アベラヒデノブ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
アベラ ヒデノブ
本名 阿部羅秀伸
生年月日 (1989-03-01) 1989年3月1日(28歳)
出生地 アメリカ合衆国の旗アメリカニューヨーク
身長 163cm
血液型 A型
職業 俳優映画監督
ジャンル 映画
活動期間 2012年 -
事務所 BABEL LABEL
チーズfilm

アベラ ヒデノブ1989年3月1日 - )は、日本俳優映画監督BABEL LABEL映像作家)、チーズfilm俳優)所属。アメリカニューヨーク出身。大阪府大阪市育ち。身長163cm。

来歴[編集]

アメリカニューヨーク生まれ。3歳の時に帰国、以来関西で育つ。 大阪芸術大学芸術学部映像学科卒業。2012年、卒業制作として製作した映画『死にたすぎるハダカ』が、同大学の学科賞を受賞。日本ポストプロダクション協会主催の「JPPA AWARDS2012」の学生部門の映像技術にて奨励賞を受賞。カナダモントリオールで開催のファンタジア国際映画祭に入賞する。 同年、映像メディアに特化したディレクター集団「BABEL LABEL」に参加。監督として映像制作を続けるほか、チーズfilmに所属し、俳優・音楽活動など、ジャンルにこだわらず幅広く活動している。

出演[編集]

映画[編集]

テレビ[編集]

舞台[編集]

  • 川辺市子のために(2015年8月27日-8月30日、チーズtheater公演)[25]
  • 川辺市子のために・再演(2016年1月13日-1月17日、チーズtheater公演)[26]
  • THE VOICE(2017年4月13日-4月16日、チーズtheater公演)

DVD[編集]

  • 超高速!ホットパンツロード(2015年2月27日発売・オルスタックソフト販売、夏目太一朗監督)
  • 美女捨山(2017年2月3日発売・ニューセレクト、竹重洋平監督)[27]

その他[編集]

主な監督作品[編集]

映画[編集]

  • 死にたすぎるハダカ(2012年) - 監督・脚本・編集・主演
  • 欲求不満おんせん♨(2012年) - 監督・脚本・編集・主演
  • 死んだ魚のような目をした魚のような生き方はしない(2013年3月9日) - 監督・脚本・編集[28]
  • 食いしん坊ちちぶ(2013年11月30日) - 監督・脚本・編集・出演
  • 解禁記念日(2014年) - 監督・脚本・編集・出演
  • ピンク・ライト・ヨコハマ(2014年) - 監督・脚本・編集・出演
  • めちゃくちゃなステップで(2014年11月14日) - 監督・脚本・編集[29][30][注釈 2]
  • ブーケなんていらない!(2015年) - 監督・脚本[31]
  • 過ぎ去りし、我々。(2015年) - 監督・脚本・編集
  • なんか、もういい(2015年7月5日) - 監督[32][注釈 3]
  • ふしだらな町で、(2016年) - 監督・脚本・撮影
  • 鼓動×∞(2017年1月28日) - 監督[20][21][22][注釈 1]

CM[編集]

『CMリベンジマッチ』篇
『恋の予感』篇
刃牙』篇
ハリガネサービス』篇
弱虫ペダル』篇

MV[編集]

  • フレデリック『アウトサイドの海』
  • 怒髪天『喰うために働いて 生きるために唄え!(クッキングver)』
  • Heartbeat『酔いちくれDISCO feat.餓鬼レンジャー』

その他[編集]

受賞歴[編集]

  • 2012年
『死にたすぎるハダカ』
ファンタジア国際映画祭 - 長編コンペティション部門入賞
福井映画祭2012 - グランプリ(観客賞)
JPPA AWARDS2012 - 奨励賞(学生部門映像技術)[33]
『欲求不満おんせん♨』
第二回池袋映画祭 - グランプリ(観客賞)
『大童貞の大冒険』
第13回TAMA NEW WAVE - ゲストコメンテーター男優賞[34]
  • 2013年
『死んだ魚のような目をした魚のような生き方はしない』
横濱HAPPY MUS!C映画祭 - コンペティション長編部門優秀作品[35]
  • 2014年
『めちゃくちゃなステップで』
Short Short Film Festival2014&Asia - UULAアワードグランプリ[36]

脚注[編集]

