みぶ真也

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
みぶ しんや
みぶ 真也
生年月日 (1957-02-03) 1957年2月3日(60歳)
出生地 日本の旗 日本大阪府
民族 日本人
血液型 AB型
ジャンル 俳優舞台俳優

みぶ 真也(みぶ しんや、1957年2月3日 - )は、日本俳優ナレーター怪談タレント。主にホラー系ひとり芝居と怪談語りを表現活動の主軸としている役者。大阪府出身。血液型AB型。身長165cm、体重69kg。イズム所属。トレードマークはスキンヘッドと筋肉。

来歴・人物[編集]

  • 実家は坂上田村麻呂の流れをくむ生地氏の末裔。小学校の同級生に1976年ミスユニバース日本代表の岩国美弥子がいた。同志社大学法学部卒業後、演劇活動を始める。40歳である不思議な体験をしたことをきっかけにホラー作品(ひとり芝居・映画ドラマ)の職業俳優に転身。大阪、名古屋、東京、仙台、長野等で活動中。
  • 学生時代はSF研究会とDWA同志社プロレス同盟(創立メンバー)に所属。DWAでは格闘技ライタータダシタナカやお笑いタレントレイザーラモンHG、難波規精(元松竹芸能取締役・東京支社長、現松嶋尚美個人事務所「ステッカー」代表取締役)の先輩に当たる。「虚実皮膜の試合を組み立てるプロレスの世界を見たことが、後に怪談を語る際に役立った」と本人は言う。
  • 関西で活動中に、かつて宝塚新芸座、吉本新喜劇(1966年12月体制参照)で活躍していたヒロノツトムに見出され、ラジオ関西ヒロノツトムの走れタコ」で創作コーナーを担当、毎週自作自演の怪奇ラジオドラマ「不思議ものがたり・みぶ真也の深夜のみぶ」を電波に乗せている。また、バリトンを駆使したCM等のナレーションは数多い。
  • 怪談を得意としながら霊感は全くないが、1998年にブルース・リーを演じてから、しばしば本番中にリーが憑依することがあると言う。「最初は戸惑いましたが、今はリーが演じたいように演じさせています
  • 松竹新喜劇代表の渋谷天外 (3代目)とは旧知で、互いの公演の際には密かにサプライズ・プレゼントを贈り合う。今までのアイテムとしては、薔薇の花100本、キングコング煎餅、ウルトラマンのぬいぐるみなどである。
  • 「ジャパネスク・ホラー界のマーロン・ブランド」と一部で紹介されているが、これは“目つきが似てる”と製作会社の宣伝マンが名づけた肩書である。但し、中学時代「乱暴者」をTVで観て以来ブランド・ファンだったみぶ自身は非常に気に入っているという。
  • スキンヘッドにしてからは「浪速のユル・ブリンナー」が一部でキャッチフレーズになった。
  • 怪奇大作戦」「ウルトラQ」「悪魔くん(モノクロ実写版)」など往年の怪奇ドラマが創作の原点だと言い、特に「怪奇大作戦」に主演した勝呂誉に傾倒して、芸名を「誉呂勝(ほまろ・すぐれ)」に改名しようとしたことがある。
  • 日本パワーリフティング協会の所属選手としてベンチプレスの試合にしばしば出場している。
  • イケメンに対抗したイカメン(イカついメンズ)俳優として悪役ユニットを組んだことがある。
  • 2013年夏、当時撮影中だった映画「恋の映画を作ろう」のクランクイン直前になぜかいきなりスキンヘッドにしたため、スキンヘッドのままで土建屋社長の役を演じた。又、そのことがきっかけで宣材写真もスキンヘッドのものにしてキャラを変更したため、みぶより以前からスキンヘッドにしていて何度もAMIエンターティメント作品で共演し、みぶの事を「兄さん」と呼んで慕っている俳優仲間の沖一文字からは「みぶ兄さんがハゲにしたら俺の仕事が減るから勘弁してください。」と言われたらしい。
  • 怪談ライターとしての目標はベラ・ルゴシエドガー・ライス・バローズアルフレッド・ヒッチコックというが、3人とも怪談作家ではない。但し、自分で書いた怪談を自分で演じることは「ヒッチコックとケーリー・グラントを兼ねる作業」だと言っている。
  • 2017年4月18日(発明の日)に庶民のノーベル賞と言われる東久邇宮記念賞を受賞した。
  • 葬祭ディレクターの資格を持ち、遺骨を宇宙空間に打ち上げる宇宙葬の国内代理店銀河ステージ取締役をしている。

