サルバトーレ・ウルソー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
サルバトーレ・ウルソー
Salvatore Urso
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 フロリダ州タンパ
生年月日 (1972-01-19) 1972年1月19日(45歳)
身長
体重
5' 11" =約180.3 cm
193 lb =約87.5 kg
選手情報
投球・打席 左投右打
ポジション 投手
プロ入り 1990年 MLBドラフト36巡目
初出場 NPB / 2000年4月1日
最終出場 NPB / 2000年8月6日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

サルバトーレ・ウルソーSalvatore Jude Urso , 1972年1月19日 - )は、アメリカ合衆国フロリダ州[1]出身の元プロ野球選手投手)。アメリカ時代の登録名は、Sal Urso

来歴・人物[編集]

プラント高から1990年MLBドラフト36巡目でシアトル・マリナーズに入団。傘下のマイナーチームでプレー。

その後、ヤンキースレッドソックスのマイナーチームでプレーした。メジャー経験は無し。

2000年広島東洋カープに入団[1]オーバースローサイドスローから投げる変則投法で左の中継ぎとして期待されたが、安定した成績を残すことが出来ず1年で退団[1]

ウルソーの応援歌には顔文字が用いられており、また各節の冒頭をつなぎ合わせると2000年頭に解散したばかりの韓国の極貧球団「サンバンウル」になるとして静かなブームとなった。この応援歌は応援団の公式CD「広島東洋カープ選手別応援歌 2000」に嶋田トオルによって歌唱されたものが収録されており、歌詞カードには実際に顔文字が歌詞の一部として書き記されている。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2000 広島 29 0 0 0 0 0 0 1 -- .000 97 18.0 25 2 16 1 3 12 2 3 20 16 8.00 2.28
通算:1年 29 0 0 0 0 0 0 1 -- .000 97 18.0 25 2 16 1 3 12 2 3 20 16 8.00 2.28
  • 年度の太字はリーグ最高

記録[編集]

NPB
  • 初登板:2000年4月1日、対読売ジャイアンツ2回戦(東京ドーム)、6回裏に2番手で救援登板、1/3回無失点
  • 初奪三振:2000年4月2日、対読売ジャイアンツ3回戦(東京ドーム)、7回裏に松井秀喜から
  • 初セーブ:2000年4月21日、対読売ジャイアンツ4回戦(広島市民球場)、9回表2死に3番手で救援登板・完了、1/3回無失点

背番号[編集]

  • 45 (2000年)

脚注[編集]

  1. ^ a b c プロ野球人名事典 2003(2003年、日外アソシエーツ)、86ページ

関連項目[編集]