インパルス (お笑いコンビ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
インパルス
IMPULSE
メンバー 板倉俊之
堤下敦
結成年 1998年
事務所 よしもとクリエイティブ・エージェンシー
活動時期 1999年 -
出身 NSC東京校4期
出会い NSC
旧コンビ名 プラス2トン(堤下)
ゼナイル(板倉)
現在の活動状況 テレビ・ライブなど
芸種 コント漫才
ネタ作成者 板倉俊之
過去の代表番組 みちのくインパルス
はねるのトびら
インパルスのガッチャガッチャなど
同期 ロバート
森三中
椿鬼奴など
受賞歴
2009年 キングオブコント 4位
2011年 キングオブコント 4位
テンプレートを表示

インパルスは、吉本興業東京本社(東京吉本、厳密には子会社のよしもとクリエイティブ・エージェンシー)所属お笑いコンビ。コンビ名の由来は、1998年のコンビ結成当時に堤下が乗っていたオートバイスズキ・GSX400インパルス)の名前から。

メンバー[編集]

板倉俊之(いたくら としゆき、1978年1月30日 - )

兵庫県宝塚市生まれ、埼玉県志木市育ち。血液型B型、身長168cm、体重48kg。ボケ(たまにツッコミ)担当。ピンでも活動。

堤下敦(つつみした あつし、1977年9月9日 - )

神奈川県横浜市出身。血液型B型(Rhマイナス)、身長174cm、体重98kg。ツッコミ(たまにボケ)担当。

略歴・概要[編集]

  • 東京NSCの4期生。1998年12月に「インパルス」を結成。同期にはロバート森三中などがいる。
  • お笑いブーム到来の数年前から活躍しており、2003年に『エンタの神様』に出演して頭角を現す。2005年にレギュラー番組『はねるのトびら』がゴールデン進出に成功して大人気を博したこともあって本格的にブレイク。現在では双方がピンで活躍することも多い。
  • コンビ揃って歌が上手く、『お笑い芸人歌がうまい王座決定戦スペシャル』では準決勝まで残ったことがある。
  • ウンナン極限ネタバトル! ザ・イロモネア 笑わせたら100万円』には番組初回(2005年1月3日)に出場し、初挑戦ながら見事チャレンジ成功を成し遂げ番組初の100万円獲得者となった。更に同年4月5日の放送回にも出場し、チャレンジ成功・100万円獲得を成し遂げ番組史上初の2連覇(2回連続100万円獲得)を達成した。なお、同番組内で2連覇を達成した事のある芸人は彼らと劇団ひとりアンガールズバナナマンの4組のみである[1]。その後もイロモネアには出場を重ねるもののしばらく不調が続き100万円獲得から遠ざかっていたが、2012年3月29日の放送内にて約7年振りにチャレンジ成功を果たし、通算3度目の100万円獲得を果たした。なお、同番組内で100万円を3度獲得している芸人は彼らを含め劇団ひとり、田中卓志(アンガールズ)、バナナマンの4組のみである。
  • キングオブコント2009では初の決勝進出。1stラウンドを6位で折り返すものの、2ndラウンドで代表作「乙女心を持った警官」を披露し、全体で2位の「868点」を獲得。結果は4位。2011年、決勝進出組に返り咲く。優勝候補の呼び声が高かったが4位に終わる。板倉は優勝したロバートについて「1本目の点数に本気でムカついた」とコメントし、笑いを誘った。また、多くの芸人が司会のダウンタウンから話を振られてしどろもどろになるなか、堤下は松本人志に「豚はどう思う?」と3度振られ、3度とも即座に的確なツッコみを返し笑いを誘った。
  • 上記のようにキングオブコントで2度決勝に進出しており、かつ2000年代前半には『エンタの神様』などのネタ番組でコントを多く披露している事から「コント師」の印象が強いが、漫才も行うことがあり、コント同様に実力も高い。
    • M-1グランプリには2002年・2003年に出場し、2年連続で準決勝進出を果たしている。
    • 爆笑オンエアバトル』でも2002年11月23日放送回に出場した際、漫才を披露(ネタは「携帯の会社を作る」)しており、465KBを獲得してトップ通過を果たしている。しかし、2003年3月1日放送回では同じく漫才を披露するも、結果は409KBながら6位でオフエアとなってしまった[2]。また、この負けが響いてしまい、インパルスは年間4勝(「チャンピオン大会」出場条件)目を獲得する事が出来ず、この年のチャンピオン大会に出場できなかった。この年のインパルスは敗退を喫するこの回まで3回連続でトップ通過を果たすなど(その内2回はオーバー500を記録)非常に好調であり、もしこの日オンエアされていたら合計KBは1892KBに達しており、チャンピオン大会に出場できる可能性は十分にあった。
  • 2003-2004年から始まったお笑いブームの波に乗ってブレイクしたが、テレビ朝日系列で放送されていた『笑いの金メダル』には一度も出演経験が無かった[3]
  • 2016年の2月末に一部週刊誌などで「解散目前」と報道されたが、その後の記者の取材に対しては板倉・堤下共々「解散はない」と完全に否定している[4]

