アイドル夢工場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

アイドル夢工場(アイドルゆめこうじょう)とは、以下のいずれかに該当する名称。いずれも1987年フジサンケイグループが開催したイベント『コミュニケーションカーニバル 夢工場'87』のメディアミックス展開に関連するものである。

アイドル夢工場 (ラジオ番組枠)[編集]

ニッポン放送において1986年10月から1987年3月までの、月曜日から木曜日の20:30 - 21:00の時間帯で使われていた複数のラジオ番組の統一タイトル。それぞれの番組タイトルの前に『アイドル夢工場』が付いていた。なお、パーソナリティはいずれもおニャン子クラブ出身のメンバーである。放送は生放送で、ニッポン放送アナウンサーの湯浅明がアシスタントを務めた。

  • 月曜日:新田恵利 みーんなわがまま
  • 火曜日:高井麻巳子 ほほえみメッセージ (※この後も単独番組として1988年3月まで放送)
  • 水曜日:福永恵規 ハートのIgnition→僕たちのRunaway
  • 木曜日:吉沢秋絵 ちょっぴりハプニング

アイドル夢工場 (アイドルグループ)[編集]

  • 1987年7月ポニーキャニオンより発売された『コミュニケーションカーニバル 夢工場'87』のイメージソングだった『アドベンチャー・ドリーム』(作詞:秋元康、作曲:高橋研、編曲:佐藤準)でデビューした、7人組のアイドルグループ。メンバーはいずれも1987年のミスマガジンの準グランプリ、各賞入賞者から成っている。
  • アイドル夢工場としての曲は『アドベンチャー・ドリーム』一曲で終わっている。この曲は現在でも『Myこれ!クションカタログVOL.2』(2002年9月19日発売)と『秘蔵アイドルユニット16~おニャン子からチェキッ娘まで~』(2003年1月16日発売)のそれぞれのオムニバスCD(いずれもポニーキャニオンから)で聴くことが出来る[1]。なおオリコンチャート初登場8位を記録した。
  • フジサンケイグループが開催したイベント『コミュニケーションカーニバル 夢工場'87』のイメージソングであったため、フジテレビでの露出は高かったもののそれ以外のテレビ局への出演は皆無に等しかった。特に『夕やけニャンニャン』の番組の中で、アイドル夢工場の「アドベンチャー・ドリーム」のPVが流されることが多かった。
  • 特に解散宣言があったわけではないが、2曲目の発売が無かったため自然消滅した[2]
  • アイドル夢工場の活動の前、メンバーの桜川佳世は1986年8月10日に行われた「ミス・セブンティーンコンテスト」で「夕やけニャンニャン賞」を受賞している。
  • アイドル夢工場の活動の後、メンバーの時田成美は女優として『赤いシュート!』や『青春オーロラ・スピン スワンの涙』など、いくつかのドラマや映画、『笑点』のちびっこ大喜利の回答者として出演している。

メンバー[編集]

(50音順)

脚注・出典[編集]

  1. ^ 現在は生産中止により新規発売されておらず、オークションや中古CD店で手に入れるしかない。
  2. ^ 期間限定ユニットであったためと言われている。
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af ag 月刊平凡 1987年8月号 p.154 - 155

関連項目[編集]