  1. ^ あの娘はサブカルチャーが好き【クレジット】”. allcinema. 2017年3月15日閲覧。
  2. ^ あの娘はサブカルチャーが好き キャスト”. MovieWalker. 2017年3月15日閲覧。
  3. ^ あの娘はサブカルチャーが好き キャスト”. KINENOTE. 2017年3月15日閲覧。
  4. ^ ある戦士たちの放課後|and pictures 出演”. 株式会社and pictures. 2017年3月17日閲覧。
  5. ^ 眠れる美女の限界【クレジット】”. allcinema. 2017年3月15日閲覧。
  6. ^ 眠れる美女の限界 キャスト”. 映画.com. 2017年3月15日閲覧。
  7. ^ 眠れる美女の限界 THE LIMIT OF SLEEPING BEAUTY キャスト”. KINENOTE. 2017年3月15日閲覧。
  8. ^ 大童貞の大冒険【クレジット】”. allcinema. 2017年3月15日閲覧。
  9. ^ 大童貞の大冒険 キャスト”. 映画.com. 2017年3月15日閲覧。
  10. ^ 大童貞の大冒険 ADVENTURE of a CHERRYBOY キャスト”. MovieWalker. 2017年3月15日閲覧。
  11. ^ 大童貞の大冒険 ADVENTURE ofa CHERRYBOY キャスト”. KINENOTE. 2017年3月15日閲覧。
  12. ^ SLUM-POLIS【クレジット】”. allcinema. 2017年3月15日閲覧。
  13. ^ SLUM-POLIS キャスト”. 映画.com. 2017年3月15日閲覧。
  14. ^ SLUM-POLIS キャスト”. MovieWalker. 2017年3月15日閲覧。
  15. ^ SLUM-POLIS キャスト”. KINENOTE. 2017年3月15日閲覧。
  16. ^ 7s [セブンス【クレジット】]”. allcinema. 2017年3月15日閲覧。
  17. ^ 7s セブンス キャスト”. 映画.com. 2017年3月15日閲覧。
  18. ^ 7s /セブンス キャスト”. MovieWalker. 2017年3月15日閲覧。
  19. ^ 7s セブンス キャスト”. KINENOTE. 2017年3月15日閲覧。
  20. ^ a b Short Trial Project”. 映画.com. 2017年3月15日閲覧。
  21. ^ a b SHORT TRIAL PROJECT ショート トライアル プロジェクト 2016”. MovieWalker. 2017年3月15日閲覧。
  22. ^ a b SHORT TRIAL PROJECT ショート トライアル プロジェクト 2016”. KINENOTE. 2017年3月15日閲覧。
  23. ^ 神さまの轍 check point of the life キャスト”. 映画.com. 2017年3月15日閲覧。
  24. ^ 神さまの轍(わだち) checkpoint of the life キャスト”. KINENOTE. 2017年3月15日閲覧。
  25. ^ チーズfilmプロデュース チーズtheater旗揚げ公演 川辺市子のために 出演”. ★CoRich舞台芸術!. 2017年3月16日閲覧。
  26. ^ 再演川辺市子のために 出演”. CoRich舞台芸術!. 2017年3月16日閲覧。
  27. ^ アルバトロスフィルム「美女捨山」”. ニューセレクト株式会社. 2017年3月17日閲覧。
  28. ^ 死んだ魚のような目をした魚のような生き方はしない スタッフ”. KINENOTE. 2017年3月15日閲覧。
  29. ^ Short Trial Project 2013【クレジット】”. allcinema. 2017年3月15日閲覧。
  30. ^ めちゃくちゃなステップで スタッフ”. KINENOTE. 2017年3月15日閲覧。
  31. ^ ブーケなんていらない!【クレジット】”. allcinema. 2017年3月15日閲覧。
  32. ^ THE DIRECTORS FILE 2015 『なんか、もういい』 スタッフ”. KINENOTE. 2017年4月1日閲覧。
  33. ^ 第16回 JPPA AWARDS 2012 学生部門入賞作品一覧表”. 一般社団法人日本ポストプロダクション協会. 2017年3月16日閲覧。
  34. ^ 第13回TAMA NEW WAVE受賞結果”. 第22回映画祭TAMA CINEMA FORUM. 2017年3月15日閲覧。
  35. ^ コンペティション作品”. 横濱HAPPY MUS!C映画祭. 2017年3月15日閲覧。
  36. ^ Short Shorts Film Festival & Asia 2014 ミュージックShort部門 UULAアワード”. ショートショートフィルムフェスティバル&アジア|国際短編映画祭. 2017年3月17日閲覧。

注釈[編集]

  1. ^ a b 若手映画監督と新たな役者の発掘を目指した短編集を、日替わりで上映する「SHORT TRIAL PROJECT(ショートトライアルプロジェクト)2016」の一作品として上映。
  2. ^ 「SHORT TRIAL PROJECT(ショートトライアルプロジェクト)2013」の一作品として上映。
  3. ^ 短編作品を集めたオムニバス「THE DIRECTORS FILE 2015」Bプログラムの一篇として上映。

関連項目[編集]