芸風・主なネタ[編集]

  • 主にコントを行う。板倉が演じる奇妙なキャラクターに対して、普通の人役を演じる堤下がツッコミを入れるのが基本スタイルである。頻度は高くないが、漫才も行っており、コント同様に板倉が奇妙なキャラクターを演じるコント漫才のほか、普通の漫才も行っている。
ヨハン
板倉演じる「しみず かずたか」という人物が何かしらのトラブル(キセル乗り、立ちションなど)を引き起こし、そのことについて堤下(板倉の設定に応じて駅員や家の住人など)が質問していくが、それに対して板倉は、「名前は?」と聞かれたら「ヨハン・リーベルト」と答え、「年齢は?」と聞かれたら「私に年齢という概念はない」など、無茶苦茶な返答をし、堤下が机を叩いたり、犬が吠えたりすればキチンと答える、というパターンで繰り広げられるコント。
「ヨハン・リーベルト」とは板倉の愛読している漫画『MONSTER』の登場人物。
女心
板倉演じる何かしらの暗い過去を持った女性に、堤下が振り回されるというコント。板倉の職業はウエイトレスや保育園の園長などだが、場合によっては板倉はで警官だという設定もある。

出囃子[編集]

出演作品[編集]

個人単独での出演は各自項目を参照。

過去の出演[編集]

テレビ番組[編集]

インターネット番組[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

  • ほんとうにあった怖い話 怨霊(2004年)板倉:室田仁志 役、堤下:高橋智徳 役
  • 劇場版 テニスの王子様 二人のサムライ The First Game(2005年)声の出演、板倉:ジャン・ジャック・マルソー 役、堤下:アルベルト・シュバイツ 役
  • ブレイブ ストーリー(2006年)板倉:若い司教 役、堤下:犬ハイランダー 役[5]
  • 樹海のふたり(2013年)ダブル主演、板倉:竹内哲 役、堤下:阿部弘 役

ラジオ番組[編集]

CM[編集]

DVD・ビデオ[編集]

  • 「はねるのトびら」
  • 「はねるのトびらII」
  • 「はねるのトびらIII」
  • 「はねるのトびらIV」
  • 「おちゃらけソーセージ」(単独ライブ)
  • 「球根」(単独ライブ)
  • 「球根2」(単独ライブ)
  • 「非売よしもと本物流」レンタル専用。HMVでも販売あり。
    • 2005年7月号・赤版には板倉主演ショートムービー「THE ZOMBIE TEACHERRRR」
    • 2005年8月号・赤版には板倉監督・主演ショートムービー「囚人29号」を収録。
    • 2005年10月号・赤版「デブだらけの大運動会」
    • 2005年12月号・赤版「デブだらけの大忘年会」では板倉が司会・堤下が競技者
    • 2006年3月号・赤版「芸人の休日のススメ」板倉の部屋に芸人が集まり、板倉の考えた「芸人人生ゲーム」で盛り上がる。
    • 2006年6月号・青版「デブだらけの氷上運動会」
  • 「村雨〜むらさめ〜」(単独ライブ)
  • 「地下室」(単独ライブ)
  • 「丘の上の木下で」(単独ライブ)

写真集[編集]

単独ライブ[編集]

  • 2003年
    • 8月7日 - 「おちゃらけソーセージ」(ヤクルトホール/東京)
  • 2004年
    • 4月12日 - インパルスセレクションライブ「球根」(ルミネtheよしもと/東京)
  • 2006年
    • 6月19日 - インパルスセレクションライブ「球根Ⅱ」(シアターアプル/東京)
  • 2010年
    • 5月3日 - 4日 - 「村雨〜むらさめ〜」(紀伊国屋サザンシアター/東京)
  • 2011年
    • 5月3日 - 4日 - 「地下室」(紀伊国屋サザンシアター/東京)
  • 2012年
    • 8月8日 - 9日 - 「丘の上の木の下で」(俳優座劇場/東京)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 4組全員所属事務所が違う(インパルス=吉本興業、劇団ひとり=太田プロダクション、アンガールズ=ワタナベエンターテインメント、バナナマン=ホリプロコム)。
  2. ^ この日はこの年の通常回最後の放送であり、年間4勝を狙う芸人が多くひしめき合っていた事も原因だったと言える。現にこの日オンエアを獲得したアルファルファ江戸むらさきブラザースチュートリアルの4組は全員年間4勝を獲得しチャンピオン大会へと進出している(5位のチュートリアルは461KBであり、インパルスとはおよそ玉13個分もの差があった)。
  3. ^ ただし、レギュラー放送開始前の笑金の前身番組である『お笑いPRIDE!頂上決戦スペシャル』には出演しており、そこで優勝も果たしている。
  4. ^ 解散目前と噂 人気コンビ・インパルスのふたりに真相を直撃|週刊女性PRIME
  5. ^ ブレイブ ストーリー”. GONZO公式サイト. 2016年6月28日閲覧。

関連項目[編集]