ひまわりの小径

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
ひまわりの小径
チェリッシュシングル
収録アルバム ひまわりの小径
B面 コスモス
リリース 1972年5月25日
規格 7インチシングル盤
ジャンル 歌謡曲フォーク
時間 3分00秒
レーベル ビクター音楽産業
作詞・作曲 林春生(作詞)
筒美京平(作曲)
チャート最高順位
  • 週間3位(オリコン
  • 1972年度年間15位(オリコン)
チェリッシュ シングル 年表
だからわたしは北国へ
(1972年)
ひまわりの小径
(1972年)
古いお寺にただひとり
(1972年)
テンプレートを表示

ひまわりの小径」(ひまわりのこみち)は、1972年5月25日に発売されたチェリッシュの3枚目のシングル。

概要[編集]

5人グループとしてスタートしたチェリッシュが、デュオになってリリースした最初のシングル[1][2]。但し、レコードジャケットには5人のイラストが描いてある[3]。累計売上は55万枚[4]

作詞作曲は、前作『だからわたしは北国へ』に引き続き、林春生筒美京平が担当。リコーダーアコーディオンなど素朴な響きの楽器をフィーチャーして、フォーク風のムードを醸し出しているものの、リズムのアレンジは歌謡ポップスに徹しており、歌謡曲とフォークの中間的な曲調になっている[5]。またメロディーもフォーク風でありながら、女性ボーカルの特長を前面に出した親しみやすい感じに仕上げている[5]

チャート成績[編集]

本作はチェリッシュにとって、初めてオリコンシングルチャートのTOP3に入るヒットとなり、同チャート集計におけるセールスは41.2万枚を記録[6]、(2016年現在にて)チェリッシュの全シングルで最大売上枚数の作品となっている[6][7]

収録曲[編集]

  1. ひまわりの小径(3分00秒)
  2. コスモス(2分05秒)
    両曲とも、作詞:林春生/作曲・編曲:筒美京平

収録アルバム[編集]

  • ひまわりの小径 (#1、#2)
  • チェリッシュ・ベスト・コレクション (#1、#2)
  • スーパー・デラックス (#1)
  • チェリッシュ・ライブ (#1)

他多数

カバー[編集]

ひまわりの小径
  • 由紀さおり1972年) - アルバム『故郷/由紀さおり・ビッグ・ヒットを歌う』収録。
  • 天地真理(1972年) - アルバム『虹をわたって』収録。
  • 仲雅美(1972年) - アルバム『君を愛す』収録。
  • 南沙織(1972年) - アルバム『早春のハーモニー』収録。
  • アグネス・チャン1973年) - アルバム『花のように 星のように』収録。
  • 小柳ルミ子(1973年) - アルバム『春のおとずれ』収録。
  • 木之内みどり1975年) - アルバム『十八歳の今』収録。
  • 竜崎孝路とロック・サクセッション(2000年) - アルバム『モーグ・サウンド・ナウ〜虹をわたって』収録。インストカバー。
  • 斉藤功(2013年) - アルバム『ギターで奏でる日本のうた 〜青春のポップス〜』収録。インストカバー。

脚注[編集]

  1. ^ チェリッシュ公式サイト プロフィール”. 2015年3月3日閲覧。
  2. ^ 富澤一誠『フォーク名曲事典300曲〜「バラが咲いた」から「悪女」まで誕生秘話〜』ヤマハミュージックメディア、2007年、166-167頁。ISBN 978-4-636-82548-0
  3. ^ チェリッシュ公式サイト ディスコグラフィ”. 2015年3月3日閲覧。
  4. ^ 『フォーク名曲事典300曲〜「バラが咲いた」から「悪女」まで誕生秘話〜』167頁。
  5. ^ a b 榊ひろと 『筒美京平ヒットストーリー 1967‐1998』 白夜書房1998年、86項。ISBN 4-89-367563-X。
  6. ^ a b 『オリコンチャート・ブック アーティスト編』 オリジナルコンフィデンス1988年、204項-205項。ISBN 4-87-131021-3。
  7. ^ you大樹”. Oricon. 2015年3月1日閲覧。 (subscription only)

関連項目[編集]