ツイートする Facebook にシェア

UKポンド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内, 検索

UKポンドpound)は、イギリス通貨。通貨単位としてのポンドエジプトなどでも用いられているが、単にポンドというと通常イギリスのポンドのことを示す。通貨記号は £ が最も日常的に使用されている。ポンドスターリングpound sterling)ともいい、STGと略記する。国際通貨コード(ISO 4217)は、GBP

目次

概要

補助単位はペニー(penny 複数形ペンス pence)で、1971年より1ポンドは100ペンスである(下記「過去のポンド参照」)。

USドルが世界的に決済通貨として使われるようになる以前は、大英帝国の経済力を背景に、国際的な決済通貨として使われた。イギリスの欧州連合加盟に伴い、ヨーロッパ共通通貨であるユーロにイギリスが参加するかどうかが焦点となったが、イギリス国内に反対が多く、通貨統合は見送られた。

現在は変動相場制を採用している。

なお2007年1月下旬に1UKポンドが日本24140銭だったが、2007年3月2日には226円95銭と1ポンドあたり約14円も下落しているように、為替変動の幅の大きい通貨である。2007年6月は約240円~246円で推移し、7月に入ってからは一時251円に達した。その後サブプライムローンショックによる影響も大きく、徐々に下落して2008年3月17日には192円台を記録。ポンド安が落ち着いた所へ9月からの世界同時金融危機により徐々に大きく落ち込み、2008年10月に一時138円台にまで落ち込んだ。さらに2009年1月23日 (GMT) には1995年4月の史上最安値を14年ぶりに更新し、初めて118円台に突入。18ヶ月でポンド/円レートが133円、半値以下まで下落した事になる。

発券銀行

イングランド銀行が発券するポンド通貨は、イングランド及びウェールズにおける法定通貨である。ただし、スコットランドの商業銀行であるスコットランド銀行ロイヤルバンク・オブ・スコットランド、クライズデール銀行も歴史的に発券を認められており、法定通貨ではないがスコットランドでも流通を承認されている。また北アイルランドのアイルランド銀行などの商業銀行も発券しており、事実上、連合王国を構成する4王国の全領域で通用する。さらにマン島チャンネル諸島ジブラルタルフォークランド諸島でも独自にポンド通貨を発券している。これらはイングランドやウェールズでは法定通貨とは認められないが、非合法なものではない。

為替レート

対ドル 対円
対ドル
対円

ニューヨーク連邦準備銀行Foreign Exchange Rates Historical Searchを元にしました。

現在のUKポンドの為替レート
Yahoo!ファイナンスで計算: 豪ドル 加ドル 瑞フラン ユーロ 香港ドル 日本円 米ドル
Googleで計算: 豪ドル 加ドル 瑞フラン ユーロ 香港ドル 日本円 米ドル
サーチナで見る推移: 日本円 人民元 香港ドル 台湾ドル 米ドル ユーロ

紙幣

イングランド銀行の発券する紙幣は、現在1、2ポンドが硬貨として発行されているので、市中に流通しているのは5ポンド、10ポンド、20ポンド、50ポンドの4種類だけである。すべて国家元首エリザベス女王が表面に印刷されている。

現在の紙幣は2005年7月に発行された「シリーズE」。裏面に歴史上の人物が描かれている。

  • 5ポンド(ターコイズ・ブルー): エリザベス・フライ(Elizabeth Fry、監獄改革を行った社会活動家)、囚人に朗読をする光景
  • 10ポンド(橙): チャールズ・ダーウィン(Charles Darwin、進化論を提唱した自然科学者)、ハチドリと花と拡大鏡、ビーグル号
  • 20ポンド(紫): エドワード・エルガー(Edward Elgar、作曲家)、彼にとってゆかりの深いウースター大聖堂 (Worcester Cathedral) 2007年から発行された「シリーズF」ではアダム・スミス
  • 50ポンド(赤): ジョン・フーブロン(John Houblon、イングランド銀行創始者・初代総裁)、スレッドニードル街(Threadneedle Street、現イングランド銀行所在地)の彼の邸宅

高額紙幣として、市中には流通しないが銀行内のみで使用される100万ポンド紙幣もある。 (参考: イングランド銀行[1]

硬貨

王立造幣局(Royal Mint)にて発行されている硬貨は、1ペニー、2ペンス、5ペンス、10ペンス、20ペンス、50ペンス、1ポンド、2ポンドの8種類である。 2008年より2ポンド硬貨を除いた7種類を統合的にデザインしたものに一括変更する旨が発表され、2008年夏から順次流通する。英国の紋章を各硬貨ごとに分けて描き、それを並べると一枚の画像となるようにデザインされている。1ポンドコインにはその全体像が描かれる。

