キャッツ★アイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

キャッツ★アイは、1977年から一年近く活躍したトータルプロ所属の女性アイドルデュオ。メンバーは大谷親江(愛称・ノン)と山中奈奈(愛称・ナナ)の二人。

メンバー[編集]

身長・3サイズはそれぞれデビューシングル「アバンチュール」掲載プロフィールに基づく公式データによる。

ノン(大谷親江) 左側
  • 1958年2月21日生まれ。
  • 身長164cm、3サイズB85・W60・H89。
ナナ(山中奈奈) 右側
  • 1958年7月6日生まれ。
  • 身長161cm、3サイズB83・W60・H86。

来歴[編集]

1977年にテイチクレコード/ユニオンレーベルより「アバンチュール」でデビュー。オリコンチャートは第95位。ノンこと大谷親江はオーディションにより選ばれ、ナナこと山中奈奈は元ファッションモデルという経歴を持つ。キャッツ★アイというユニット名の由来はノンとナナの目が特徴的で猫目を連想させる事から命名された。

ピンク・レディー全盛期だった当時、ピンク・レディー人気をうけ次々とピンク・レディーのフォロワーがデビュー。彼女たちもまた、ピンク・レディーのフォロワーとしての位置付けをされる。ピンク・レディーが国民的アイドルとなった為にお色気を放棄せざるを得なくなり、ピンクレディーが放棄したお色気を結果的にはキャッツ★アイが引き継ぐ事となる。しかし、ピンク・レディーの健康的なお色気とは対照的にセックスアピールばかりが目立つ結果となった。

振り付けの際に下着が見えてしまう場面が多く(いわゆるパンチラ)このパンチラについて当時のインタビューで「人気を得る為に我慢する」とコメントしていた事から決してお色気路線を望んでいた訳ではなかった事がこのコメントで窺い知れる。こうしてお色気ばかりがクローズアップされがちではあったが楽曲に恵まれ、フォロワーアイドルとしては比較的善戦していた。

尚、表記は「キャッツアイ」ではなく「キャッツ★アイ」である。[1]

解散[編集]

ノンの突然の失踪により、キャッツ★アイは活動停止を余儀なくされる。 ノンの失踪後、留守を守るかのようにナナが孤軍奮闘するもついにノンが戻って来る事はなくキャッツ★アイは事実上の解散となる。 ナナだけが最後まで頑張ったが、解散後にソロでタレントに転向も鳴かず飛ばずのままひっそりと芸能界を引退する。

ノンの失踪については当時マスコミなどで交際男性と失踪後、実家に帰ってしまったと報じられている。 ナナはその後、家族で東京から母親・兄と仙台に転居。1983年11月に塩釜の男性と結婚している。 その後の経過はノンもナナも現在まで何も真相は明らかにされていない。

あの人は今!?」などで取り上げる事も殆どなく、ナナは結婚して塩釜在住、ノンは現在も消息不明である。

解散その後[編集]

キャッツ★アイの突然の解散により所属事務所が急遽、双子の女性デュオ「キューピット」をデビューさせる。

備考[編集]

  • 2003年にテイチクより「キャッツアイVSキューピット」が全曲デジタルリマスターされた完全版として発売。
  • 映画『多羅尾伴内』(1978年・東映)に本人役(キャッツアイ役)として出演し、劇中で「導火線」を披露。
  • 日本テレビ系列の演芸番組「やじうま寄席」の末期にレギュラー出演、ワンコーナー「やじうま演芸」の冒頭で「導火線」を歌っていた。
  • ビートルズの「A Hard Day's Night」「Can't Buy Me Love」、映画「シャレード」の主題歌の計3曲の未発表トラックが発見されている。恐らくアルバム用に収録されたものと思われる。権利関係等の事由でCD化は困難である。
  • 2015年5月31日放送のNHKアーカイブス「復活!歌のグランドショー」(1977年放送)で、「めっきり冷たくなりました」が、初放送から38年ぶりに放送された。

ディスコグラフィー[編集]

シングル[編集]

  1. アバンチュール (1977年5月25日)  
    (c/w)  鏡よ鏡  
  2. めっきり冷たくなりました (1977年9月25日)  
    (c/w) 夢みるナイチンゲール  
  3. 導火線 (1978年1月25日)  
    (c/w) 大地震  
  4. ジャンヌ・ダルク (1978年5月25日)  
    (c/w) アンコール・アンコール  

アルバム[編集]

キャッツ★アイ ファースト(1978年5月25日)
(アルバム用収録曲)
・独占!私のアラジン
・ウィークポイント
  ・ダンシングクイーン
・キャプテン・ハニー

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ シングル「アバンチュール」のジャケット等では キャッツ・アイ とされているが、以後リリースされたレコードでは「・」が「★」に変わっている。