です。ラビッツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
です。ラビッツ
別名 デスラビッツ
出身地 日本の旗 日本
ジャンル J-POP
デジタル・ハードコア
活動期間 2013年11月 -
レーベル KSR/G-ANGLE RECORDS
事務所 G-angle
公式サイト 公式サイト
公式ブログ
メンバー 大川柚
望月愛実
安井夏鈴
部長

です。ラビッツ (DESU.RABBITS) は、東京アイドルグループ。略称は「ですラビ」。

概要[編集]

アイドルグループ、usa☆usa少女倶楽部からの派生ユニットとして2013年11月に活動を開始する。結成時は「デスラビッツ(DEATHRABBITS)」の名で活動していたが、2016年11月に行ったワンマンライブで「です。ラビッツ(DESU.RABBITS)」への改名が発表された。

デジタルコンテンツ制作会社ジーアングルが運営しており、メンバーの一人「部長」はこの会社の所属である。デジタルハードコアとキャッチーなアイドルソングを融合した独自の楽曲を発表しており、それらの楽曲について「デスラビッツの楽曲はどこにもないポップスを目指しており、≪JAPANESE DEATH POP≫というジャンルである」と語っている[1]

ファンは総称して"デスラビッツ軍"と呼ばれており[2]、メンバーもMC中でしばしばこの呼称を用いる。

略歴[編集]

2013年

  • 11月10日 赤坂GENKI劇場にて初ステージを披露。
  • 11月13日 1stシングル「アイドルSTAR WARS」をリリース。

2014年

  • 4月2日 2ndシングル「恋する季節」をリリース。
  • 7月16日 3rdシングル「お祭りJAPAN!!告白Night」をリリース。本シングルはラーメン付きCDとして発売され、アイドル物販の新しい流れとして話題になる[3]
  • 9月14日 1stアルバム「第一次うさぎ大戦」をリリース。
  • 11月、音源のコンセプトとクオリティについてマーティ・フリードマンから評価される[4]
  • 12月、名古屋と大阪で行ったライブにおいて、物販特典用データディスクを配布。特製壁紙のほか、「Hell Near 部長/部長、勝手に武道館を妄想してREMIX」が収録されている。

2015年

  • 1月、毎日新聞デジタル、エンタメサイトで次世代アイドルとして紹介される[5]
  • 1月24日 「NHKワンセグ2」で放送されているワンセグ☆ふぁんみに出演する。番組中で、えみはつんつん津軽の歌唱を、ゆずとかりんはダンスを披露する。
  • 4月26日 音系即売会M3において、デスラビッツ楽曲のREMIXアルバム「More ♡ More Heartcore」がSHIFT TUNESより発売される。
  • 5月30日 1stワンマンライブ「〜えみ・ゆず・かりん VS 部長〜」を渋谷club asiaで開催。「チケット300枚ソールドアウトで部長引退!?」という公約を掲げての公演[6]であったが、チケットがソールドアウトしたにも関わらず、部長は引退しなかった。また、この日のライブ中に、4thシングル「うさぎの気持ち/中二の夏。おじさんの夏。」を7月15日にリリースすることと11月7日の2ndワンマンライブの開催が発表される。
  • 6月3日 LINEスタンプの発売を開始する。
  • 6月30日 エアリーズエンタテインメントが共同運営より撤退。同時に大川柚・安井夏鈴・望月愛実 がusa☆usa少女倶楽部を脱退し、ジーアングルに移籍する。[7]
  • 7月1日 オフィシャルブログを開設する。
  • 7月15日 4thシングル「うさぎの気持ち/中二の夏。おじさんの夏。」を両A面でリリース。
  • 8月26日 ワンマンライブを収録したDVD「デスラビッツ 1st ワンマンライブ えみ・ゆず・かりんVS部長 @ club asia」を発売開始。本DVDはライブ会場での限定販売となっている。
  • 9月6日 テレビ東京で放送されているセンニュウ★感の「現役アイドル・100人の特技を徹底リサーチ」にてインタビューが放送される。
  • 10月24日 めざましテレビPRESENTS T-SPOOK (東京お台場ハロウィーン)に出演。パレードにはバナナの衣装で参加した[8]
  • 10月24日 ランク王国のコーナー「ゆるスポ ランキング」にデスラビッツチームとして出演する。
  • 11月7日 2ndワンマンライブ「~えみ・ゆず・かりん VS 部長~ 第二回戦」をWOMBにて開催。チケットがソールドアウトしなかったため、赤字の責任を取って部長が引退を表明するが、公演中に「新部長」として再度加入する。また、この日のライブ中に、2ndアルバムを2016年6月1日にリリースすること、及び、2016年6月4日、5日に2DAYSの3rdワンマンライブを開催することが発表される[9]。尚、この日の物販では11月11日発売の5thシングル「なんで?」が先行販売された。
  • 11月11日 5thシングル「なんで?」をリリース。本シングルは塩味のラーメン付きCDとして発売され、再度話題を集める[10]
  • 12月、全国5局ネットにて放送されている音楽番組 未来定番曲 〜Future Standard〜 において、札幌での主催ライブの模様が放送される。

