アキバ系アイドル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
アキバ系アイドル
基本情報
職種 アイドル
業種 芸能人
詳細情報
適性能力 ダンス
就業分野 芸能界
関連職業 歌手タレント
テンプレートを表示

アキバ系アイドル(アキバけいアイドル)とは、狭義には「秋葉原」を活動の中心とした女性アイドルを指す言葉。広くは単にイメージからアキバ系と呼ばれるケースも少なくない。また地下アイドルと同義に使われることもある。

定義[編集]

狭義:秋葉原を中心に活動するアイドル[編集]

主に地上波の歌番組やドラマなどの出演をとおして全国的な知名度を持つアイドルに対し、秋葉原を中心にライブハウス、店舗イベント(インストア・ライブと呼ばれる)、路上ライブ撮影会などの活動を行うアイドルのことを指す。

秋葉原という街の性質上、美少女アニメ・ゲームといった萌え要素を意識したアイドルも多く見られる。近年はネットテレビなどにも活動の機会を見出している。アキバ系アイドルは物販で自らCD、DVD(その多くはインディーズレーベルであったり、手作りのCD-Rであったりする)、グッズを直接ファンに売ったり、イベントでファンとコミュニケーションを取るなど、メジャーアイドルにはない親近感を与えている。

アキバ系アイドルの活動形態の始まりは、1991年に九十九電機東宝芸能に所属しているアイドル女優の越智静香を広告に起用し、当時のツクモパソコン本店地下にて同アイドルのイベントを開催するなど、1990年代前半にもその原型を見ることができる。秋葉原にコミュニティFM局を作り、そのDJに若い女性タレントを起用したのも1990年代である。この頃はまだ特性や文化的な志向を同じくする者たちを“〜系”と呼ぶことは一般的ではなく、“アキバ系”という言葉自体が社会的には存在しなかった[2]

1997年、桃井はるこヴァーチャルアイドルもあいはることして、ときめきメモリアルのコスプレにパワーグローブという出で立ちで秋葉原の路上でライブなどを行った。桃井は自身が秋葉原を愛するおたくであると公言し、おたく文化を肯定的に発信したため、オタク趣味を取り入れたアイドルの先駆けとなり、後に「元祖アキバ系アイドル」、「アキバの女王」などと言われるようになる[5]

2002年10月から2003年3月にかけて放送されたテレビ東京の深夜番組『秋葉な連中』で、森由理香、宇佐美なな原田明絵(後にアイドルユニットMUH〜を結成)、きこうでんみさ葉里真央などが登場するが、当時はまだこの番組でも「アキバ系」という言葉は使われていない。2004年から2005年頃にメディア等で使われ始めており、『電車男』の映画化やドラマ化も相俟って「アキバ系」という言葉は一般に定着した。またこの頃から「アキバ系のアイドル」という意味で「アキバ系アイドル」という表記も見られるようになった(後述)。

なお2005年に起きた秋葉原ブームに乗って大手事務所などに所属するアイドルもアキバ系アイドルのスタイルを取り入れることがあり、例えばAKB48は当初秋葉原を拠点として「会いに行けるアイドル」というキャッチフレーズで活動し[6]、インディーズ時代のPerfumeは秋葉原で路上ライブを行うなどしていた[7]

広義:アキバ系の人々に人気のあるアイドル[編集]

「アキバ系」という言葉が定着して以降は、秋葉原での活動に限定せず、アキバ系の人々を対象に活動を行うアイドル、自身がアキバ系に該当するアイドル、アキバ系から連想される活動を行っているアイドルを指すこともある[8]

例えば、

以上のようなアイドルもアキバ系のアイドルとされることがある。

また、知名度が高く幅広いファン層を持つアイドルであっても、アキバ系とされる[10]

アキバ系アイドルとされる人物・グループ[編集]

Category:アキバ系アイドルを参照。

関連項目[編集]

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 難波功士 「「族」から「系」へ」 『関西学院大学社会学部紀要』98号 2005年
  2. ^ 外資系”・“理系・文系”といった特定の単語はあったものの、それまで“暴走族”・“おたく族”などと“〜族”と呼ばれていた趣味・容装・志向を同じくする者たちが“〜系”と呼ばれ始めるのは1990年に入ってからで、もっとも早く一般化した“渋谷系”の媒体登場が1993年、その翌年にストリート系・古着系などと若者向けの容装志向の区分として“〜系”が次々と現れ始め、その辺りから急速に〜系という括りで表現することが流行り始めた[1]。その流れで、『月刊アクロス』1996年10月号には「アキバ系」が紹介されているものの、一般化するにはほど遠く、1999年頃にGON!の記事「秋葉原ストリートニュース」が、秋葉原に集う者達の容装や嗜好を半ば揶揄するような形で取り上げたが、“ヴィジュアル系”・“脱・本気系”などの言葉を用いているものの、その際はまだ“アキバ・ニューキッズ”、“アキバ流”などの表現で、“アキバ系”との表記は特に行われていない。容装類型としての“アキバ系”が確立したのは1999年創刊のmen's eggで、文化属性としてアキバ系が一般に用いられるのはそれから更に遅れることになる。
  3. ^ “黒歴史”ではなくなっていた!? やしきたかじんが抱えた『ガンダム』への葛藤(2/2)|おたぽる
  4. ^ 千葉麗子が先例として挙げられるぐらいである
  5. ^ 当時はオタクを十把一絡げに見た社会の根強い蔑視や偏見があり、また既存の芸能界ではアニメソングや声優は劣った仕事と見られていた[3]。加えて当時秋葉原で勢いのあったパソコン関連や、その後主流になるアニメ・ゲームは男性主体の趣味で、女性、中でもアイドルがそれを前面に出すのはごく例外的なことだった[4]
  6. ^ 2010年代はメディアへの露出が主流となっている。
  7. ^ 桃井はるこがサウンドプロデュース。
  8. ^ 「広義において、秋葉原を活動拠点とする層を欠かせない購買層と見据え、好意的なプロモーション戦略を展開するバーチャアイドル、グラビアアイドル、ハロプロ系アイドルほかをさす場合もあるが、狭義においては、メイド服などのコスプレを売りにするアイドルをさす。ネットを積極的に駆使するネットアイドルとイコールに解釈されることもある。いずれにしても、収入の大半をアイドルのために惜しげもなく支出するアキバ系のオタク層は、マーケットとして巨大で魅力的と位置づける発信側も増えつつある。」 『現代用語の基礎知識2007』 自由国民社 2006年11月2日 ISBN 978-4426101251
  9. ^ 知名度の低い頃は実際に秋葉原で販促イベントを行っていた。
  10. ^ 2007年12月31日に放送された第58回NHK紅白歌合戦では、AKB48中川翔子リア・ディゾンが1つの枠で初出場を果たしたが、この枠はマスメディアによって「アキバ枠」と呼ばれていた。

参考文献[編集]

  • アキバ系アイドルあるある制作委員会 『アキバ系アイドルあるある』 白夜書房 2012年12月17日 ISBN 978-4861919503
  • 北川昌弘 『山口百恵→AKB48 ア・イ・ド・ル論』 宝島社 2013年8月24日 ISBN 978-4800213990 pp.169-186