受賞[編集]

  • 第一回プラワン企画優勝
  • 第一回IDOBATAホラー噺LIVE第四位
  • 2017年東久邇宮記念賞(長年のユニークな演劇活動に対して)

出演[編集]

舞台[編集]

  • 「二万尋からの怪獣」「マタンゴの侵略」(1997年4月)しなのきホールにてデビュー公演。
  • 「訪問者」(1997年7月)沖縄ひとり芝居の藤木勇人を招聘。
  • 「2100年宇宙の旅」(1997年9月)
  • 「宇宙からの勧誘」(1997年12月31日 - 1998年1月1日)カウントダウン公演。
  • 「異形」(1998年1月)
  • 「Last Vampire」「JAMI JAMI」(1998年2月)長野冬季オリンピック記念冬のびんずるイベントにて。
  • 「月世界のブルースリー」「ブレーンバスター」(1998年6月)サイコスリラー。
  • 「JAMIJAMI」(1998年7月)
  • 「Return of BRUCE LEE」(1998年8月)歩行者天国上のストリートパフォーマンスとして演じたブルース・リー一代記。
  • 「油揚げのセールス」(1998年8月)フジテレビめざましテレビでオンエアー。
  • 「ハッピーバースディ」「JAMIJAMI宇宙篇」(1998年11月)プラネタリウム公演。
  • 「ブレーンバスター」(1998年12月)ネオンホールにて上演。
  • 「JAMIJAMIクリスマス篇」(1998年12月)
  • 「ハッピーバースディ」「ミイラ部長」(1999年2月)
  • 「ミイラ部長」「ブレーンバスター」(1999年3月)
  • 「となりの恐竜」(1999年8月)「スーパーネオン99SUMMER」にて上演。
  • 「トンキー」(1999年9月)
  • 「ブレーンバスター」「JAMIJAMI」(1999年9月)女流ミュージシャンAYAと共演。高円寺Show boatにて。
  • 「はろー!エイリアン」(1999年12月)
  • 「となりの恐竜」「ブレーンバスター」(2000年1月)
  • 「バルンガ2000」(2000年3月)
  • 「どつぼ」(2000年6月)
  • 「どつぼ」(2000年7月)
  • 「来襲!」(2000年8月)
  • 「JAMIJAMI」「ミイラ部長」「ブレーンバスター」(2001年2月)東海地区初めての公演。
  • 「バルンガ2001」(2001年2月)
  • 「床下からの物体X」(2001年5月)
  • 「ミロガンダの謎」(2001年7月)
  • 「ブレーンバスター」「床下からの物体X]「来襲!」(2001年9月)
  • 「禅〜ZEN〜」(2001年10月)バンコクのスクンヴィトRdで3日連続上演。
  • 「トンキー」「黙示録ワンルーム」「どつぼ」「ブレーンバスター」(2001年11月)
  • 「となりの恐竜」「黙示録ワンルーム」(2002年1月)
  • 「バルンガ2002」「黙示録ワンルーム」「JAMIJAMI」(2002年2月)
  • 「黙示録ワンルーム」(2002年5月)
  • 「どつぼ」「たこやきの夜」「ブレーンバスター」(2002年6月)
  • 「床下からの物体X」(2002年7月)
  • 「黙示録ワンルーム」(2002年8月)
  • 「トンキー」(2002年9月)
  • 「式神」(2002年10月)昨年に続きバンコクで上演。今回はスリウォンRdでの公演。
  • 「ブレーンバスター」「黙示録ワンルーム」(2002年11月)
  • 「床下からの物体X」(2002年12月)
  • 「バルンガ2003」「となりの恐竜」(2003年2月)仙台市10BOX。
  • 「トンキー」(2003年3月)
  • 「悪夢/アブダクティ」(2003年5月)
  • 「エリア51から来た妻」(2003年8月)京都西院アートフェスティバルにて野外公演。
  • 「ミイラ部長」(2003年8月)
  • 「JAMI JAMI」「トンキー」他(2003年11月)東北ハプニングツァーでゲリラ上演。秋田、岩手、宮城。
  • 「となりの恐竜」(2003年11月)
  • 「床下からの物体X」「Guys & Dolls」「エリア51から来た妻」(2004年3月)
  • 「JAMI JAMI」(2004年7月1日)みぶ本人が敬愛するマーロン・ブランド没。当日、品川駅前で急遽追悼公演を行った。
  • 「トンキー」(2004年10月)
  • 「たこやきの夜」「ブレーンバスター」(2004年11月)
  • 「黙示録ワンルーム」(2005年3月)
  • 「どつぼ」(2005年5月)
  • 「バルンガ2005」「エリア51から来た妻」(2005年11月)
  • 「油あげのセールス」「ミイラ部長」(2005年12月)
  • 「バルンガ2007」「床下からの物体X」「たこやきの夜」(2007年4月)
  • 「招待されなかった客」(2007年10月)別役実・作、旭屋光太郎と梅田カラビンカにて共演。
  • 「となりの恐竜」(2008年1月)
  • 「黙示録ワンルーム」(2008年3月29日)第一回プラワン企画優勝
  • 「エリア51から来た妻」(2008年6月)
  • 「エリア51から来た妻」「床下からの物体X」(2008年9月)
  • 「遅刻の言訳」「トンキイ」(2009年4月)
  • 「夜の道」「ドクシン術」「もうひとつの部屋」「同居人」(2009年7月)
  • 「トカゲのヌケガラ」(2010年4月)
  • 「怪奇!トカゲ男」(2010年4月)
  • 「心霊漫才」「タコのペンダント」(2010年10月)
  • 「ジェームス・ディーンの夜」(2011年2月)
  • 「悪魔祓い」(2011年3月)
  • 「千日前ゾンビ」(2011年9月)
  • 「幽霊役者」「誘拐されたかった男」(2013年2月)
  • 「サイファーの怖い話」(2014年5月)怪談師として出演(枚方市五郎八)
  • 「走れタコ!LIVE」(2014年7月)“不思議ものがたり・みぶ真也の深夜のみぶ”上演
  • 「ラジオ関西祭」(2014年10月)深夜のみぶLIVE出演(神戸ハーバーランド)
  • 「第一回IDOBATAホラー噺LIVE」(2015年5月)怪談師として出演
  • 「懐かしの昭和歌謡ショー」(2016年4月)メセナひらかたにて怪談師として出演 怪談を披露
  • 「懐かしの昭和歌謡ショー」(2016年6月)サプライズゲストとして出演 怪談を披露
  • 「懐かしの昭和歌謡ショー」(2016年8月)特別ゲストとして出演 怪談を披露

