ガールパワー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

ガールパワー英語: Girl Power)とは、少女同士の結束、少女と若い女性の中の独立独歩の態度などを表す言葉。フェミニズムの一環としても使われる。

初期の使用と語源[編集]

「ガールパワー」という言葉の初期使用の1つに、ロンドンに拠点を置く女性グループに属する「ミント・ジュレップス(Mint Juleps)」が1987年に発表した「Girl of the Power of 6」という曲がある。

「ガールパワー」という言葉は後に、パンクバンドビキニ・キル英語版によって、1991年のフェミニスト・ファン雑誌のタイトルとして使われた。ボーカルのキャスリーン・ハンナ英語版は「ブラック・パワー」運動に触発されたと語っている[1]。この用語は1990年代前半と中頃のパンク・ロック文化で人気を博した。「ローリング・ストーン」は、スローガンに関連したファン雑誌と議題について書いている。「ビキニ・キルのファン雑誌は、彼らの音楽の外側と内側の若い女性のための議題を明記し、そのアイディアを実践した(皮肉なことに、ファン雑誌は後にイングランドのバブルガム・ポップバンド、スパイス・ガールズが選んだ「ガールパワー」スローガンを最初に作り出した)。ビキニ・キルはそのジャンルの特定の基準に対抗するために、パンクのアンダーグランドで評判を得た。例えば、女性が正面から押し出されず、女性にマイクを持ち、性的虐待について話すように呼びかけた。」[2]

この言葉は、最初はライオット・ガール英語版Riot grrrl)に関連付けて「grrrl power」と綴られることがあった[3][4]ウェールズのバンドヘレン・ラブ英語版[5]プラムステッド英語版のパンクディオシャンプーなどがいくつかのバンドが1990年代初期に曲名に「ガールパワー」を採用している[6]

スパイス・ガールズと学問[編集]

しかし、この言葉は1990年代半ばにイギリスの5人組ガール・グループスパイス・ガールズと共に主流となった[7][8][9]。大学教授のスーザン・ホプキンスは2002年に著書「Girl Heroes:Popular Culture」の中で、20世紀末の「ガールパワー」スパイス・ガールズと女性アクション・ヒーローの相関関係を示唆している[10]。スパイス・ガールズのメンバーであるジェリ・ハリウェルは、ガールパワーのイデオロギーの先駆者として、イギリス初の女性首相マーガレット・サッチャーを称賛している[11][12]

オックスフォード英語辞典[編集]

2001年オックスフォード英語辞典(OED)に「ガールパワー(girl power)」が追加された[13]。この言葉は次のように定義されている。

「パワーを行使する女の子、その様。野心、自己主張、個人主義に現れた少女と若い女性の自立的態度。より広範に(特にスローガンとして)使用されるが、この言葉は特にポピュラー音楽に繰り返し関連付けられる。最も注目すべきは1990年代半ばに、アメリカ合衆国で短期間で著名な「ライオット・ガール」運動が行われたことである(RIOT GIRLを参照)。1990年代後半にはイギリスの女性グループ、スパイス・ガールズと結びついた。」[14]

OEDはさらに、この用語の例として、雑誌「ドリームウォッチ英語版」2001年3月24日号におけるテレビシリーズ「ダークエンジェル」に関する記事「Angel Delight」を引用している。

1980年代サラ・コナー英語版エレン・リプリーの後、1990年代のスーパー・ウーマン・フォーマットはあまり親切ではなかった-ジーナを除いて。しかし、それは2000年前になって新しくなった。チャーリーズ・エンジェルグリーン・デスティニーが映画スクリーンで嵐を巻き起こしているが、ジェームズ・キャメロンは女性戦士をテレビのスクリーンに戻すことに成功した。そして、キャメロンは、彼のターミネーターエイリアン2のキャラクターの冷酷なフェミニズムを、ブリトニー・スピアーズのコンサートで性的に興奮したガールパワーと融合することによってそれを行ったと言える。その結果が、ダークエンジェルだ。」[15]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ “Kathleen Hanna on ‘Hit Reset,’ Her Recovery and Her Feminist Path”. ニューヨークタイムズ. (2016年7月12日). https://www.nytimes.com/2016/07/12/arts/music/kathleen-hanna-julie-ruin-hit-reset-interview.html?_r=0 
  2. ^ “Bikini Kill Bio”. ローリングストーン. (2017年). http://www.rollingstone.com/music/artists/bikini-kill/biography 
  3. ^ Gonick, Marnina (2008). “Girl Power”. Girl Culture. Westport, Conn. [u.a.]: Greenwood Press. pp. 310–314. ISBN 978-0-313-33909-7. https://books.google.com/books?id=arQy0v_PBx4C&lpg=PA311&ots=653MgneXMO&dq=Riot%20Grrrls%20grrl%20power&pg=PA311#v=onepage&q&f=false. 
  4. ^ Leonard, Marion (1997). “'Rebel Girl, You Are the Queen of My World': Feminism, 'Subculture' and Grrrl Power”. Sexing The Groove: Popular Music and Gender. London: Routledge. pp. 230–55. ISBN 978-0-415-14670-8. 
  5. ^ Helen Love - Gabba Gabba We Accept You”. Homepage.ntlworld.com. 2012年9月30日閲覧。
  6. ^ Shampoo - Interview by Alexander Laurence”. Free Williamsburg (2001年4月). 2012年9月30日閲覧。
  7. ^ From Title IX to Riot Grrrls”. Harvard Magazine (January–February 2008). 2012年9月30日閲覧。
  8. ^ Girl power | You've come a long way baby”. BBC News (1997年12月30日). 2012年9月30日閲覧。
  9. ^ Sarler, Carol (2006年7月21日). “Girl Power: how it betrayed us”. Daily Mail. 2012年9月30日閲覧。
  10. ^ Costi, Angela (2002年10月4日). “Super Slick Power Chicks: The New Force or Elaborate Parody?”. Senses of Cinema. 2012年9月30日閲覧。
  11. ^ Amanda Evans and Tara Brabazon, "I'll never be your woman: the Spice Girls and new flavours of feminism." Social Alternatives 17#2 (1998): 39.
  12. ^ Spice Girls: Too Hot to Handle”. Rolling Stone (1997年7月10日). 2017年3月7日閲覧。
  13. ^ Girl power goes mainstream”. BBC News (2002年1月17日). 2012年9月30日閲覧。
  14. ^ OED:Girl power”. Oxford English Dictionary. 2012年9月30日閲覧。
  15. ^ E y e s <-> <-> O n l y