ぴのっきを

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

ぴのっきを(Pinocchio)は、お笑いコンビ1988年6月結成、2000年解散

1995年からは「ぴのっきお」、2000年の春からは「きょーちゃん蛸ちゃん」名義で活動していた。

メンバー[編集]

蛸島屋鶴千代(たこしまや つるちよ、本名:新井正浩(あらい まさひろ)、1966年1月21日 - )

ツッコミ担当。通称タコ、またはタコ兄。実家の家業を継ぐため、現在は芸人を廃業。京都府立乙訓高等学校卒業。

清水共一(しみず きょういち、1965年3月6日 - 2006年11月4日

ボケ担当。解散後は「清水キョウイチ郎」の名で、吉本の劇団員としても活躍。2006年に肺血栓のため逝去。奈良芸術短期大学インテリ学科卒業。

芸歴[編集]

1988年にコンビ結成。同期には、トゥナイトベイブルース雨上がり決死隊などがいた。師匠は「チャンバラトリオ」の山根伸介で、清水個人の師匠はいかりや長介とされているが、詳細は定かではない(後述)。

コンビ結成のきっかけは、新井が清水の様子を見て「この人は凄い」と思い、「自分とコンビを組んでほしい」と言ったためである。しかし、清水はわざと閉じられていた舞台の幕を開けて、舞台に出て行き笑いをとっているだけだった。

デビューをしてからは、確実に実力を付けて行き、関西圏ではレギュラー番組を獲得し、1999年には映画「ナビィの恋」にも出演。しかし、関東圏や全国区での人気はあまり高くなく、雨上がり決死隊のように一世を風靡するまでには到らなかった。

2000年に入り、新井が実家の家業を継ぐため、染物職人に転向。コンビは解散となり、清水はピン芸人としての活動を余儀なくされる。しかし、実際の解散の理由は、ドジすぎる清水に新井が愛想を尽かせたためとも言われている。

解散後、清水は名前を3度改名。吉本の劇団員、ローカルタレントとして活動を始めたが、アドリブがきかなかったため、脇役を演じることが多かった。また、テレビなどメディアへの露出も、コンビ時代ほど見られなくなった。精神的にも、新井の引退、離婚と言う度重なる不幸も相まって、自殺未遂にまで追い込まれていた。

2006年11月4日、清水は大阪市内の自宅で逝去。41歳没。彼の通夜・葬儀に新井が参列したかは不明である。

新井が一般人になり、清水が逝去したため、このコンビが復活することは永遠になく、コンビでの映像が流れる可能性も低いが、漫才をしていた当時の映像が、2011年に発売されたオールザッツ漫才のDVDなどに収録されている。逆に、清水個人の映像については、複数存在している。

エピソード[編集]

  • 若手お笑い芸人を自分たちの番組で起用することがよくあった。飛石連休・藤井(当時はダンスライオン)もその中の1人。
  • また、藤井が嘗てのコンビを解散するときも残念がったものの、応援してくれたらしい。これはブログに藤井本人が書いている。
  • ネタ合わせは大阪・難波の喫茶店で行っていた。マスターはサンドイッチやコーヒーをおまけしてくれるなど、彼らの活動を心から応援してくれていたらしい。現在、その喫茶店は残っていない。その喫茶店のサンドイッチをもう一度食べたいと言っていたが、それは叶わなかった。
  • 新井の芸名は「タコ(蛸島屋)」だったが、彼らのイベント名は「馬面の人たち」と言う意味の言葉だった。命名は清水。
  • チャンバラトリオの弟子ということで、2人はイベントなどで使用するハリセンを作ることがあった。新井は非常に上手く作っていたようだが、清水は痛い上に音が悪いと仲間から散々に言われていた。なお、あのハリセンは叩いても痛みを感じないように作っている。
  • 受けようが滑ろうが一切顔色を変えない清水に、新井が困った顔を露骨にすることもあったと言う。清水は舞台では無表情であることが多かった。
  • 一部ネタは、コンビ解散後も清水が使用していた。
    • 清水、新井個人のエピソードは、個人の項を参考のこと。

芸風[編集]

主に漫才を中心に活動していたが、コントもまれに披露することがあった。十八番はコメディタッチの漫才。

  • 歌ネタ
清水「ドラえもん~↑」、新井「もっと下げな」、清水「ドラえもん~↓」、新井「下げすぎや!」など
  • 勘違いネタ
清水「レツゴー三万匹」(レツゴー三匹のパロディー)、新井「多すぎるやろ!」など
  • うそつきを探せ(素人芸人のパロディー?)

2人とも歌いながら登場。清水は生徒役で学ラン、新井は委員役でジャージを着ている。

新井「この中に一人**なやつがいる、お前か。違います。お前か。違います…(暫く一人で回答)お前か」、清水「(**に合わせた解答をする/大阪弁を使う奴なら、大阪弁で数を数える)」、新井「お前や!」
新井「この中に一人しょうもない委員がいる。…俺や!」と、自分でボケて、突っ込むパターンも存在する。

歌ネタのときは歌詞をわざと間違えたり、音を外したりしていた。歌ネタを使用しない漫才の時も、グループ名を間違えたりしていたようだ(上述の例)。清水がグループ名や歌詞をわざと間違えて、新井が突っ込むパターンが多かった。

他の芸人とのコラボレーション[編集]

イベント・メディア出演[編集]

テレビ番組[編集]

映画[編集]

受賞歴[編集]

賞レース戦績

その他[編集]

  • コンビ名を「ピノッキ(ヲ)オ」と間違う人も多いが、正しくは「ぴのっき(を)お」である。「きょーちゃん蛸ちゃん」時代は「共ちゃん蛸ちゃん」などと間違われることもあった。
  • 新井、清水両名の師匠はチャンバラトリオの山根伸介、清水個人の師匠はいかりや長介と言われているが、後者については確証がないと彼の死後に芸人仲間が告白した。前者は事実であるとされ、オール阪神・巨人のオール巨人がブログにて告白。しかし山根本人は、新井は弟子と認めていたが、清水については認めていなかったなどの説もあり、清水の師匠についての詳細は定かではない。
  • 「吉本興業は、爆笑オンエアバトルで彼らを全面的に売り出すつもりだった」とメッセンジャーが追悼番組で告白。実際に2回目の挑戦でオンエアを獲得するなど実力を発揮したが、オンエア率は1/3であった。