やまだかつてないWink

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

やまだかつてないWink(やまだかつてないウィンク)は、フジテレビ邦ちゃんのやまだかつてないテレビ』で山田邦子横山知枝と組んでいたユニット。Winkのパロディであり、通称「やまかつWink」。

メンバー[編集]

歴史[編集]

1989年、山田が『ものまねベスト10』(→『ものまねベスト5』→『ものまねランド』)でWink(「やまかつ」準レギュラーだった)の相田翔子のものまねを行ない、自身のものまねのレパートリーの一つとしていたことや[1]、また『やまかつ』のレギュラーが大江千里KANMALTAなどミュージシャンや音楽関係者が多く関わっていたことなどより、本家と同じように2人でものまねをやってみようということから始まった。

『日本全国早智子を探せ』で一般視聴者から相方(鈴木早智子役)を募集し、ビデオオーディションを行なう。その結果、横山知枝が選ばれた。

初出演は『ものまねベスト5』の第1位「ついに実現! 翔子と早智子のWink」で、Winkの「One Night In Heaven 〜真夜中のエンジェル〜」を2人で披露した。ちなみに「やまだかつてないWink」の名前が使用開始されたのは、本家Winkがゲスト出演した際の「本物のWinkの前で歌う やまだかつてないWink」で、Winkのヒットナンバーをメドレーで披露した。なお、ものまねコントでの登場の際は単に「Wink」と表記された。

1990年7月に「“T”intersection」で実際の歌手デビューを果たし、1991年2月発売の「さよならだけどさよならじゃない」は卒業ソングとしてヒット、定番曲になる。

その後新曲は発表されず、1992年3月25日の番組終了に伴い解散。横山知枝はソロ活動に移行[2]

2005年9月26日フジテレビデッドエイジ』にて1日だけの再結成をした。また、それ以前に関西テレビ快傑えみちゃんねる』や日本テレビあの人は今!?』でも再結成している。

ディスコグラフィ[編集]

シングル[編集]

  • “T”intersection ~あなたに戻れない~(作詞:山田邦子、作曲:MALTA) - 1990年7月21日
    • c/w:“T”intersection ~あなたに戻れない~(オリジナル・カラオケ)
  • さよならだけどさよならじゃない(作詞:山田邦子、作曲:KAN) - 1991年2月21日
    • c/w:さよならだけどさよならじゃない(オリジナル・カラオケ)

アルバム[編集]

クリスマス クリスマス[3](作詞・作曲:大江千里、編曲:清水信之。8曲目に収録)
  • やまだかつてないCASSETTE - 1991年3月21日
上記アルバムのカセットテープ版。
横山のソロ曲を含めたベストアルバム。
Wink」ではなく、全大文字の「WINK」となっている。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 相棒の鈴木早智子を探しさまよったり、早智子の人形と振りつきでデュエットしたりする内容だった。
  2. ^ なお横山は、やまかつレギュラー時代にもソロ曲を2曲発表している(こちらを参照)。
  3. ^ もともとは視聴者プレゼント用のカセットテープのみに収録されていた。