アギーレ/神の怒り

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
アギーレ/神の怒り
Aguirre, der Zorn Gottes
監督 ヴェルナー・ヘルツォーク
脚本 ヴェルナー・ヘルツォーク
製作 ヴェルナー・ヘルツォーク
ハンス・プレッシャー
出演者 クラウス・キンスキー
音楽 ポポル・ヴー
撮影 トーマス・マウホ
編集 ベアーテ・マインカ=イェリングハウス
製作会社 ヴェルナー・ヘルツォーク・フィルムプロダクション
配給 西ドイツの旗 Filmverlag der Autoren
日本の旗 大映インターナショナル[1]
公開 西ドイツの旗 1972年12月29日
日本の旗 1983年2月26日
上映時間 93分
製作国 西ドイツの旗 西ドイツ
言語 ドイツ語
製作費 $370,000[2]
テンプレートを表示

アギーレ/神の怒り』(アギーレかみのいかり、: Aguirre, der Zorn Gottes: Aguirre, the Wrath of God)は、1972年西ドイツ映画。監督はヴェルナー・ヘルツォーク。 2005年にタイム誌が選ぶ歴代映画ベスト100に選出された[3]

ストーリー[編集]

1560年、キトからアンデスの山に向かっていたスペインの探検隊はゴンサロ・ピサロによる指揮のもと、伝説の都市エル・ドラドを発見しようとしていた。

キャスト[編集]

  • ロペ・デ・アギーレ英語版 - クラウス・キンスキー: 分遣隊の副隊長。
  • イネス・デ・アティエンサ - ヘレナ・ロホ: 分遣隊長ウルスアの愛人。
  • ガスパール・デ・カルバハル英語版 - デル・ネグロ: 分遣隊に随行した修道士。
  • ペドロ・デ・ウルスア英語版 - ルイ・グエッラ: 分遣隊長。
  • フェルナンド・デ・グスマン - ペーター・ベルリング: スペイン王家を代表して分遣隊に加えられた貴族。
  • フローレス - セシリア・リヴェーラ: アギーレの娘。15歳。

スタッフ[編集]

  • 監督・脚本:ヴェルナー・ヘルツォーク
  • 制作主任:ヴァルター・ザクサー、ルッキー・シュティペティク
  • 撮影:トーマス・マウホ
  • 音楽:ポポル・ヴー
  • 編集:ベアーテ・マインカ=イェリングハウス
  • 録音:ヘルベルト・ブラッシュ

影響[編集]

  • 日本の映画作品『アギ 鬼神の怒り』(1984年、監督:早川光)は本作のオマージュである[4]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 映画 アギーレ/神の怒り”. allcinema. 2013年7月23日閲覧。
  2. ^ Aguirre, der Zorn Gottes (1972) - Box office / business” (英語). IMDb. 2013年7月23日閲覧。
  3. ^ Aguirre: The Wrath of God (1972) ALL-TIME 100 Movies ※この企画は名作映画を100本選ぶ趣旨なのでランキング付けはされていない。
  4. ^ 石井博士ほか 『日本特撮・幻想映画全集』 勁文社、1997年、294頁。ISBN 4766927060。