2016年

  • 1月2日 ラジオ関西にて、初の冠ラジオ番組「デスデスデスデスデスラビッツですっ!」の放送が開始される。
  • 1月3日、10日 テレビ愛知「千原せいじのバズ☆ドル」において、ゆずの一発芸と2016年の抱負などを話したインタビューが放送される。
  • 1月22日 テレビ朝日アイドルお宝くじ」において、アイドルSTARWARSのライブ映像が放送される(公開収録は1月6日に行われた)。
  • 1月、未来定番曲 〜Future Standard〜 のライブ特集【歌姫編】において、札幌の主催ライブで披露したうさぎのきもちの映像が放送される。
  • 2月14日 Kawaiian TVにて放送されているアイドリーーーム!!にゲスト出演する。
  • 2月24日 2ndワンマンライブを収録したDVD「デスラビッツ 2nd ワンマンライブ えみ・ゆず・かりんVS部長 第二回戦 @ 渋谷WOMB」が発売される。
  • 4月15日 2ndアルバム「第二次うさぎ大戦」のリード曲である「うさぎストリーム2」のMVを公開する。阿波踊りをフィーチャーしたMVとなっており、複数メディアで紹介される[11][12]
  • 5月3日 iTunes Storeにて2ndアルバム「第二次うさぎ大戦」の先行配信を開始する。
  • 5月22日 フランスで行われるJapan Expoのメインステージへの出演を賭けたイベント「TokyoCandoll」[13]の決勝戦に出場する。参加した全アイドルで唯一、予選から総て1位で通過していたが、決勝では惜しくも敗れる。
  • 6月、 ファミリーマートの店内放送「ファミよし」番組中で、「なんで?」がパワープッシュされる。
  • 6月1日 2ndアルバム「第二次うさぎ大戦」をリリース。購入特典として神崎部長が制作したアルバム収録ボツ曲「パンの歌」のMカードが配布された(ヴィレッジヴァンガードでの購入者のみ。先着順)。
  • 6月4日、5日 3rdワンマンライブ「~えみ・ゆず・かりん VS 部長~ 第3回戦 新宿ReNY 2DAYS」を開催。2日目のアンコールでは「アイドル STAR WARS」と「お祭りJAPAN!!告白Night」の2曲を生バンドで披露する。また、同年末にLIQUIDROOMで4thワンマンライブを開催することが発表される。
  • 6月23日 8月20日に開催されるSUMMER SONICに出演することが発表される[14]
  • 7月21日 4thワンマンライブのタイトルが「デスラビッツ ラストライブw」であることが発表される。同日、本ライブの超スペシャル前売チケットが発売されたが、約2時間で完売した。
  • 7月29日 マーティ・フリードマンが選曲するコンピレーションアルバム「楽曲派!-GAKKYOKUHA- selected by マーティ・フリードマン」(2016年10月5日発売)に「うさぎのきもち」が収録されることが発表される[15]
  • 8月、未来定番曲 〜Future Standard〜 のライブ特集【歌姫編】において、3rdワンマンライブで披露したアイドルSTAR WARS(生バンドver.)が放送される。
  • 8月20日 SUMMER SONICに出演。
  • 9月1日 ラーメン付きCDによる予算超過の懲罰処分として部長の解雇が決定したこと、及び、ケジメをつけるために11月13日のワンマンライブを「デスラビッツ ラストライブw」として締めくくることが、部長名義の謝罪文として発表され、波紋を呼ぶ[16][17]
  • 9月16日 6thシングル「Anger」を11月16日に発売することを発表。同時にMVも公開された。
  • 10月30日 めざましテレビPRESENTS T-SPOOK (東京お台場ハロウィーン)に出演し、メインステージでパフォーマンスを披露する。パレードには昨年同様バナナの衣装で参加した。
  • 11月13日 4thワンマンライブ「デスラビッツ ラストライブw」を開催。ユニット名を『デスラビッツ』から『です。ラビッツ』へ改名することが発表された。また、2017年5月7日に新宿BRAZEでワンマンライブを実施すること、同年初夏にアジア進出すること、同年秋に全国(名古屋・福岡・札幌・大阪・東京)ツアーを開催することが併せて発表された[18][19]
  • 11月16日 6thシングル「Anger」をリリース。本シングルは味噌味のラーメン付きCDとして発売される。
  • 11月29日 Kawaiian TVにて放送されている「IDOL アカデミー(K・U・T )ノ爆」にゲスト出演する。

