される。

アイドル時代はビキニ姿でセクシーポーズをとるなどの出方も多く、主な持ち芸には自分のバストを活用した双子をあやすネタなどを行い、まいまいは「ビタミン系アイドルです、ブイ!」、みなっち時代の福田ヒロは「エンジェルみなっちです!」といった決め台詞があり、ショートコントのブリッジに両手でハートマークを作って「キュキュキュンキュン!」というセリフを入れる、などというものがあった。

その後は、友達同士の会話、合コンをテーマにしたものなどのシチュエーションのコントを展開している。オチのような形で柔道のような投げ技の連続を披露してコントを終える、ということがある。後期には、ダメな男などを攻撃するという設定の『女ランボー』のコントや、ショートコント、身の周りの女子の話からネタを拾って演じる「こんな子~、いるいる」のコント、まいまいがアフロヘアーの髪型だった頃は、まいまいがパンダなどの動物に扮してほとんど喋らずリアクションのみで演じ、福田がそれに喋りを入れていくといったネタ、などを行っていた。ショートコントのブリッジには「それがつーからの面白いとこ」「つんつんくつん」「キュキュキュンキュン」などがあった。かつては『草野☆キッド』『あらびき団』などテレビ出演の時にビキニ姿で出演することもあった。

2008年1月5日に行われた対戦型お笑いライブ『TEPPEN.24 テッペン島』(なかの芸能小劇場)では、まいまいがクレイジードールズの小泉麻衣子と『まいまイキー』、福田ヒロが同じくクレイジードールズの小田原美香と『中坊ーず』のそれぞれのスペシャルコンビを組み、この2組で直接対決が行われた(結果はまいまイキーの勝ち)[1]

2008年5月から、諸事情により福田が活動を休止、その間まいまいが一人で活動していたが、同年9月から再び二人での活動を再開した。なお、まいまいが一人で活動していた時には『スナック麻衣夢(マイム)』(または『スナック麻衣夢のママ』)という芸名を使ったことがあり、「なんちゃってプー」が決めセリフのネタを行っていた。

また、スーパースター、NOモーション(タイガーこてつと侍PANGの矢野ともゆきとのコンビ)、あがいん、ムートンとの5組での『トドロコ』ライブを定期的に行っていた。トドロコは『ウクイウタ』の2009年7月26日千秋楽公演を以って活動休止となった。一方で『Goro's Bar』でフロアレディとして共演したのをきっかけに知り合った中央線withyouとのライブ『つーからwithyou』を行っていた。

2009年8月22日、公式ブログに於いて、2009年8月の活動限りで解散することが発表された。同年8月29日の『雷ライブ』(浅草東洋館)が関東地方では最後となり、翌8月30日静岡県内で行われたNOモーション、ムートンと共演のお笑いイベントを最後に活動を終了した[2]

メンバー[編集]

