クラッシュギャルズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

クラッシュ・ギャルズ(Crush Gals)は、かつて存在した日本の女子プロレスラーのタッグチームの名称。

来歴[編集]

活動時期は全日本女子プロレスを中心に活躍した初期と、クラッシュ2000としてGAEA JAPANを中心に活躍した後期に二分される。

前期、後期ともに長与千種ライオネス飛鳥によるタッグチームである。初期活動期は、アイドルレスラーとして『炎の聖書』などのレコードをリリースするなど当時の女子プロレスにおいて絶大な人気を誇った。ダンプ松本クレーン・ユウ(ユウ引退後はブル中野)、阿部四郎らの「極悪同盟」と激しい抗争を繰り広げた。

クラッシュ・ギャルズ[編集]

タッグ結成のきっかけは、長与が先輩レスラーとの軋轢や、自身のファイトスタイルが受け入れられないことに失望し、引退するつもりでいた矢先、どうせ辞めるのならやりたいことをやって辞めようと考え、当時同じように悩んでいた飛鳥と意気投合し、1984年8月に飛鳥とクラッシュギャルズを結成したことによる。長与・飛鳥ともそれまではジャガー横田率いる「ダイナミック・ジャガーズ」の一員であった。それまでの女子プロレスに対して、男子プロレスのエッセンスを取り入れたファイトスタイルで、前田日明がクラッシャーとあだ名されていたことをうけて、「私たちはクラッシュ・ギャル(原文ママ)になる」と週刊プロレス誌上で宣言をした。当時のファイトスタイルは前田を意識したものであり、共同トレーニングや誌面対談もたびたび組まれていた。ふたりのトレーナーにはデイリースポーツの仲介で、極真会館空手家キックボクサー山崎照朝がつき、殴打技蹴り技を指導した。女子プロレスの新たな世界を作り出し、ベビーフェイスのタッグチームとして、ヒールの極悪同盟との抗争で女性ファンの人気を博し、ビューティ・ペア以来の大ブームを作り出すが、1989年に長与が引退し、1990年に飛鳥も引退したことにより、クラッシュギャルズは解散となる。

単独活動期[編集]

その後、長与が復帰したことで、同じく飛鳥も復帰。それぞれが違う団体で活動もしており、飛鳥もヒールに転向していたため、再結成の機会が中々訪れなかったが、10年後の1999年に飛鳥がGAEA JAPANのマットに登場したが、完全にヒール化していた飛鳥はGAEA JAPANの運営権その他を含む会社の全権利を賭けることを要求し、1999年4月4日、横浜文化体育館にて長与vs飛鳥10年ぶりの一騎討ちとなる。飛鳥の勝利によって団体の全権利を獲得した。

その後1999年9月15日、横浜文化体育館にて米国で肉体改造をした長与は飛鳥に勝利し、全権奪回に成功する。試合後、長与はクラッシュ・ギャルズ再結成を望んだが、これを飛鳥は拒否。

様々な抗争を繰り広げつつも、長与と飛鳥が握手するシーンやバラエティ番組で両者が再会し、歌を歌ったりしたが再結成には至らなかった。

クラッシュ2000[編集]

2000年5月14日、有明コロシアムにて開催されたGAEA JAPAN旗揚げ5周年大会にて、クラッシュ2000として遂に復活。チーム名はその前日『トゥナイト2』に出演した両者が成り行きで司会者から「クラッシュ2000というのはどうか」と聞かれ、「じゃあ、それで。」と決まった。2005年4月3日、横浜文化体育館にてクラッシュ2000ファイナルマッチ&ライオネス飛鳥引退試合により、クラッシュ2000を永久封印する。その一週間後、2005年4月10日、後楽園ホールで長与が引退と同時にGAEA JAPANを解散することとなる。

合体技[編集]

Wサソリ固め
初期の頃からの連携で、長与と飛鳥の2人が同時にサソリ固めを極める。
W正拳突き
初期の頃からの連携で、ロープに振った相手を長与と飛鳥が同時に相手の腹部めがけて正拳突きを食らわせる。
正拳突き&手刀
『炎の聖書(バイブル)』のジャケットにもなったポーズから、飛鳥は手刀、長与は正拳突きをロープに振った相手に食らわせる。全女後期からW正拳突きがメインになり、あまり使用しなくなった技。
サンドイッチ・ラリアット
ロープに振った相手を長与と飛鳥が相手の前方・後方から挟み込むようにして同時にラリアットを食らわせる連携技。
サンドイッチ・ニールキック
JBエンジェルズ結成時の山崎五紀立野記代とのタッグ戦において初披露した連携で、ロープに振った相手に前方、後方から長与と飛鳥がニールキックを同時に挟むようにして浴びせる技。サンドイッチ・ラリアットのように決め技にはならずにいつの間にか使用しなくなったクラッシュ幻のツープラトン
Wハワイアンスマッシャー
クラッシュ2000の初戦で初公開された連携で、デスバレーボムのように相手を肩に担いで相手の首を固定し、そこを中心に相手を横向きに90度旋回させスタナーを食らわせるハワイアンスマッシャーという技を、2人が同時に繰り出す。
オーバー・ザ・クラッシュ
クラッシュ2000の初戦のフィニッシュを飾った技で、飛鳥がパワーボムの体勢に相手を抱え、投げ捨てると同時にコーナーポストに上った長与が飛びつき式ネックブリーカーを食らわせながら相手をマットに叩きつける技。

ディスコグラフィ[編集]

シングル[編集]

  1. 炎の聖書(1984年8月21日)
  2. 嵐の伝説(1985年1月21日)
  3. 夢色戦士(1985年4月25日)
  4. 東京爆発娘!(1985年8月21日)
  5. 日本美人(Hey JAPANESE!)(1986年2月21日)
  6. イッキにRock'n Roll(1986年7月21日)
  7. サイコー!ワンダーランド(1988年8月10日)
  8. BEAT GOES ON(1988年12月16日)

アルバム[編集]

  1. SQUARE JUNGLE(1984年10月5日)
  2. 〜熱血の記録〜 ドキュメント!(1985年2月21日)
  3. HEALTHY(1985年9月5日)
  4. BEST OF CRUSHGALS CRUSH A GO GO!!(1985年11月21日)
  5. TWIN BEAT(1986年9月5日)
  6. FOREVER CRUSH GALS(1987年3月14日)
  7. メモリアル・コレクション〜クラッシュ・ザ・ベスト〜(1989年11月21日)

テレビ出演[編集]

クラッシュ・ギャルズ時代[編集]

他多数

クラッシュ2000時代[編集]

その後[編集]

  • 2009年7月9日の「NOSAWA BOM-BA-YE 5」(NOSAWA自主興行)では、クラッシュギャルズ結成25周年を記念し、長与みのる&ライオネス高山によるオマージュユニット「クラッシュ2009」が結成された。対戦相手もダンプ菊&ブル坂井による極悪同盟のオマージュで、レフェリーも阿部四郎が務めた(阿部はこの試合を最後にレフェリー引退)。
  • プロレスリングWAVEでは、渋谷シュウチェリーのタッグチームとしてクラッシュ・ギャルズを捩った「クラシック・ギャルズ」が活動しており、2人が揃って入場時に着用するTシャツには長与の直筆サインが入れられている[1]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Sunday WAVE vol.18 株式会社ZABUN・プロレスリングWAVE 2014年6月23日閲覧