キララとウララ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

キララとウララは、日本の女性アイドルデュオ。1984年8月1日、シングル「センチ・メタル・ボーイ」でデビュー。

メンバー[編集]

1966年8月24日(50歳) - 千葉県出身。身長159cm、B82W58H85、体重45kg(1984年時点)。血液型はO型。
解散後は小室哲哉の最初の妻となったが、離婚(双方の間に子はない)。離婚後はペットビジネスへ参入。特に犬専用の服のプロデュース・製造・販売では日本ではトップクラスの実績を収めている。実弟も大谷健吾の名で音楽活動歴がある。
  • ウララ - 天野なぎさ(あまの なぎさ)
1966年9月29日(50歳) - 千葉県出身。身長156cm、B83W60H85、体重48kg(同上)。血液型はA型。
解散後はシンガーソングライター天野歩美(あまの あゆみ)としてソロデビューしている。

人物[編集]

レコードデビュー前は単に「香奈子&なぎさ」と名乗っていた。しかし、デビューする際に事務所の社長に芸名はどうすると尋ねられたところ、実は中学の時にすでに決めていたと、「キララとウララ」の名前を提案して採用されたという。芸名の由来は、中学の時に「星を見る会」という名の下で、学校で歌いながら星を観察していたところ、「ああ、キララって光ってる星がある」と冗談で言った。すると、その呼び名いいねということになり、「じゃあ、もうひとつの呼び名はウララってかんじじゃない」ということで「キララとウララ」になった。また、大谷の方がキラキラしているイメージがあったのでキララとなったとのこと[1]。1985年に3枚目となるシングルのラブ・アドベンチャーを発売した際には、キラウラと名乗っていた[2]

テクノ歌謡スタイル[3]で、テクノサウンドと派手な衣装が特徴[4]のアイドルデュオ。デビュー曲の「センチ・メタル・ボーイ」はしばしば「モールス信号のようなイントロを持つ」と表現される[4]。昨今では珍しくないインカムを付けて歌うスタイルは、1980年代半ばとしては目新しいものであった。腰のベルト・ポーチに収めた送信機に電波を送るテレビ放送用に開発されたソニー製のワイヤレスシステムは、送信可能距離が500メートル以上で当時の金額にして200万円かかったという[5]

約3年間の活動の後に解散[3]。その後、アルバムは中古市場で高値で取引されていたとされており[3]、約20年後の2007年に復刻版が発売されることとなった[3]

ディスコグラフィー[編集]

シングル[編集]

いずれもビクター音楽産業より発売。

アルバム[編集]

  • ダブル・ファンタジー(1985年4月21日)(2007年3月21日に復刻版が発売)

その他・参加作品[編集]

  • ザ・超女 スーパーギャル 音楽篇(1986年5月2日)- 3曲目「BINBO '86」、12曲目「Yenのイルミネーション」を歌っている。

テレビ出演[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「シュガー・アイドル・パッケージ」「ザ・シュガー」 考友社出版社、1984年12月号、38-40項
  2. ^ 「 名前も衣装も短~く変身」DUNK 集英社、1985年11月号、50頁
  3. ^ a b c d e テクノ歌謡アイドル“キララとウララ”の唯一作が復刻!細野晴臣、所ジョージら参加”. CDジャーナル (2007年1月24日). 2012年9月1日閲覧。
  4. ^ a b キララとウララ / ダブル・ファンタジー CDアルバム”. CDジャーナル. 2012年9月1日閲覧。
  5. ^ 「総額200万円!キララとウララを陰で支えるプロフェッショナル・メカ解剖」DUNK 集英社、1984年10月号、56頁