アレクサンドル・ディチャーチン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
オリンピック
男子 体操競技
1980 個人総合
1980 つり輪
1980 団体総合
1976 つり輪
1976 団体総合
1980 鉄棒
1980 平行棒
1980 あん馬
1980 跳馬
1980 ゆか

アレクサンドル・ディチャーチン(英:Aleksandr Nikolayevich Dityatin、露:Александр Николаевич Дитятин、1957年8月7日 - )は旧ソ連レニングラード出身の体操選手。

1976年モントリオールオリンピックに出場し、団体戦、種目別・つり輪でそれぞれ銀メダルを獲得した。1979年の世界選手権(フォートワース)で個人総合で金メダルを獲得して頭角を現し、1980年モスクワオリンピックで五輪史上ただ一人、男子体操の実施8種目全てでのメダル獲得を達成した。ライバルと見られた日本の選手が不参加であったため、その点を考慮して評価すべきという意見が現在もある[要出典]

2004年に国際体操殿堂入り。

先代:
1978年
ニコライ・アンドリアノフ
世界体操競技選手権
男子個人総合優勝

1979年
次代:
1981年
ユリ・コロレフ