にのうらご

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
にのうらご
メンバー 西森洋一
大林健二
荒牧周平
結成年 2003年
解散年 2007年(トリオでの活動終了年)
事務所 よしもとクリエイティブ・エージェンシー
活動時期 2003年9月 - 2007年4月
出身 NSC大阪校23期(西森)
出会い 事務所
現在の活動状況 トリオからコンビで活動
芸種 漫才
現在の代表番組 なし
過去の代表番組 爆笑オンエアバトル
テンプレートを表示

にのうらごは、かつて存在した日本のお笑いトリオ。元吉本興業所属。2003年9月結成、2007年4月解散。baseよしもとに出演していた。現在は荒牧を除いたモンスターエンジンとしてコンビで活動中。

メンバー[編集]

立ち位置は向かって右、ボケ担当。
大阪府堺市出身。A型。NSC23期生で、元「バースデイ」。
高校3年間ほとんど勉強せず、一ヶ月の受験勉強で関西学院大学文学部英文科に合格した。
家業を継ぐため、2007年4月に脱退し芸能界引退した。
引退後、荒牧は小説『12月8日』で第8回『このミステリーがすごい!』大賞の一次選考を通過している。

概要[編集]

  • 3人全員がバツイチ(過去にコンビを組んだ経験をして、解散した)という、珍しいトリオである(元蛇腹・西森、元みかんとんがらし・大林、元バースデイ・荒牧)。同様のパターンを経験しているトリオに、同事務所のパンサー(元ブルースタンダード・向井慧、元グレートホーン・尾形貴弘、元ハイアンドロー・菅良太郎)と人力舎所属の鬼ヶ島(元チャップメン・野田祐介、元アメデオ・大川原篤史、元CUBE・和田貴志)が居る。
  • 爆笑オンエアバトルでは初挑戦で453KBの高得点ながらオフエア[1]。これは初挑戦組としては断トツのオフエア記録(次がビックスモールンの429KB)であり、総合でも東京03と並んでスピードワゴンパッション屋良の461KBに次ぐ歴代3位の記録である。
  • 2007年4月26日のガンガンライブをもって、荒牧が家業を継ぐために脱退し、にのうらごは解散。翌日27日の笑い飯・千鳥の大喜利ライブで、西森と大林が結成した新コンビ「モンスターエンジン」を披露した。
  • トリオ名の由来はサイコロの2の裏が5であることから、「2の裏5」を平仮名で書いて「にのうらご」とした。

受賞歴[編集]

出演[編集]

単独ライブ[編集]

  • 2005年
    • 07月10日 - 「あまがえるポリス」(baseよしもと/大阪)※初単独
  • 2006年
    • 02月18日 - 「おわらい三銃士」(baseよしもと/大阪)
    • 06月01日 - 「ライジングさん」(baseよしもと/大阪)
    • 10月12日 - 「三ドウィッチ」(baseよしもと/大阪)
  • 2007年
    • 02月10日 - 「お笑い三国志」(baseよしもと/大阪)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ この放送回は初の福井県での収録で、1~7位までが450KB以上を記録するなど非常にハイレベルな回であった。尚、下記にもあるパッション屋良がオフエアの最高KBを記録したのもこの回であり、この為にのうらごは453KBという高得点ながら7位敗退に終わっている。