コージー冨田

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
Camera-photo Upload.svg 画像提供依頼:人物の画像提供をお願いします。2015年12月
コージー冨田
「第39回東京2歳優駿牝馬」で表彰される阿部龍騎手と、プレゼンターのコージー冨田(2015年12月31日).JPG
コージー冨田(左側)
本名 冨田 弘司[1]
生年月日 (1967-02-24) 1967年2月24日(50歳)
出身地 豊田市
血液型 A型
身長 172cm[2]
方言 共通語
芸風 ものまね
事務所 トップ・カラー
活動時期 1995年 -
現在の代表番組 爆笑そっくりものまね紅白歌合戦スペシャル
ものまねバトル☆CLUB
週刊ことばマガジン
ものまね王座決定戦
過去の代表番組 ものまねバトル
メレンゲの気持ち
笑う子犬の生活
ものまねグランプリ
など
配偶者  既婚
公式サイト 公式プロフィール
受賞歴
1995年 発表!日本ものまね大賞優勝
2001年 ゴールデン・アロー賞芸能新人賞

コージー 冨田(コージー とみた、1967年2月24日[2][3] - )は、日本ものまねタレントコメディアンである。本名、冨田 弘司(とみた こうじ)[2]

神戸市生まれで、豊田市出身[2][3]トップ・カラー所属。「コージー田」は誤表記。

人物・来歴[編集]

高校卒業後、地元豊田市トヨタの下請け工場に就職し、5年間のサラリーマン時代を送る[1]。サラリーマンだった素人時代から本名の冨田弘司名義で『森田一義アワー 笑っていいとも!』『とんねるずの生でダラダラいかせて!!』などさまざまな番組に出演する[1]。冨田のタモリまねネタがまだ有名でなかった頃、『笑っていいとも!』でタモリの前でタモリの物真似を披露[4](同番組の企画「真夏のそっくり当てまショー」(1997年9月3日放送)でタモリのそっくりさんとして登場(夏休み期間に行われた企画のグランドチャンピオン大会で、第1回から第6回までの優勝者と新人4人が出場した。冨田は新人4人のうちのひとり)。[要出典]

第28回『発表!日本ものまね大賞』でグランプリを獲得後[1]本格的にプロ転向[5]タモリのものまねによって一躍有名になる[3]。2001年に第38回ゴールデン・アロー賞芸能新人賞を受賞[3][5]

桜塚やっくんとも親交があり、“スケバン恐子”は冨田が「目があゆに似てるね」と言ったことがきっかけだったことを、冨田自身が明かしている[6]

ものまね[編集]

タモリのものまねの第一人者で、「あれっ?髪切った?」、「んなぁーこたぁーない」というフレーズを用いる。「髪切った?」は「ものまねバトル」でヒロミからの振りに返した咄嗟の一言がはじまりだったことを自身のブログで明かしている[7]。初めてタモリと共演した時は松村邦洋松村雄基のモノマネで「イソップが死んだのは俺のせいだ」で、佐藤康恵は「松村邦洋のドスが効いてる」、東野幸治は松村邦洋のマネが上手いと評している。その他、島田紳助大橋巨泉板東英二桂歌丸笑福亭鶴瓶など多数のレパートリーを持つ[8][9][10]。「重箱の隅をつつくメドレー」と称する細かいものまねを得意としている[8]。音声をまねる声帯模写、外見をまねる形態模写に対し、自分のものまねは性格模写であると本人は語っている[1][5]

コージー名義となって以降はタモリとの公式な共演はない[4]

30歳からはスキンヘッドにしており、モノマネのネタに応じてその都度カツラを被り換える[1]

松村邦洋コロッケの完コピも披露しているが、逆にゆうぞうに自身の完コピをされており、ゆうぞうに潰しにかかりますと言ったが、ゆうぞうに潰しには負けませんと切り返されている。[要出典]

主なものまねのレパートリー[編集]

出演[編集]

TV[編集]

ドラマ[編集]

ラジオ[編集]

インターネット[編集]

  • 脳のアンチエイジング「クイズ2:1」(2006年1月 - 、OCN
  • 溜池Now(第27回、GyaO)「溜池なんでも鑑定団」

CM[編集]

CD[編集]

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]