2017年

  • 1月26日 えみ・ゆず・かりんの3人だけによるライブ「ラビフェス 1歩目 ~3びきの大冒険~」をアキチカで開催する。また、本形式のライブを3月末まで定期的に開催することが発表された。
  • 3月9日 7thシングル(です。ラビッツ名義では2ndシングル)「ですまスプリング ~そろそろ敬語を使ってみませんか~」を5月24日にリリースすることを発表する。同時に、即席麺評論家である大山即席斎氏とラーメン共同開発プロジェクトを立ち上げ、その第一弾として完成させた「豚骨醤油・極太です。」を同梱して発売することも発表し、再びニュースサイトに取り上げられる[20][21]
  • 4月14日 新宿BLAZEで開催するワンマンライブに、地蔵(拍手/コール等を行わず、黙ってライブを鑑賞する)を貫くことを条件にワンコインで入場できる「地蔵ゾーン」とライブを撮影可能な「カメコゾーン」を設置することを発表する[22]

メンバー[編集]

名前 ふりがな 生年月日 血液型 出身地 カラー 備考
大川柚 おおかわゆず (2000-12-24) 2000年12月24日 O 埼玉県 個人でミュージカルにも出演している。
望月愛実 もちづきえみ (2002-01-05) 2002年1月5日 O 福岡県 ピンク ソロで出演することもある。
安井夏鈴 やすいかりん (2000-08-19) 2000年8月19日 A 埼玉県※2 -
部長(神崎晃) かんざきあきら (1978-01-07) 1978年1月7日 A 東京都 ※1 DJ部長としてソロでイベントに出演することもある。また、AKIRADEATHとしてデジタルハードコアの音楽活動も行っている。

尚、部長をメンバーとして認めていないファンもおり、ゆず・えみ・かりんの3人を「正規メンバー」と呼ぶこともある[23]

※1:公式では語られていない
※2:出身地は埼玉県だが生まれた病院は長野県と語っている。[24]

ディスコグラフィ[編集]

シングル[編集]

# タイトル 発売日 レーベル 型番 収録曲 備考
1st アイドル STAR WARS 2013年11月13日 G-angle Records GACD-0002 M1. アイドル STAR WARS
作詞・作曲・編曲 小林哲也
M2. Hell Near部長 〜働き過ぎだよ日本人2013〜
作詞 小林哲也, 神崎部長 , 作曲・編曲 小林哲也
2016年2月に完売
2nd 恋する季節 2014年4月2日 G-angle Records GACD-0005 M1. 恋する季節
作詞 小林哲也, 神崎部長 , 作曲・編曲 小林哲也
M2. 2nd Attack
作詞 小林哲也, 神崎部長 , 作曲・編曲 小林哲也
2016年2月に完売
3rd お祭りJAPAN!!告白Night 2014年7月16日 G-angle Records GACD-0007
(通常盤)