大入袋舞(2017年4月30日 科学技術館内・Tシャツラブサミット にて)
  • まいまい(本名:伊藤麻衣、 (1984-07-24) 1984年7月24日(32歳) - )
    群馬県出身。
    ボケ担当。一時アフロヘアー風の髪型がトレードマークだった時もあった[3]
    服飾の学校を出ている[4]
    2009年7月までは本名は『奥野麻衣』だったが、同月に父親に名字を合わせ、養子縁組という形で本名が変わった[5]
    麻衣という名前は、生まれた当時『不良少女とよばれて』(TBSテレビ)主演などで活躍していた女優の伊藤麻衣子(現・いとうまい子)から採って母親が名付けたという。
    解散後の2009年10月9日M-1グランプリにあがいんの直と組んだコンビ『よぶ代・くる男』で出場した[6]
    2009年12月11日には、『小町もみの故郷は遠くトーク 2』(東京・中野 Y's PaPa)に、群馬県出身者として橋爪ヨウコと共に出演[7]
    解散してからはしばらく芸人を含めた活動をしておらず、自分のことを「ただの女」と呼んでいたが[8]2010年3月からパントマイマー(パフォーマー)として活動を再開することをブログで明らかにした。動物に扮してあまり喋らないリアクション芸を演じていた時に、それを見に来ていたというパントマイムの師匠に解散後に誘われるような形で、活動休止中もその師匠のもとで練習を積んでいたという[9]。2010年3月14日の『マサシンライブ番外編・マサシンライブLAUGH EDIT[ver 2.0] #4』(東京都中野区・Studio twl)において、パントマイマー「パント亭マイム」として初出演[10]。パントマイマー、パフォーマーとしての主な芸には「女体リスト」(“女体作り”をパントマイムで披露)「NO MORE!」(“やってはいけない”ことをパフォーマンスで表現)、アクトロイドに扮した芸などがある。パントマイマーとしては「マイムマイ」の名前での活動もしていた。
    荒木巴との2人ライブ「胸キュンパーティー」(第1回 - 2010年4月8日)を行っていた[11]
    かつては「MCまいまい」として、イベントのMCの仕事もしていた。クラブDJもしたことがある[12]
    2011年からは、クラブ歌手のキャラクター(「越谷が生んだ歌姫」「のどごし最高の大人女子エンターテイナー歌手」がキャッチコピー)の「大入袋舞」(おおいりぶくろ まい)としての出演もしている[13]。大入袋舞としての初出演は2011年2月12日のライブ『パラダイス宇田河』(東京・渋谷ミルキーウェイ)[14]。持ち歌には『酒焼けの女』『ダメ女のハッピーロード』などがある[15]。なお2011年末頃より、パント亭マイム(マイムマイ)としての活動を休止して大入袋舞としての活動に一本化している[12]2015年2月より大入袋舞として「株式会社おんがく工房」に所属[16]
  • 福田ヒロ(本名:福田博子、 (1983-07-09) 1983年7月9日(33歳) - )
    宮城県出身。石巻市生まれ、東松島市(旧・矢本町)育ち[17]
    ツッコミ担当。2007年3月3日に新宿の劇場バイタスで開催された自主ライブ『つーからwithyou』において、相方のまいまい、中央線withyouによって「大場みな(みなっち)」から改名した。
    「幸薄子」(さちうすこ)を自称することもある[18]。また、同様に「幸薄(さちうす)顔」を自称しているめっちぇんの赤羽奈々瀬と「幸薄~'s」(さちうすーず)というユニットを組んでライブ出演したこともある[19]
    白米が好物で、白米と掛けた「はく バイ」という言葉をブログの締めに使うことがあり、また、ネタの締めにもこの言葉を使ったことがある。
    本人によると、家族構成は「(両親とも再婚が多く)母3人、父3人、義理兄、義理姉入れて兄弟10人」という[20]
    2009年12月1日、『ぶっさん会トークライブ』(東京・新宿シアターpoo)で、解散後初めてとなるライブ出演。その後、同年12月22日の『ぶっさん会ライブ』(東京・中野 studio twl)にも出演。
    2010年に入ってからはピン芸人の活動も開始していた。ピンでのネタには「大人でしょ~」がテーマのものなどがあった。
    2011年6月25日に、芸能界引退を発表[21]2013年5月に出産し、母親となる[22]
    2015年から、女芸人仲間だったせきやともみが発足した芸人女子軟式野球チーム『ミラクルキッシーズ』に参加して活動している[23][24]

出演[編集]

テレビ[編集]

ラジオ[編集]

  • つーからのときめき☆ラジオスクール (エフエム浦和
    レギュラー番組で、2009年6月10日から毎週水曜日22:00〜23:00、基本的に浦和ワシントンホテルの1階にあるサテライトスタジオからの生放送。つーからの解散、活動停止により同年8月26日放送で終了。
    「スクール」がタイトルにあるように、学校のチャイムジングルに使われ、コーナーは「1時間目」「2時間目」、エンディングが「下校の時間」(「帰りの会」とも)と言われ方をされていた。主なコーナーには、『小悪魔ガールズ』(身の周りの女子の話を「こんな子~いるいる」のコントにして紹介)、『秘密の保健室』(リスナーからの相談事などの紹介。ゲストを交えて進行することもある)、『ヒロポエム』(福田が自作のを朗読。8月12日、8月26日の2回のみ放送)があり、その他メール、FAX、フリートークなどで構成。
    放送中、インターネットによる動画配信も行われていることもあり、主に制服姿で放送していた。なお、録音放送の場合は動画、音声の配信は行われなかった。
    最終回放送日はおひさまロケットをゲストに迎えた。
    浦和レッズの試合中継の関係で番組が休止となる場合があった。
    放送休止日 - 2009年7月15日、8月19日
    録音放送日 - 2009年7月29日(この日の深夜25:00〜26:00に移動して放送)、8月12日
    なお、後番組は『いちご姫のときめき☆ラジオスクール』。
  • おはよう!スプーンアール・エフ・ラジオ日本)- 2010年5月17日(水曜日)、まいまいのみ

