ギルザイ部族連合

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索

ギルザイ部族連合(ギルザイぶぞくれんごう、英語: Ghilzai)とは、パシュトゥーン人の部族連合の1つである。ガルジー部族連合ギルザイ族と表記する場合もある。

概要[編集]

ギルザイ部族連合はパシュトゥーン人の二大部族連合の1つである。アフガニスタンガズニー州を中心とする東アフガニスタンの部族で構成されている。ギルザイ部族連合は18世紀にホターキー朝を興した。もう1つの部族連合であるドゥッラーニー部族連合と比べて、部族数は2倍だと言う[1]

歴史[編集]

ホターキー朝[編集]

ギルザイ族は7世紀から10世紀ごろガズニーに居たトルコ系のハラジュ族と関係があり、パシュトゥーン人の源流とする説がある[2]。16世紀にパシュトゥーン人はスレイマン山脈からヘラートやカンダハール、カブールなどを通る幹線沿いに進出した。17世紀、ギルザイ族(部族連合)はカンダハールに居り、サファヴィー朝に従っていたが、シーア派への改宗を迫られた為に反旗を翻した。中心となったのはホターキー族のミール・ワイスで、1709年にホターキー朝を興した。1721年、ホターキー朝はサファヴィー朝の都エスファハーンを陥落させたが、ナーディル・シャーの反撃により1729年に倒された。1738年、カンダハールが陥落し、ギルザイ族は街を追われた[3]

部族[編集]

ブーラーン族[編集]

主にガズニーの北に住んでいる。

アフマドザイ氏族などが属する。アフマドザイ氏族はパクティヤー州ガルデーズやナンガルハール州ジャラーラーバードなどに在住し、インド貿易で財をなした富裕な一族である[1]アフガニスタン民主共和国最後の大統領のムハンマド・ナジーブッラームジャーヒディーンアフマド・シャー・アフマドザイアブドル・ハク、現在のアフガニスタン・イスラム共和国の大統領のアシュラフ・ガニーなど。
モコル(ムクル)に在住[1]
モコル(ムクル)在住[1]。アフガニスタン民主共和国の初代大統領のヌール・ムハンマド・タラキーなど。

トゥーラーン族[編集]

主にガズニーの南に住んでいる。

遊牧民(クーチー)であり、かつては国境を越えてインダス川まで遊牧していた[1]
  • ハローティー族(ハローティー・ガルジー族[1]
グマル川上流に在住[1]。アフガニスタン民主共和国の第2代大統領のハフィーズッラー・アミーンムジャーヒディーングルブッディーン・ヘクマティヤールなど。
18世紀にホターキー朝を作った一族[1]ターリバーンの最高指導者のムハンマド・オマルなど。モコル(ムクル)の南方[1]ザーブル州カラートの東に在住。
モコル(ムクル)の南方[1]のザーブル州カラートに住んでいる。カラーティー・ギルザイ砦(英語: Qalat I Ghilzai、別名カラーティー・トーヒー)が有名で[1]、16世紀にムガル帝国カラーティー・ギルザイ砦の戦いがあったと言う。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q ヴィレム・フォーヘルサング 『アフガニスタンの歴史と文化』 明石書店2005年、51-54頁。ISBN 978-4750320700。
  2. ^ 「アフガニスタンの歴史と文化」P286-287
  3. ^ 「アフガニスタンの歴史と文化」P339-350

関連項目[編集]