キプチャク語群

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
キプチャク語群
北西テュルク語群
話される地域: ロシア南部、カザフスタンキルギス中国北西部など
言語系統: テュルク諸語
 キプチャク語群
下位言語:
キプチャク・ブルガール語群
キプチャク・クマン語群
キプチャク・ノガイ語群
キルギス・キプチャク語群
Map-Kypchak Language World.png

キプチャク語群(Kipchak languages)は、テュルク諸語キプチャクの一語群。リトアニアから中国にかけて広がり、2500万人以上に話される。

特徴[編集]

キプチャク語群は多くの共有特徴をもつ。いくつかは他のテュルク諸語と共通するが、キプチャク語群に独特のものもある。

他のテュルク諸語と共有の特徴[編集]

  • テュルク祖語の*d,tが/j/になる。 (例: *hadaq > ajaq "足")
  • 語頭の*h音が失われる。

独特の特徴[編集]

  • 円唇母音母音調和 (例: olor vs. olar "彼ら") [要出典]
  • 語頭の[*/j/]が頻繁に子音強化を起こす。(歯擦音のかたちで) (例: *[jetti] > [ʒetti] "7")
  • [*/ɡ/][*/b/]が音節末の二重母音になる (例: *[taɡ] > [taw] "山", *[sub] > [suw] "水")

分類[編集]

キプチャク語群は地理的、および共有特徴によって4語群に区分される。[1]

文献[編集]

  • Johanson, Lars and Csató, Éva Ágnes (1998). The Turkic Languages. London: Routledge. ISBN 0-415-08200-5.
  • Menges, Karl H. (1995). The Turkic Languages and Peoples (2nd ed.). Wiesbaden: Harrassowitz. ISBN 3-447-03533-1.

脚注[編集]

  1. ^ Nordhoff, Sebastian; Hammarström, Harald; Forkel, Robert; Haspelmath, Martin, eds. (2013). "Kipchak". Glottolog. Leipzig: Max Planck Institute for Evolutionary Anthropology.