イーちゃん

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
イーちゃん
本名 鬼塚 和未(おにづか かずみ)
生年月日 (1974-12-26) 1974年12月26日(42歳)
出身地 大阪府大阪市住之江区
血液型 A型
身長 165cm
コンビ名 マリア
相方 ゆみみ
芸風 コント漫才
立ち位置
事務所 サンミュージックプロダクション
活動時期 2001年5月 -
(※『マリア』としての活動は2009年4月から)
公式サイト マリア公式プロフィール

イーちゃん1974年12月26日 - )は、日本お笑いタレントであり、お笑いコンビマリアのメンバーある。本名、鬼塚 和未(おにづか かずみ)。

略歴・人物[編集]

  • 大阪府大阪市住之江区出身。
  • 身長165cm、公称スリーサイズはB83cm、W63cm、H88cm。
  • 元々お笑い志望だったが、中学生の時にお笑いで売れるのは難しいということを聞いて役者に転向。しかしその後再びお笑いの道に進む[1]
  • 劇団の養成所で、後にイー☆リャンの相方となる兼重泰子と数人とで、最初『劇団スポンヂ+ナスビ美人』を結成して活動、その後横田ナツコ、中野π子、キャロルと出会い、これに鬼塚(イーちゃん)、兼重を加えた5人組コント集団『ザ★ヨウコ』を結成して活動、この第1回公演を見に来ていたケーエープロダクションの社長に鬼塚、兼重の2人が誘われ、同事務所に入り、2001年5月よりコンビ『イー☆リャン』として活動を開始、ボケ役を務めた(なお『ザ★ヨウコ』はイー☆リャンの活動と並行して、不定期で活動)[2]。イー☆リャン時代はおかっぱ風の髪型をしていたこともあった。なお「イーちゃん」という芸名は、役者時代の先輩が当時の相方の兼重と名前を合わせ、中国語で『1、2』(イー = 1、リャン = 両(2))と番号付けするような形で、鬼塚を『鬼重イー』、兼重を『鬼重リャン』と呼んでいたことがあったことに由来する[1]
  • イー☆リャンは2003年2004年と2年連続でM-1グランプリ準決勝進出。翌2005年に上京し、オフィス北野に移籍。2008年12月22日12月23日に行われた『かわら長介プロデュース公演 牛馬頭(ごめず)のゲーム』(大田区民プラザ大ホール)がイー☆リャンとしての最後の活動となり、この日をもって解散。この後は『イー☆ちゃん(イーちゃん)』の名前で、マリア結成まではピン芸人として活動。解散後もしばらくオフィス北野に残っていたが、2009年5月31日を以って退社。その後しばらくはフリーで活動。
  • 2009年3月中は、松ぼっ栗(よしもとクリエイティブ・エージェンシー東京所属)の宮下沙千とのユニット「アップチェーン」で活動していたことがあった。
  • 2009年4月からは、ゆみみとコンビを組んでの活動を開始。当初コンビ名はイーちゃんが小雪、ゆみみが中谷美紀のそれぞれの物真似でネタを披露するということで付けられた『中谷小雪』で、2009年4月26日の『お笑い無法地帯』(東京都杉並区・杉並区産業商工会館)において初出演。同年6月からはコンビ名を「マリア」と改めた(2009年9月頃は「ビジンズ」というコンビ名でも活動)。同年10月からは、マリアでサンミュージックプロダクション所属となった。
  • 中学生時代からダウンタウンのファンであり、芸人として目標としていたという。ダウンタウンのラジオ番組をよく聴いており、その番組を録音したカセットテープを大量に保管している[1]
  • 漫画から知識を得ることが多いという[1]
  • に届くほど伸び易く、『笑う妖精』(テレビ朝日)の2010年6月12日深夜の放送では、舌で鼻の穴にを詰めてそれをまた舌で取るという特技を披露した[3]
  • 相方のゆみみや八幡カオルロリィタ族。ら女性芸人数名と、杉並区にて一軒家を借りて共同生活(シェアハウス)していた。この一軒家は、後述の動画配信でスタジオ代わりにしばしば使用された。
  • 映像制作を得意とする。研鑽とPRを兼ね、上記の自宅に若手芸人を集結させ「杉並区在住芸人の大喜利」を行う「杉並大喜利会」を、Ustreamにて配信している。またYoutubeでも「イーちゃんねる」と銘打ち、動画コンテンツ配信を行っている。
  • 2015年から中野区野方にて居酒屋の店長を務めている(副店長はデスペラード武井志門)[4][5]
  • ボートレース好きとしても知られる。好きな選手は深川真二峰竜太[6]瓜生正義[7]など。ボートレース多摩川の予想会にも出演[8]
  • 出演者が30歳代後半~40歳代の女性芸人限定のライブ『ババア流星群』を、鈴木奈都と共に主催している(第1回は2013年3月20日。この回は姉御ぉゆりかも主催者に名を連ねていた)[9]2016年2月12日放送の『ツギクルもん』(フジテレビ)では、この二人と八幡カオルあぁ〜しらきウメSatomi牧野ステテコとの7人ユニット「ババア流星群」として出演した。
  • 中学3年生の時に元・広島東洋カープ黒田博樹と同級生だったことを広島ホームテレビの『カープ道』(2017年1月1日・7日放送の「カープが優勝したのに声が掛からなかった芸人集合」)で語っている。

芸風[編集]

  • 朴訥とした口調が多いが、時々叫びをネタ中に入れることもある。
  • 『イー☆リャン』時代は、意味不明のような受け答えのネタも見られた。
  • ピン芸人時代には、ロシア帽をかぶったロシア人というキャラクターで、ブリッジとしてコサックダンスを踊るというネタがあった。
  • 小雪の物真似でネタを披露する時には「VIERAにリンク」という台詞をブリッジによく入れている。
  • 物真似ネタでは他に、『スター・ウォーズ』に出て来そうなある生物、萩原流行プーチンなどのネタを持っている。高須克弥(高須クリニック院長)[10]からは公認ももらい、マリアのスポンサーにもなっている[10]

出演[編集]

イー☆リャン#出演経歴マリア (お笑いコンビ)#出演の各節を参照。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d [1](2007年9月閲覧)より。
  2. ^ 『お笑いTYPHOON! JAPAN Vol.7』(エンターブレイン、2004年5月、84-85頁)
  3. ^ 価格.com『「笑う妖精」 2010年6月13日(日)放送内容』”. カカクコム (2010年6月13日). 2016年3月12日閲覧。
  4. ^ イーちゃん酒場♪”. satomiのブログ ~Let's do it !!~ 更新したり、しなかったり (2015年4月9日). 2016年10月6日閲覧。
  5. ^ ホシノユキtwitter 2015年6月23日(2016年10月6日閲覧)
  6. ^ マリアのイーちゃんtwitter 2016年3月17日(2016年10月6日閲覧)
  7. ^ 平和島競艇”. オフィシャルブログ「大好き日本」 (2013年10月21日). 2016年10月6日閲覧。
  8. ^ 多摩川に恋して#5を公開しました!!”. ボートレース多摩川 (2015年12月13日). 2016年10月6日閲覧。
  9. ^ ババア☆流星群 Vol.1”. ビエラにリンク!お~いお茶! (2013年3月20日). 2016年3月12日閲覧。
  10. ^ a b 高須克弥がコント初挑戦&お笑いコンビのスポンサーに!”. 週刊女性PREME (2015年10月23日). 2016年10月6日閲覧。