ツイートする Facebook にシェア

アイヌ文化振興法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内, 検索
アイヌ文化の振興並びにアイヌの伝統等に関する知識の普及及び啓発に関する法律
日本国政府国章(準)
日本の法令
通称・略称 アイヌ文化振興法、アイヌ新法
法令番号 平成9年5月14日法律第52号
効力 有効
種類 法律
主な内容 アイヌ文化の振興・知識普及・啓発など
関連法令 北海道旧土人保護法国際人権規約
条文リンク 法文(総務省・法令データ提供システム)
表示

アイヌ文化振興法(アイヌぶんかしんこうほう)は、日本法律である。正式名称はアイヌ文化の振興並びにアイヌの伝統等に関する知識の普及及び啓発に関する法律(平成9年法律第52号)アイヌ新法という略称もある。1997年(平成9年)5月8日に成立、同年5月14日公布、同年7月1日施行。この法律の附則2条により、北海道旧土人保護法明治32年法律第27号)および旭川市旧土人保護地処分法(昭和9年法律第9号)は廃止された。

概要

この法律の目的は、第一条に次のように定められている(条文中の括弧書きは省略)。

「この法律は、アイヌの人々の誇りの源泉であるアイヌの伝統及びアイヌ文化が置かれている状況にかんがみ、アイヌ文化の振興並びにアイヌの伝統等に関する国民に対する知識の普及及び啓発を図るための施策を推進することにより、アイヌの人々の民族としての誇りが尊重される社会の実現を図り、あわせて我が国の多様な文化の発展に寄与することを目的とする。」

本来は全国で効力を持つ法律であるが、石原慎太郎(当時衆議院議員)の強硬な反発で、第六条に「その区域内の社会的条件に照らしてアイヌ文化の振興等を図るための施策を総合的に実施することが相当であると認められる政令で定める都道府県」の文言が加えられ、さらに当該政令で北海道のみが定義され、実質的に北海道以外では効力を持たないように変えられた。

関連項目