アンティオキア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

アンティオキアギリシア語: Αντιόχεια)は、セレウコス朝セレウコス1世が父アンティオコスを記念して建設し、各地に存続したギリシア語の都市名。シリアのアンティオキアが有名。『口語訳聖書』や『新改訳聖書』ではアンテオケと表記する。

シリアのアンティオキアは、古代の西シリア、オロンテス(現アシ川)河畔に建設された都市。ヘレニズム時代のセレウコス朝シリア王国の首都ローマ時代のシリア属州の州都として栄えた。シルクロードの出発点として知られる。一般に用いられる「アンティオキア」はヘレニズム時代以降のギリシャ語発音で、古典ギリシャ語読みの「アンティオケイア」が用いられることもある。ローマ時代はAntiochiaアンティオキーアと呼ばれた。なお現代音では「アンディオヒア」という表記が近い。

シリアのアンティオキアの歴史[編集]

1世紀から6世紀のローマ帝国支配下のアンティオキア。平地には大きな市街地が広がり、西にはオロンテス川が、東にはシルピウス山があり難攻不落を誇った
アンティオキアからハルキスへ続くローマ街道

セレウコス朝シリア王セレウコス1世ニカノルが、父アンティオコスを記念して建てた16の都市のうちの1つ。イプソスの戦いに勝利した後の紀元前300年に開基された。アンティオキアはセレウコス朝の首都となり、最も栄えたヘレニズム都市となった。セレウコス朝がローマに滅ぼされた後も、ローマアレクサンドリアに次ぐローマ帝国第三の都市として栄えた。

初期キリスト教の時代には、パウロの異邦人[1]布教の拠点となった都市であり、キリスト教がギリシア文化の影響を受けて発展した地でもある。『使徒言行録』によればキリスト者(クリスチャン)という呼称はこの地で初めて用いられたとされる[2]。また現代の研究者によれば『マタイによる福音書』の成立地として有力視される[3]

後にキリスト教がローマ帝国に公認されるようになって以降は、アンティオキアローマコンスタンティノポリスアレクサンドリアエルサレムと並ぶ五大総主教座の一つとなり、シリア地域の政治・経済・宗教・文化の中心地として栄えた。現在も東方教会にはアンティオキア正教会やアンティオキア総主教庁の名称を持つ教会が複数あるが、実際の活動はシリアダマスコスや他の都市に移されている。

526年5月29日の大地震で壊滅的な打撃を受け25-30万人にも上る犠牲者を出した。その後再建はなされたもののかつての偉容は甦らず、サーサーン朝ペルシアに度々攻撃されるなどしたために衰退がはじまった。7世紀に東ローマ帝国イスラム帝国に敗れてシリアを喪失した後には、アンティオキア周辺は両帝国の争奪の前線となり荒廃し、アンティオキアは北シリアの地方都市となった。

969年に東ローマ帝国が奪還するが、1084年に再びムスリムの王朝セルジューク朝に征服された。1096年に派遣された第1回十字軍は半年以上にわたったアンティオキア攻囲戦でアンティオキアを征服しこの地にアンティオキア公国を建設するが、1268年マムルーク朝に奪われた。

1516年、オスマン帝国がマムルーク朝を滅ぼしてこの町を征服すると、オスマン帝国アレッポ州の一地方都市となった。第一次世界大戦フランス委任統治領シリアに編入されたが、トルコ系住民がシリアからの分離運動を起こし、1939年トルコ共和国に編入された。

現在はトルコのハタイ県の県庁所在地であり、アンタキヤと呼ばれる。

脚注[編集]

  1. ^ ユダヤ人以外のこと。加藤隆『『新約聖書』の誕生』講談社講談社選書メチエ、1999年、40頁参照。
  2. ^ 使徒言行録』11章26節。
  3. ^ 秋元徹「マタイによる福音書」『キリスト教大事典』改訂新版、教文館、1968年、1017頁。

関連項目[編集]