ウィルタ語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索
ウィルタ語
Uilta
話される国 ロシア
地域 サハリン州
民族 ウィルタ民族
話者数 50人 (2010年国勢調査)
言語系統
ツングース諸語
  • 南ツングース
    • ナナイ
      • ウィルタ語
表記体系 キリル文字
言語コード
ISO 639-1 なし
ISO 639-3 oaa
消滅危険度評価
Critically endangered (UNESCO)
Status-unesco-critically.svg
テンプレートを表示

ウィルタ語は、ツングース諸語に属するウィルタ民族の言語である。黒竜江中流に分布するオロチ語と類似する。現在話者数は減少し、消滅の危機にある(つまり消滅危機言語消滅寸前言語)。

特徴[編集]

日本語と同様の膠着語であるが、「の」にあたる助詞が2種類あり、譲渡可能な場合と不可能な場合に分かれる。例えば「私ノミ」という場合は譲渡可能で、「私シラミ」といった場合は譲渡不可能といった具合である。

歴史[編集]

  • 幕末ごろ - 南部のオロッコの言語について日本の最初の記録
  • 1917年 - 最初の文法書『オロッコ文典』(中目覚)刊行。当時の話者数は300~400人。
  • 1989年 - ウィルタの総人口190人、うちオロク語(ウィルタ語)を母語とする者85人。
  • 1993年 - サハリン州北方民族局長より北海道大学名誉教授池上二良へ書記法の制定への協力を依頼。
  • 1994年 - ウィルタ語書記法制定プロジェクトをロシア連邦アカデミーにより承認。池上の協力でサハリン州は教材の開発に乗り出す。
  • 2003年 - ウイルタ語・ロシア語-ロシア語・ウイルタ語辞書刊行。

関連書籍[編集]

  • 『ウイルタ語辞典』 池上二良/編 北海道大学図書刊行会 ISBN 4-8329-5821-6