オジンオズボーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
オジンオズボーン
メンバー 篠宮暁
高松新一
結成年 1999年
事務所 松竹芸能
活動時期 1999年 -
旧コンビ名 アクアシップ
現在の活動状況 テレビ・ライブなど
芸種 漫才コント
ネタ作成者 篠宮暁
過去の代表番組 爆笑オンエアバトル
オンバト+
痛快!エブリデイ
など
公式サイト 公式プロフィール
受賞歴
2002年「第32回NHK上方漫才コンテスト」優秀賞
テンプレートを表示

オジンオズボーン松竹芸能所属の漫才コンビ。 コンビ名は英国のロックアーティスト「オジー・オズボーン」をもじったものだが[1]、2人とも別にファンというわけではない[2]。略称は「オジン」、「オジオズ」。

メンバー[編集]

篠宮暁(しのみや あきら、1983年2月8日 - )ボケ・ネタ作り担当(コントではツッコミ)。


高松新一(たかまつ しんいち、1980年11月21日 - )ツッコミ担当(コントではボケ)。

  • 大阪府高槻市出身。血液型B型。大阪府立三島高等学校卒業。
  • お笑いを始めたきっかけは「小学生の時にクラスのお楽しみ会でコントをやり、それ以来はまった」から[1]
  • ゆずのファンで、舞台衣装にゆずのTシャツを着用している。
  • 2014年、入籍。妻帯者である。

芸風[編集]

主に漫才。ネタ(挨拶)が終わるとお互いに向かい合って一礼をする。

以前は篠宮がネタ中にラップを歌うネタなどをしていたが、2012年から篠宮がネタ中にダジャレを連発する芸風となった。

主なつかみに篠宮が「ここ(センターマイク)まで二歩、美保純」等があり、わざとすべるギャグを言い「どうも、すべりんぞうです」と挨拶するという流れの漫才[3]。中盤からは篠宮のダジャレボケに対して、高松がダジャレボケで返すというパターンもある。

略歴[編集]

  • 1999年結成。以来、大阪を拠点に活躍。当時のコンビ名は「篠宮高松」。
  • 2001年、若手お笑い芸人を紹介する深夜番組『BACK-UP!』(フジテレビ)に出演。篠宮が司会のおすぎピーコに気に入られるが、東京でブレークするには至らず。
  • 2002年「第32回NHK上方漫才コンテスト」優秀賞 受賞。
  • 2005年TBSテレビの『ゲンセキ』に出演、コント番組『10カラット』のレギュラーに選ばれる。
  • 2006年、TBSテレビのコント番組『10カラット』終了
  • 2008年、『爆笑オンエアバトル』の第10回チャンピオン大会で6位。また、この大会でゴールドバトラーに認定。
  • 2009年エンターブレインのDVD雑誌「ファミ通WaveDVD」のコーナー「アメリカザリガニのキカイノカラダ」にてコーナー乗っ取りを計画。MCのアメリカザリガニタイムクライシス4で対戦するも敗北。今後一切のエンターブレインへの出入り禁止を言い渡されてしまう。
  • 2011年1月、永沢たかし(磁石)が結成した、芸歴10年前後の吹きだまり芸人によるユニット「FKD48」に加入。高松がお笑い担当→千葉担当で担当カラーは黄色、篠宮が元気担当で担当カラーは黒となっている。
  • 2011年6月、この年開業した東京・松竹芸能新宿角座で単独ライブを行う。
  • 2012年THE MANZAIの認定漫才師に選ばれ、2回の本戦サーキットをそれぞれ2位・1位と記録し、予選順位を2位で決勝進出。
  • 2013年、篠宮が入籍。
  • 2013年のTHE MANZAIでは、ネタ終了後、岡村隆史から「オジンオズボーン、壊れました」と言われたが、ビートたけしからは「すごいねえ。もう計算通りだねえ。今のね。ネタフリからオチまで。見事に変えていって、見事につくったね、このネタ。」と高評価を受けた。審査では、同グループの千鳥に敗れる。
  • 2014年、高松が入籍。

出演[編集]

オジンオズボーンの出演作品を記載。個別での出演作品は篠宮暁の出演作品高松新一の出演作品を参照。

レギュラー番組[編集]

現在(テレビ)

ラジオ

その他の出演[編集]

特撮[編集]

DVD[編集]

  • 育ちざかりボーイ(2006年)
新宿SPACE107で行われた単独ライブ“ちはる”“育ちざかりボーイ”の2本から収録。
  • やんちゃ漫才(2008年)
  • 漫才する彦やる蔵 (2013年2/27発売)

その他[編集]

映画[編集]

インターネット[編集]

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 2003年9月3日 東京新聞夕刊・5面『Show笑劇人』より。
  2. ^ 二人とも洋楽及びハードロック、ヘヴィメタルには疎く、ファンどころかほとんどオジーを知らず、ほとんど楽曲を聴いたこともない。
  3. ^ 読売オンライン「ダジャレ漫才が人気 オジンオズボーン…アドリブで新鮮な笑い」