映画[編集]

 第一話死神おじさん 第二話蝿女 第三話夏の桜

テレビ[編集]

ドラマ[編集]

CM[編集]

  • ピラタス蓼科スノーリゾート(TV15秒CM)
  • 長野市プラネタリウム番組(ヤコブ役)
  • NISSEI(海外販促用ビデオ)
  • スバル・アクティブフェア(ラジオ20秒CM)
  • 昭和総合警備保障(TV30秒CM)
  • 日本無線(TV15秒CM)
  • 南長野ゴルフ倶楽部(ラジオ20秒CM)
  • 「イングランドハウス」(ビデオ)
  • マルイチ産商ーシズル篇(TV15秒CM)
  • オールトヨタ新車フェスタ(TV15秒CM)
  •      〃      (ラジオ20秒CM)
  • 新型スカイラインGT-R(ラジオ30秒CM)
  •      〃    (ラジオ20秒CM)
  • メダル専門店パラシオ(TV15秒CM)
  •      〃    (ラジオ20秒CM)
  • ロートルーター「一大事の前に」(TV15秒CM)
  • 平安堂(TV15秒CM)
  • 大阪弁護士会-時代劇編(TV15秒CM)

ラジオ[編集]

出版[編集]

  • 『リストラ俳優』ミルホンネット 2007年
  • 『振り返ればいつも負け役』ミルホンネット 2007年
  • 『実録!ゾンビ役者』ミルホンネット 2009年