Web TV[編集]

DVD[編集]

  • ギャグラ!~つーから編~

掲載[編集]

雑誌[編集]

  • KERA(2009年9月号) - まいまいのみ

脚注[編集]

  1. ^ TEPPEN.24 2008年1月5日(土) なかの芸能小劇場
  2. ^ オフィシャルブログ「つーからの『おもちゃ箱』」2009年8月30日更新分より
  3. ^ 昨日発売☆…まいまい”. 女芸人☆★つーからまいまいのブログ (2007年10月26日). 2016年11月29日閲覧。
  4. ^ 7月”. まいまいの『これからはダメな女と呼ばないでちょうだい』 (2008年7月1日). 2016年11月29日閲覧。
  5. ^ オフィシャルブログ「つーからの『おもちゃ箱』」2009年7月17日更新分にて本人が報告。なお、これによると父親は「3人目」だという。
  6. ^ あ~楽しかった。”. 呼べばクル男の出張記録 (2009年10月10日). 2016年11月29日閲覧。
  7. ^ 3ヶ月ぶり”. まいまいの『これからはダメな女と呼ばないでちょうだい』 (2009年12月11日). 2016年11月29日閲覧。
  8. ^ まいまいの『これからはダメな女と呼ばないでちょうだい』(2009年12月11日更新)などで、そのように言っている。
  9. ^ 3月1日より新しいブログになりました。”. まいまいの『これからはダメな女と呼ばないでちょうだい』 (2010年3月17日). 2017年5月7日閲覧。
  10. ^ Massaman Records「マサシンライブ 2010年の記録」
  11. ^ 4/8・・・荒木巴とまいまいの『胸キュンパーティー♪』Vol.1
  12. ^ a b ちょっとだけ大事なお知らせを~”. まいまいBLOG (2011年11月11日). 2017年5月7日閲覧。
  13. ^ 大入袋舞プロフィール(Ameba)(2017年5月7日閲覧)
  14. ^ ザ・キャプテンズさん~”. パントマイム芸人・まいまいのブログ~♪ (2011年2月5日). 2017年5月7日閲覧。
  15. ^ 大入袋舞の『それでもダメな女と呼ばないで・・・』冒頭シングル紹介より
  16. ^ 大入袋舞Facebook 2015年3月9日
  17. ^ つーから (@@fukudahiroko) - Twitter(福田博子twitter)での自己紹介より。
  18. ^ ね!ね~きいて~!”. つーから 福田ヒロの白飯大好きブログ (2008年8月13日). 2016年11月29日閲覧。
  19. ^ 漢字でタイトル終了~”. つーから 福田ヒロの白飯大好きブログ (2009年4月24日). 2016年11月29日閲覧。
  20. ^ オフィシャルブログ 2009年6月11日更新分より
  21. ^ 博子の『ササシニキにひとめぼれ』2011年6月25日「最後のブログ」
  22. ^ 福田博子twitter 7月8日
  23. ^ ☆女芸人野球部ミラクルキッシーズ☆”. ☆元女芸人の子育て&ママ鉄ニッキ☆ (2015年6月22日). 2015年6月23日閲覧。
  24. ^ このチームの他の参加メンバーは、ロリィタ族。橋爪ヨウコこじらせハスキー)、このみ桜花、さち(かぎしっぽ)、奈子(マジコーラル)、がーひー、常笑気流、⊿あべみな(ジョリー惑星)、フラポテおおた(ジョリー惑星)、まるゆか(ユメマナコ) など。いざ練習初日!”. せきやともみブログ「学生時代帰宅部だったけど、芸人女子野球チームはじめました!」 (2015年6月23日). 2015年6月23日閲覧。