アイネ・クライネ・ナハトムジーク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索

アイネ・クライネ・ナハトムジーク』(Eine kleine Nachtmusikト長調 K.525は、モーツァルトが作曲したセレナーデに付された題名である。モーツァルトの曲の中でも非常に有名な曲の一つ。モーツァルトが13番目に書いたセレナーデであることから、セレナーデ第13番とも呼ばれる。

1787年8月10日ウィーンで作曲された。『ドン・ジョヴァンニ』の作曲中の時期である。初演に関する資料は残されていない。アルフレート・アインシュタインは、モーツァルトは同年の『音楽の冗談』によって失われた音楽の秩序を回復するために作曲した、と想像している。 父の死とベートーヴェンとの邂逅後に作曲。

題名[編集]

ドイツ語Eineは女性形の不定冠詞、kleineは「小さな」の意の形容詞kleinの女性形、Nachtmusikは、Nacht(夜)+Musik(音楽)の合成名詞で、「小さな夜の曲」という意味である。日本語では「小夜曲」と訳される。この題名は、モーツァルト自身が自作の目録に書き付けたものである。

楽章[編集]

次の4楽章からなる。

  1. 第1楽章:アレグロソナタ形式 ト長調 4/4拍子
  2. 第2楽章:ロマンツェ(アンダンテ) 三部形式 ハ長調 2/2拍子
  3. 第3楽章:メヌエットとトリオ(アレグレット) ト長調 3/4拍子
  4. 第4楽章:ロンド(アレグロ) ロンド形式 ト長調 2/2拍子

ただし、モーツァルトは自作の目録にもう1楽章の「メヌエットとトリオ」(おそらくもともと第2楽章)を含めた5楽章として記載しており、後に失われたと見られる。

演奏[編集]

弦楽合奏、あるいは弦楽四重奏コントラバスを加えた弦楽五重奏で演奏される。 楽譜どおり全部正確に繰り返すと20分近くかかる。

アイネ・クライネ・ナハトムジークを原曲としたポップスなど[編集]

サンプル[編集]

参考文献[編集]