コロムビア・トップ・ライト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
Camera-photo Upload.svg 画像提供依頼:顔写真の画像提供をお願いします。2014年9月

コロムビア・トップ・ライトは、かつて存在した日本漫才コンビ。青空一門の領袖。

メンバー[編集]

メンバー個人に関しては当該項目参照。

略歴[編集]

トップは戦時中加藤隼戦闘隊員で復員後抑留先で知り合った池田喜作と仲間の慰問も兼ねて漫才コンビを結成。戦後そのまま芸能界に入り、「青空トップ・ライト」と名乗る。1950年の池田の急逝後、声帯模写漫談家である鳥屋二郎を二代目ライトに迎え再結成。

1952年コロムビアレコードと専属契約を結んだのを機にコンビ名を「コロムビア・トップ・ライト」と改める。コロムビア専属歌手の専属司会者として、地方巡業などの舞台で「司会漫才」「立体(ステレオ)司会」のジャンルを確立。またニッポン放送の早朝番組『起き抜け漫才』で時事漫才のジャンルを確立し、以降社会風刺を利かせたネタで注目を得て、全盛期には「トップ・ライトがいなければ夜も昼も明けなかった」と言われる程、関東を中心に絶大な人気を呼んだ。1968年からは1974年まで「なつかしの歌声」の司会を務めた。この番組により、懐メロブームが起こったとも言われ、二人はその火付け役として名高い。

1974年トップは参院選に出馬し当選したのを機にコンビは解散。当初、当選後もコンビは続行する予定だったが、ライトが「これからは"コロムビア・ライト、トップ"と(表記)しなきゃ共に行動しない」と反発。その発言にトップが激怒し、解散の流れとなった。

その後はそれぞれ漫談家として活躍。コンビ仲の悪さ(漫才界でもトップクラスとして知られ、多くの逸話が遺されている)から再結成は絶望的と言われていたが、1982年に単発で再結成したのを機に、ライトが1991年に喉頭癌によって声帯摘出手術を行うまで、再びトップ・ライトとしての漫才を時折行うようになった。

ただし、それは関係者の尽力によってなされたものであり、二人の仲が改善した訳ではなく、その犬猿の仲ぶりは客席からも窺える凄まじいものであった。そのようなコンビであるため、私生活での交流は勿論無く(例外的にあゆみの箱はコンビ解散以後も共に役員として在籍、活動していた)、ライトの声帯摘出、トップの数度の癌手術・逝去が報道されても、お互いマスメディアへのコメントや献花などの行動は一切無かった。

2008年10月29日、東京漫才を顕彰する“東京漫才の殿堂”への殿堂入りが漫才協会によって発表された。

レコード[編集]

関連項目[編集]