GACD-0009
(ラーメン付き)
M1. お祭りJANAP!!告白Night
作詞・作曲・編曲 小林哲也
M2. 残業中にラーメンをすする
作詞 小林哲也, 神崎部長 , 作曲 小林哲也, 徳永翔威 , 編曲 小林哲也
M3. ホントのお祭りJAPAN!!告白Night
作詞・作曲・編曲 小林哲也
ラーメンは喜多方醤油味
M3.ホントのお祭りJAPAN!!告白Night は部長を除く3人によるトラック
4th うさぎのきもち/中二の夏。おじさんの夏。 2015年7月15日 G-angle Records GACD-0014 M1. うさぎのきもち
作詞・作曲・編曲 小林哲也
M2. 中二の夏。おじさんの夏。
作詞・作曲・編曲 小林哲也
5th なんで? 2015年11月11日 G-angle Records GACD-0016
(通常盤)
GACD-0017
(ラーメン付き)
M1. なんで?
作詞・作曲・編曲 小林哲也
M2. 怪獣ANPONTAN
作詞・作曲・編曲 小林哲也
ラーメンは喜多方塩味
6th Anger 2016年11月16日 G-angle Records GACD-0021
(通常盤)
GACD-0022
(ラーメン付き)
M1. Anger
作詞・作曲・編曲 小林哲也
M2. 茶番茶バンバン
作詞・作曲・編曲 小林哲也
ラーメンは喜多方味噌味
7th ですまスプリング~そろそろ敬語を使ってみませんか~ 2017年5月24日(予定) G-angle Records GACD-0024
(通常盤)
GACD-0025
(ラーメン付き)
M1. ですまスプリング~そろそろ敬語を使ってみませんか~
作詞・作曲・編曲
M2. I LOVE MEN
作詞・作曲・編曲
ラーメンは「豚骨醤油・極太です。」(即席麺評論家の大山即席斎氏とコラボレーション)

すべてのシングルには、各曲のInstrumental, Vocal Parts for DJ REMIX, 及びボーナストラックとして部長勝手に録っちゃったバージョンが収録されている。

アルバム[編集]

# タイトル 発売日 レーベル 型番 収録曲 備考
1st 第一次うさぎ大戦 2014年9月3日 G-angle Records GACD-0010

M1. デスラビッツ軍の七ケ条
作詞・作曲・編曲 小林哲也
M2. 2nd Attack
作詞 小林哲也, 神崎部長 , 作曲・編曲 小林哲也
M3. 恋する季節
作詞 小林哲也, 神崎部長 , 作曲・編曲 小林哲也
M4. うさぎストリーム

M5. Hell Near 部長 ~働き過ぎだよ日本人2013~
作詞 小林哲也, 神崎部長 , 作曲・編曲 小林哲也
M6. ◯◯へ
作詞・作曲・編曲 小林哲也
M7. 戦闘配置
作曲・編曲 小林哲也
M8. アイドル STAR WARS
作詞・作曲・編曲 小林哲也
M9. お祭りJAPAN!!告白Night
作詞・作曲・編曲 小林哲也
M10. 世界中にありがとう
作詞・作曲・編曲 小林哲也
M11. Riot Zone♥
作詞 小林哲也, 神崎部長 , 作曲・編曲 神崎部長, 小林哲也

M4.うさぎストリーム は部長の1人5役インタビュー
M6.○○へ は望月愛実のソロ曲
2nd 第二次うさぎ大戦 2016年6月1日 G-angle Records GACD-0019

M1. お洒落キャパ部長と歪み
作詞・作曲・編曲 小林哲也
M2. なんで?
作詞・作曲・編曲 小林哲也
M3. うさぎのきもち
作詞・作曲・編曲 小林哲也
M4. 怪獣ANPONTAN
作詞・作曲・編曲 小林哲也
M5. ホニャラカンパニー
作詞・作曲・編曲 小林哲也
M6. By your side
作詞・作曲 北島美奈、編曲 みなむし♀
M7. アキラズブートキャンプ
作詞・作曲・編曲 小林哲也
M8. うさぎストリーム2
作詞・作曲・編曲 小林哲也
M9. 日本たまご協会公式ソング
作詞・作曲 小林哲也、編曲 小林哲也、徳永翔威
M10. 中二の夏。おじさんの夏。
作詞・作曲・編曲 小林哲也
M11. 本当の世界中にありがとう
作詞・作曲・編曲 小林哲也
M12. うちゅちゅ
作詞・作曲 小林哲也、編曲 小林哲也、徳永翔威

2016年5月3日よりiTunes Storeにて先行配信。
M6.By your side は望月愛実のソロ曲

コンピレーションアルバムへの参加[編集]

