アイデンティティ (お笑いコンビ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
アイデンティティ
メンバー 田島直弥
見浦彰彦
結成年 2004年
事務所 太田プロダクション
活動時期 2005年 -
出身 専門学校東京アナウンス学院
現在の活動状況 テレビ・ライブ・インターネット
芸種 コント・漫才
テンプレートを表示

アイデンティティは、太田プロダクション所属[1]お笑いコンビ

メンバー[編集]

  • 田島 直弥(たじま なおや、 (1984-05-11) 1984年5月11日(33歳)[1] - )ボケ担当
神奈川県出身[1]。血液型はO型[1]、身長174cm、体重59kg。
サッカー絵画が特技[1]。中学生時代までサッカー漬けの毎日で、その時は本気でプロを目指していたほどだった[2]
お笑いに目覚めたのは小学生の時で、サッカークラブの祝賀会で、酔っ払ったおじさんの物真似をしたところ大ウケし、その時笑いをとることの気持ち良さを知ったという[2]
2017年R-1ぐらんぷりで「アイデンティティ田島」の名前で出場し、野沢雅子の物真似ネタで準決勝まで進出[3][4]
  • 見浦 彰彦(みうら あきひこ、 (1984-09-20) 1984年9月20日(32歳)[1] - )ツッコミ担当
広島県出身[1]。血液型はO型[1]、身長163cm、体重54kg。
空手は初段の資格を持っている。特技は他にボイスパーカッションがある[1]
指を立てるだけ、または手の甲を付けるだけでの腕立て伏せが出来る[1]
昔からお笑い好きで、『爆笑オンエアバトル』を視ているうちに、芸人になりたいという思いが強くなっていったという[2]
2017年5月28日女優串田えみと結婚したことを発表[5]

来歴[編集]

高校卒業後、2003年専門学校東京アナウンス学院[1]芸能バラエティ科に入学し、お笑いの活動を始めたが、当時二人は別々のコンビで、二人ともボケ担当だった[6]

その後、見浦曰く「田島の出す、言葉のセンスとボケが好きになって」、自分のポジションをツッコミに変えるというつもりで田島にコンビを組むことを持ちかけるが、最初は田島がまだ当時のコンビで活動中だったことと、「お前はツッコミ向きじゃない」などと言われたことで破談。後に田島のコンビが解散した時に、“誠意の印”としてネタ帳のノートを田島に渡して再度結成の話を持ちかけた。ネタ帳を見た田島は「全然面白くなくて、更に悩んだ」とのことであったが、最後は見浦の熱意を受ける形でこれを了承、2004年1月9日にコンビ結成に至った[6]

東京アナウンス学院は2005年3月に卒業、その後太田プロダクション所属となった[6]

芸風[編集]

  • 主に漫才。後半の方でそのテンポが速めになっていくということがよくある。
  • 新しいネタをライブで試し、そこでウケが悪ければ即ボツにしている[6]
  • 田島は、声優・野沢雅子の物真似ネタを持つ[7]。最近ではこの物真似を交えたコントも時折行うことがある。この場合、見浦も人造人間17号ドラゴンボールのキャラクター)に扮することがある[8]

エピソード[編集]

  • 2015年12月、お笑いライブ『月笑』で声優・野沢雅子の物真似ネタを試したところ、周りの反応が良く、先輩芸人から「これ、絶対にキャラになるから大事にしていったほうがいいよ」と言われた[9]。2016年年始の『月笑』から見た目も、野沢雅子に扮してネタを行っている[9]
  • 2017年のR-1ぐらんぷりでは田島一人で野沢の物真似ネタを披露し準決勝まで進出、決勝には進めなかったが、赤江珠緒に「決勝で一番印象に残った芸人」としてラジオ番組で田島の名を挙げられ、同年のR-1決勝審査員だった清水ミチコも「天才的」と田島を褒めていた[4]

出演[編集]

テレビ[編集]

レギュラー
過去のレギュラー
単発・スペシャル

ラジオ[編集]

インターネット[編集]

DVD[編集]

ライブ[編集]

  • 太田プロ NEW WAVE LIVE
  • 太田プロライブ 月笑
  • お笑い青田買いライブ
  • DB芸人のネタとコントとコーナーライブ ~幕張まるごと超決戦~(よしもと幕張イオンモール劇場、2017年2月4日)

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 2017年3月24日に先行特番が放送された。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k アイデンティティ”. 2016年9月23日閲覧。
  2. ^ a b c お笑いポポロ(麻布台出版社)2010年11月号 p.98 - 99
  3. ^ 2/20(月) 準決勝・東京:メルパルクホール”. R-1グランプリ(2017)オフィシャルサイト (2017年2月20日). 2017年4月4日閲覧。
  4. ^ a b 【エンタがビタミン♪】清水ミチコ、アイデンティティ田島の“野沢雅子”に「嫉妬した」”. Techinsight (2017年3月4日). 2017年4月4日閲覧。
  5. ^ アイデンティティ見浦が結婚「今後は妻を含めよろしくどうぞ」”. お笑いナタリー (2017年5月29日). 2017年5月30日閲覧。
  6. ^ a b c d 2008年6月16日付『サンケイスポーツ』芸能面『次は任せなさい お笑いニューヒーロー』より
  7. ^ タイムマシーン3号が連覇!太田プロライブ「月笑」2015年度チャンピオンに”. お笑いナタリー (2015年12月15日). 2016年9月2日閲覧。
  8. ^ 『爆笑キャラパレード』アイデンティティがハロウィーンで“野沢雅子と人造人間17号”に!――T-SPOOK 2016”. livedoorNEWS (2016年10月30日). 2017年4月26日閲覧。
  9. ^ a b 太田プロのネクストブレイク芸人連載「もうすぐG1常連」”. 2016年9月23日閲覧。