ツイートする Facebook にシェア

クレイグ・ダーデン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

クレイグ・ダーデンCraig Durden1972年4月21日 - )は、オーストラリアメルボルンを拠点に騎乗する障害競走専門の騎手である。オーストラリア国籍。

目次

来歴

1989年、10月にオーストラリアで騎手デビューし、以降障害競走で活躍する。

1994年、初来日を果たし、中央競馬初騎乗は4月30日東京競馬場で行われた障害4歳以上未勝利戦で7番人気のキープザトップに騎乗して6着だった。翌5月1日阪神競馬場で行われた障害4歳以上未勝利戦を4番人気のギャザウェイに騎乗して制し、来日2戦目で中央競馬初勝利を挙げた。その後1995年1996年にも来日しており、3年間で6戦3勝、3着1回という成績を残した。

2001年ペガサスジャンプステークスに出走するマールボロと共に5年ぶりに来日したが、同競走で1番人気ながら12着と大敗しそのまま帰国した。

2006年、マーロスと共に5年ぶりに来日し、ペガサスジャンプステークス9着を経て中山グランドジャンプで初騎乗したが12番人気で9着だった。この年はJ.J.ホウラーン障害チャンピオンシップシリーズ・騎手部門の初代優勝騎手になった。

主な騎乗馬

  • ジノラッド(2008年グランドアニュアルスティープルチェイス)

人物・エピソード

  • 中山グランドジャンプには3度騎乗しているが、2006年にマーロスで9着、2007年にパーソナルドラムと2009年にジノラッドでそれぞれ6着という成績を残している。

関連項目