コメディNo.1

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
コメディNo.1
メンバー 坂田利夫
前田五郎
結成年 1967年
解散年 2009年
事務所 吉本興業大阪本部
活動時期 1967年 - 2009年
芸種 漫才
テンプレートを表示

コメディNo.1(コメディナンバーワン)は、日本漫才コンビである。所属事務所吉本興業大阪本部。1967年から2009年まで活動した。略称はコメワン。コンビ名は吉本新喜劇の作家壇上茂が命名した。

プロフィール[編集]

  • 前田五郎(まえだ ごろう)
    • 本名:前田邦弘(まえだ くにひろ)
    • 生年月日:1942年4月8日
    • 出身地:大阪府大阪市

コンビ終盤は坂田の単独活動が多くなり、「コメディNo.1」としての活動は、なんばグランド花月など舞台での活動が中心となった。また2人はプライベートではほとんど付き合いがなかった。コンビ仲が悪い漫才コンビの代表的存在である。

2009年4月3日に起きた中田カウスへの脅迫状送付事件に前田が関与していたと一部で報道されたため、吉本興業は本人と相談の上で「世間を騒がせたため」という理由で5月25日よりタレント活動を休養させると発表した[1]。同年7月21日、この事件に関連して大阪府警南警察署より参考人として任意の事情聴取を受けたこともあり、コンビの存続が困難となり、同年8月31日をもってコメディNo.1は解散することが決定した[2][3]。その後、前田は吉本興業を解雇された。

受賞歴[編集]

過去の出演番組[編集]

  ジャンボマックスのような ぬいぐるみの「ジャンボ サカターン」が登場。

CM

  • 天遊(1974年)

アホの坂田[編集]

アホの坂田
コメディNo.1シングル
B面 ある恋の詩(うた)
リリース
規格 7インチシングル
ジャンル 歌謡曲コミックソング
レーベル テイチクレコード
作詞・作曲 作詞:竹本浩三
作・編曲:キダ・タロー
ゴールド等認定
  • テイチクレコード ヒット賞
テンプレートを表示
  • 1972年8月発売 テイチクレコード A-76
  • 作詞:竹本浩三、作・編曲:キダ・タロー
    • この曲のヒットの影響で坂田と言う苗字を持つ人が「アホの坂田」と呼ばれる社会現象を生んでしまい、放送を自粛されてレコードも廃盤になったと言ういわくつきの曲である(廃盤までに6万枚を売り上げ、テイチクレコードのヒット賞も受賞した)[4]。合唱コーラスによる「メキシカンハットダンス」ばりの壮大なマーチの部分が後年バラエティ番組での坂田の登場シーンで度々使用された。歌唱が前田で、セリフが坂田。B面は「ある恋の詩」。後にシングル盤をマスターにして「浪花のモーツァルト キダ・タローのすべて」に収録、後に廃盤になったが、「キダ・タローのほんまにすべて」が発売されて入手出来る。シングル盤からの収録の為、オリジナルマスターテープが償却若しくは消去された可能性が高い。

脚注[編集]

  1. ^ スポーツ報知 前田五郎休養…中田カウス脅迫事件関与報道受け
  2. ^ “漫才コンビ「コメディNo.1」8月末で解散”. 読売新聞. (2009年9月2日). http://www.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20090902-OYT1T00416.htm 2009年9月2日閲覧。 
  3. ^ “前田五郎は引退か「コメディNo.1」が解散”. スポーツニッポン. (2009年9月2日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2009/09/02/07.html 2009年9月2日閲覧。 
  4. ^ 「アホの坂田」バカ売れだったが1本の電話で…、2009年4月1日、スポーツニッポン。