裏面のデザインは硬貨毎に違っており、2007年までの発行分は下記の通り。

  • 1ペニー(表面: 、内部: ): 城門落とし格子紋章
  • 2ペンス(表面: 銅、内部: 鉄): プリンス・オブ・ウェールズの羽根徽章
  • 5ペンス(白銅貨): アザミ冠紋章(スコットランドの国花)
  • 10ペンス(白銅貨): 冠を頂くライオン(このライオンはイングランド王家の紋章 (Crest) である)
  • 20ペンス(白銅貨): 珍しい七角形硬貨。冠を頂くテューダー・ローズ(テューダー朝バラ)。
  • 50ペンス(白銅貨): 珍しい七角形硬貨。ブリタニア大英帝国を象徴する女神)とライオン。
  • 1ポンド(ニッケル黄銅貨): 発行年ごとにデザインは変更され、連合王国の紋章と、イングランドスコットランドウェールズ北アイルランドをそれぞれ代表する意匠が順に使われてきた。(例)国花=イングランドのバラ、スコットランドのアザミ、ウェールズのリーク、北アイルランドの麻。王家の紋章=イングランドの「三頭のライオン」、スコットランドのライオン、ウェールズのドラゴン、北アイルランドのケルト十字。2004~2007年はこの4カ国の橋が使われた。
  • 2ポンド(内側: 白銅、外側: ニッケル黄銅貨): 1997年に登場した最も新しい硬貨で、縁にはアイザック・ニュートンの言葉「巨人達の肩の上に立って (STANDING ON THE SHOULDERS OF GIANTS)」と刻印されている。また毎年その年の記念行事などを描いた記念デザインのものが発行されて通常版と同様に一般に流通する。

すべての硬貨の表面には国家元首エリザベス女王と称号のラテン語訳、『神の恩寵による女王、信仰の守護者、エリザベス二世』(DEI.GRA.REG. FID.DEF 又は D.G.R F.D. 正確なラテン語は Dei Gratia Regina Fidei Defensor)と刻印されている。

なお、この他に旧通貨システムによるクラウン硬貨やソブリン金貨、それにマンデーマネーと呼ばれる、1ペニーから4ペンスまでの4枚硬貨セットが発行される場合があるが、いずれも流通用ではなく、コレクター向けのアイテムである。また、デシマル制度実施直後には1/2ペニーの小さな銅貨(裏は王冠)も流通していた。

過去のポンド

従来は1ポンド=20シリング=240ペンスであったが、計算上混乱するため、1971年2月13日に1ポンド=100ペンスに切り替えられた。イギリスとアイルランドで通貨補助単位の変更を行ったこの日を「デシマル・デー」(Decimal Day, 十進法の日)と呼んでいる。

古い補助貨幣はこのほか、クラウン (crown)、フローリン (florin)、グロート (groat)、ギニー (guinea)がある。1クラウン=5シリング、1フローリン=2シリング、1グロート=4ペンス、1ギニー=21シリングに相当した。イギリスでは、1817年ソブリン金貨が本位金貨として鋳造され、この金貨を1ポンドに流通させ、自由鋳造、自由融解を認める唯一の無制限法貨としたが、ギニー金貨も引き続き流通することになり、この時価値が21シリングと定められた。因みに1ポンドは20シリングであった。第一次世界大戦後にアメリカドルに取って代わられるまで、世界で最も信用の高い通貨であった。

通貨名は、大昔、重量1トロイポンドの銀から240枚の1ペニー貨が作られたことに由来する。

ポンドを表す記号は £ であり、これは1ポンドをリブラと言ったことに由来する。

スターリングシルバーという言葉が使われるが、これはイギリスの銀貨と同じ品位の銀(銀含有量92.5%)を表す言葉である。

関連項目


過去1時間の間にもっとも読まれた記事
奥貫薫 泉澤祐希 眞相はかうだ 中森明菜 放学 峯岸みなみ 槙野智章 村田充 菊川怜 田村正和 亀山千広 星野源 みきママ (藤原 美樹) 成宮寛貴 竹原ピストル 草なぎ剛 夏目三久 小林麻央 西山丈也 坂口杏里
gooウェブ検索 急上昇ランキング (総合)
「イギリスポンド」のQ&A
1  イギリスポンドはスコットランドで使えますか?
2  イギリスポンドの今後は?
3  イギリス ポンドの両替
モバイル版goo wikipedia提供中!
↓↓↓下記QRコードからアクセス↓↓↓
モバイル版goo wikipedia QRコード
Wikipedia記事検索について