タイトル 発売日 レーベル 型番 参加曲 備考
楽曲派!-GAKKYOKUHA- selected by マーティ・フリードマン 2016年10月5日 日本クラウン CRCP-40480 M9. うさぎのきもち
EXA IDOL COMPLEX~Super Duper! 2016年10月12日 avex trax AVC1-93516 M16. DEPARTURES (globe)

映像作品[編集]

# タイトル 発売日 レーベル 型番 備考
1st デスラビッツ 1st ワンマンライブ えみ・ゆず・かりんVS部長 @ club asia 2015年8月26日 G-angle Records - ライブ会場のみでの販売
2016年2月に完売
2nd デスラビッツ 2nd ワンマンライブ えみ・ゆず・かりんvs部長 第二回戦 @ 渋谷WOMB 2016年2月24日 G-angle Records GADD-0018
3rd デスラビッツ ワンマンライブ ~ えみ・ゆず・かりん VS 部長 ~ 第3回戦 新宿ReNY 2DAYS 2016年10月12日 G-angle Records GADD-0020
4th デスラビッツ ラストライブw 2017年2月22日 G-angle Records GADD-0023

ミュージックビデオ[編集]

以下の楽曲のミュージックビデオをYouTubeにて配信・公開している。

  • アイドルSTAR WARS
  • 恋する季節
  • お祭りJAPAN!!告白Night
  • デスラビッツ軍の七ケ条
  • うさぎの気持ち
  • なんで?
  • 怪獣ANPONTAN
  • うさぎストリーム2
  • Anger

タイアップ[編集]

タイトル タイアップ先
うさぎの気持ち TBS系列ランク王国』 2015年10・11月度エンディングテーマ
うさぎストリーム2 TBS系列ランク王国』 2016年6・7月度エンディングテーマ
関西テレビちゃちゃ入れマンデー』 2016年7月度エンディングテーマ
なんで? テレビアニメ『奇異太郎少年の妖怪絵日記』 第4話 エンディングテーマ[25] (2016年10月26日放送)
Anger 読売テレビ特盛!よしもと 今田・八光のおしゃべりジャングル』 2016年10月〜11月

度エンディングテーマ

主催ライブ[編集]

ワンマンライブ等の他に、部長が観たいアイドルを部長が勝手に集める「部長FESTIVAL」(部長フェス)という主催ライブを月1回程度の頻度で開催している。また、2017年1月から3月まではえみ・ゆず・かりんの3人だけによるライブ「ラビフェス」を開催した。

