カズミファイブ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
坂上お忍び
(カズミファイブ)
生年月日 1973年11月12日
出身地 東京都世田谷区
血液型 O型
身長 175cm
師匠 ブッチャーブラザーズ
出身 スクールJCA3期生
コンビ名 スウィング1994年 - 2003年
芸風 漫談コント
事務所 サンミュージック → ライトハウス→フリー
活動時期 1994年(ピン芸人としては2003年から)
同期 アンタッチャブル豊本明長東京03
※スクールJCA同期生
過去の代表番組 あらびき団、エンタの天使、ペケポン、オンバト、人類滅亡と13のコント集
作品 「フレネミー」
親族 市川猿紫(歌舞伎役者)[1]

カズミファイブ1973年11月12日 - )は、日本お笑いタレント。本名、山田 和身(やまだ かずみ)。

2015年11月から坂上お忍び(さかがみおしのび)の芸名で活動。

東京都世田谷区出身。ライトハウス所属。身長175cm、体重74kg、血液型O型。

略歴・人物[編集]

世田谷区に生まれ、芸人として活動中。 年齢や生い立ちなどを芸歴の長さやボンボンネタとして披露し、笑いをとることも多い。

スクールJCA3期生出身。同期生だった中田喜之と、お笑いコンビスウィングを結成、サンミュージックに所属。ツッコミ役を務めた。スウィングは2003年に解散、以後はピン芸人として活動。ピン芸人としての芸名は、最初「カズミV(ファイブ)」だったが、後に現在の芸名となる。2008年5月10日にサンミュージックを退社、フリーとして活動した後、現在のライトハウスに所属となるが、現在はフリーランス。

2015年11月から芸名をカズミファイブからリスペクトを込め、「坂上お忍び」に変え活動[1]坂上忍本人から公認を頂いたエピソードなどもある[1]

子供の頃からヤクルトファンだが、オリックス選手の小谷野栄一のモノマネ “小谷野ええ位置”のモノマネも行う[1]

2013年ドラマ「フレネミー」に出演。共演者のEXILESHOKICHI&NAOTO三代目 J Soul Brothers山下健二郎とも交友関係を持つようになる[1]。わざわざ握手会へCDなどを購入して行く様な関係である[2]

芸風[編集]

漫談においてはタキシード、2013年からド派手なスーツを着て、お客に一回こびを売り、客を油断させてから怒鳴るような吠え口調で喋ることが多く、周りの芸人をネタにすることも多い。また、自分の芸歴の長さを自虐的なネタにすることもあり、客いじりをしたり、客に突っ込んだりすることもよくある。あくまでも″キレキャラ″でお客さんも納得してくれてる。。[要出典]

これまでのネタの中で、「お笑い予備校」のネタでは、鉢巻をした予備校の講師のキャラクターで、めくり芸で変なお笑いコンビの名前や芸人の芸名にツッコミを入れていくというネタを演じている。(おもしろお、金魚飲み太郎等)他には、黒塗りをしたダンサーのキャラクターに扮したものや、「芸能人検定」「ベシャリ寿司」「クレームおばちゃま」などのネタ、『ONE PIECE』のサンジ刑事コロンボに扮してネタを演じるものなどがあった。また「伝説のショートコント」と称して、ショートコントをするときもある。腰の低いような登場の仕方とつかみの喋りをして、天狗お面をかぶった途端に「本音」としてきついツッコミの喋りをするという漫談も行っている。ネタは100本以上あるが、本人曰く使えるネタは2本。[要出典]

2012年から一年間「3WAY」というミドル単独ライブを見た目が邦彦、よしえつねおなどと開催している。

年間200本のライブに出ておりネタ数は100本以上ある[3]

出演[編集]

テレビ[編集]

Web TV[編集]

DVD[編集]

  • 嗚呼、涙のハードコアお笑い劇場(ワイレア出版)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e 坂上お忍び プロフィール”. 坂上お忍びの“まじめいらね~よ”. 2016年1月31日閲覧。
  2. ^ 「握手会イェーイ」の巻”. 坂上お忍びの“まじめいらね~よ” (2014年5月23日). 2016年1月31日閲覧。
  3. ^ 「ぴっかり高木ナイト」出演者紹介だお(:_;)”. ぴっかり高木の「ふにゅ~(:_;)」でごめん(:_;) (2012年12月5日). 2016年1月31日閲覧。

関連項目[編集]