アストラハン・ハン国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
アストラハン・ハン国
タタール語: Xacitaxan Xanlığı
ノガイ語: Хаҗитархан Ханлыгы
ジョチ・ウルス 1466年 - 1556年 ロシア・ツァーリ国
アストラハンの位置
アストラハン・ハン国
公用語 タタール語ノガイ語
首都 アストラハン
ハーン
1466 - 1490 カシム1世
1554 - 1556 デルヴィシュ
変遷
建国 1466
モスクワ大公国への併呑 1556

アストラハン・ハン国は、15世紀から16世紀にかけてヴォルガ川下流域、カスピ海北岸にあったトルコ(タタール)系アストラハン・タタール族英語版の国家。首都アストラハン

歴史[編集]

ヴォルガ川右岸は、中世からハッジ・タルカーン英語版Xacitarxan)またはアストラハン(Actarxan)と呼ばれていた。最古の記録は1333年である。13世紀から14世紀にはジョチ・ウルス(キプチャク・ハン国)の貿易と政治の中心地となった。

ジョチ・ウルス(キプチャク・ハン国)が弱体化した後、カザン・ハン国クリミア・ハン国などとともに独立。カシム・ハン(在位1466年 - 1490年)によって1466年ごろに建設された。その後を継いだ弟アブドゥル・カリム(在位1490年 - 1504年)のときに大きく発展。水陸の交通、交易の要衝として繁栄したが、クリミア・ハン国など周辺の諸国家から絶えず襲撃を受けた。

1552年にカザン・ハン国を征服したロシアイヴァン4世(雷帝)は、1554年、アストラハン・ハン国を従属国化する。君主デルヴィシュ・ハン英語版クリミア・ハン国と共にこの一帯からのロシア人駆逐を図ったが、イヴァン4世は1556年軍隊を送りアストラハン・ハン国をロシアに併合した。デルヴィシュ・ハンはアゾフの要塞に逃亡した。

歴代のハン[編集]

  • カシム1世(在位:1466年 - 1490年) ジュチ・ウルスのマフムード・ハンの子
  • アブドゥル・カリム(在位:1490年 - 1514年) カシムの弟
  • ジャーニー・ベク(在位:1514年 - 1521年、クリミアのハンとしての在位:1474年 - 1476年) カシムの子
  • フセイン(在位:1521年 - ?) ジュチ・ウルスのアフマド・ハン(マフムード・ハンの弟)の子
  • シェイフ・アフメド(在位:? - 1528年頃)
  • カシム2世(在位:? - 1532年) アフマド・ハンの子サイイド・アフマド・ハンの子
  • イスラーム1世ギレイロシア語版(在位:1531年 - 1532年、クリミアのハンとしての在位:1532年)) クリミアのメフメト1世ギレイ英語版の子
  • アククベク(在位:1532年 - 1533年) アフマド・ハンの子ムルタザ・ハンの子
  • アブドゥル・ラフマン(在位:1533年 - 1537年) アブドゥル・カリムの子
  • デルヴィシュ英語版(在位:1537年 - 1539年) アフマド・ハンの子シャイフ・アフマド・ハンの子シャイフ・ハイダルの子
  • アブドゥル・ラフマン(復位:1539年 - 1543年
  • アククベク(復位:1545年 - 1546年
  • ヤムグルチ(在位:1546年 - 1554年) アククベクの弟ベルディベクの子
  • デルヴィシュ(復位:1554年 - 1556年