タイトル 開催日 会場 共演者 備考
第1回部長FESTIVAL 2014年7月12日 TSUTAYA O-NEST amiina
C-Style
アーマーガールズ
並木橋ハイスクール
第2回部長FESTIVAL 2014年8月23日 TSUTAYA O-NEST 並木橋ハイスクール
MIKA☆RIKA
ぱー研!
Girls Forever
第3回部長FESTIVAL 2014年9月13日 池袋BlackHole MIKA☆RIKA
ベースボールガールズ
合法幼女症候群
第4回部長FESTIVAL 2014年10月26日 秋葉原club GOODMAN FRUITPOCHETTE
はちきんガールズ
つばさFly
第5回部長FESTIVAL 2014年11月16日 表参道GROUND FYT
アイリス
スライムガールズ
第6回部長FESTIVAL 2014年12月20日 新宿MARZ FES☆TIVE
月と太陽
1stワンマンライブの開催が発表される。
デスラビッツ新年会2015 2015年1月7日 TSUTAYA O-WEST Stella☆Beats
つばさFly
ライブ終了後の物販において、ファンが部長の誕生日を祝う。
第7回部長FESTIVAL 2015年4月19日 SHIBUYA DESEO 赤マルダッシュ☆
ハニースパイス
リンクSTAR's
1stワンマンライブ
~えみ・ゆず・かりん vs 部長~
2015年5月30日 club asia - 詳細は略歴の項を参照。
第8回部長FESTIVAL 2015年7月4日 Shibuya REX キャンディzoo
LADYBABY
ライムベリー
第9回部長FESTIVAL 2015年7月18日 Shibuya REX オトメ☆コーポレーション
まどもあ54世
小熊あやめ
ラウドル祭2015 2015年9月13日 Shibuya REX 多数(デスラビッツ含む全15組)
第10回部長FESTIVAL 2015年9月27日 Shibuya REX 生ハムと焼うどん
せのしすたぁ
第11回部長FESTIVAL 2015年10月25日 Shibuya REX 北風インパクト
天川宇宙
KOTO
2ndワンマンライブ
~えみ・ゆず・かりん vs 部長~ 第2回戦
2015年11月7日 WOMB - 詳細は略歴の項を参照。
第12回部長FESTIVAL in 札幌 2015年11月22日 DUCE フルーティー
HAPPY少女♪
ICE☆PASTEL
Teamくれれっ娘!
ラブアンドロイド
Feam
関東以外での初主催ライブ。
LADYBABY VS デスラビッツ
\年末デスマッチだョ!全員集合/
2015年12月30日 新宿ReNY LADYBABY
第13回部長FESTIVAL
~えみ(+部長)生誕祭スペシャル~
2016年1月17日 Shibuya REX ベースボールガールズ
キャンディzoo
ライブ中にえみの生誕祭が行われる。
また、ライブ後の物販においてファンが部長の誕生日を祝う。
第14回部長FESTIVAL 2016年2月21日 SOUND MUSEUM VISION じゅじゅ
GALETTe
2ndワンマンライブのDVDが先行発売される。
第15回部長FESTIVAL 2016年3月12日 X-HALL ナト☆カン
究極人形-アルテマドール
ココロモヨヲ
せのしすたぁ&MyGirlfriends
FES☆TIVE
初の名古屋開催。
第16回部長FESTIVAL 2016年3月21日 SOUND MUSEUM VISION 多数(デスラビッツ含む全15組)
第17回部長FESTIVAL 2016年4月24日 SOUND MUSEUM VISION 赤マルダッシュ☆
WenDee
エルフロート
恋するBeat♪
さんみゅ~
ダイヤモンドルフィー
アモレカリーナ東京
3rdワンマンライブ
~えみ・ゆず・かりん vs 部長~ 第3回戦 新宿ReNY 2DAYS
うさぎの逆襲、部長の罠
2016年6月4, 5日 新宿ReNY - 詳細は略歴の項を参照。
デスラビッツ ラストライブw
前夜祭だョ! 注目アイドル全員集合
2016年11月12日 LIQUIDROOM PassCode
夏の魔物
The Idol Formerly Know as LADYBABY
デスラビッツ ラストライブw 2016年11月13日 LIQUIDROOM - 詳細は略歴の項を参照。
第18回部長FESTIVALスペシャル えみ(15歳)&部長(39歳) 生誕祭 2017年1月7日 原宿 Astro Hall 絶対直球女子!プレイボールズ
ラビフェス 1歩目 ~3びきの大冒険~ 2017年1月26日 アキチカ - えみ・ゆず・かりんの3人だけによるライブ
ラビフェス 2歩目 ~3びきのバレンタイン~ 2017年2月9日 アキチカ - 同上
ラビフェス 3歩目 ~3びきの大実験~ 2017年2月26日 アキチカ - 同上
ラビフェス 4歩目 ~3びきのホワイトデー~ 2017年3月9日 アキチカ - 同上
ラビフェス 5歩目 ~3びきの進級テスト~ 2017年3月23日 アキチカ - 同上
ラビフェス 6歩目 ~3びきの卒業式~ 2017年3月26日 アキチカ - 同上
です。ラビッツ 1st ワンマンライブ@新宿BLAZE
「Road to 日本武道館」~己を越えろ~
2017年5月7日 新宿BLAZE -

メディア出演[編集]

テレビ[編集]

ラジオ[編集]

雑誌[編集]

  • TRASH-UP!! vol.20 (株式会社トラッシュアップ、2014年10月21日発行) - インタビュー掲載
  • TRASH-UP!! vol.21 (株式会社トラッシュアップ、2015年2月5日発行) - 「アイドル251人に聞く 2014 私のベスト5」にて、かりんのBEST MUSICが掲載される
  • Top Yell 2015年09月号 (竹書房、2015年8月6日発行) - インタビュー掲載
  • 激ロックマガジン 2016年05月号 (激ロックエンタテインメント株式会社、2016年5月発行) - インタビュー掲載

その他[編集]

  • 部長チャンネル (ニコニコ生放送、2013年10月30日~) - メンバーの1人である部長が最新スケジュール等を紹介する。基本として、隔週水曜日の19時または21時から30分間。

脚注[編集]

  1. ^ シマダマユミ「インタビュー デスラビッツ」、『TRASH-UP!!』vol.20、株式会社トラッシュアップ、2014年、 165頁、 ISBN 978-4865380293。
  2. ^ デスラビッツ | 激ロック インタビュー激ロック2016年5月20日
  3. ^ アイドル商法に新提案、喜多方ラーメン付きCD”. ナタリー (2013年7月18日). 2014年7月16日閲覧。
  4. ^ [デスラビッツ]メタルはナメてOK! マーティ・フリードマン★鋼鉄推薦盤”. エンタメNEXT. 株式会社 徳間書店 (2014年11月20日). 2014年11月20日閲覧。
  5. ^ 15年注目アイドル : “ネット発”でブレークするのは? 橋本環奈、ベビメタに続け!”. 毎日新聞デジタル. 株式会社毎日新聞デジタル (2015年1月2日). 2015年1月2日閲覧。
  6. ^ 満員御礼で部長引退、デスラビッツ初ワンマン”. ナタリー (2015年5月8日). 2015年10月14日閲覧。
  7. ^ お知らせ
  8. ^ デスラビッツがハロウィーンでおいしそうなバナナに!?”. V.I.P. Press (2015年10月25日). 2015年10月26日閲覧。
  9. ^ デスラビッツ、来年6月に2ndアルバム発売&3rdワンマンは2DAYSに”. Yahoo!ニュース (2015年11月9日). 2015年11月10日閲覧。
  10. ^ 今度は塩味!デスラビッツがラーメン付きCD発売、年末にLADYBABYと競演”. ナタリー (2015年10月14日). 2015年10月14日閲覧。
  11. ^ ジャパニーズ・デス・ポップ!?話題のアイドル・ユニット"デスラビッツ"、6/1リリースの2ndアルバム『第二次うさぎ大戦』より「うさぎストリーム2」のMV公開!”. 激ロック (2016年4月15日). 2016年4月16日閲覧。
  12. ^ デスラビッツ「第二次うさぎ大戦」よりメタルポップな新曲MV公開”. ナタリー (2016年4月18日). 2016年4月18日閲覧。
  13. ^ Japan Expo公式コラボイベント「Tokyo Candoll」
  14. ^ サマソニ「IDOL SONIC」にわーすた、風男塾、A応Pら11組”. ナタリー (2016年6月23日). 2016年4月18日閲覧。
  15. ^ 楽曲派!-GAKKYOKUHA- selected by マーティ・フリードマン”. 日本クラウン (2016年7月29日). 2016年8月13日閲覧。
  16. ^ デスラビッツの部長解雇、連帯責任としてリキッドで「ラストライブw」”. ナタリー (2016年9月1日). 2016年9月1日閲覧。
  17. ^ デスラビッツ、ラーメンの作り過ぎで存続危機?”. BARKS (2016年9月1日). 2016年9月1日閲覧。
  18. ^ 「ラストライブw」でデスラビッツが“です。ラビッツ”に改名”. ナタリー (2016年11月14日). 2016年11月21日閲覧。
  19. ^ デスラビッツ、「です。ラビッツ」改名に秘められた熱い想い”. BARKS (2016年11月14日). 2016年11月21日閲覧。
  20. ^ です。ラビッツ、即席麺評論家とラーメン共同開発プロジェクト立ち上げ”. ナタリー (2017年3月9日). 2017年3月24日閲覧。
  21. ^ です。ラビッツ、世界一のインスタントラーメンを開発”. BARKS (2017年3月9日). 2017年3月24日閲覧。
  22. ^ です。ラビッツワンマンライブ、“地蔵”は入場料500円”. ナタリー (2017年4月14日). 2017年4月26日閲覧。
  23. ^ ラジオ番組(「デスデスデスデスデスラビッツですっ!」の第2回(2016/1/9放送))より。
  24. ^ ラジオ番組(「デスデスデスデスデスラビッツですっ!」の第3回(2016/1/16放送))より。
  25. ^ “アニメ「奇異太郎少年の妖怪絵日記」PV公開、全6曲のEDも発表に”. コミックナタリー. (2016年9月29日). http://natalie.mu/comic/news/203573 2016年9月29日閲覧。 
  26. ^ ですですですですです。ラビッツですっ!番組サイト