サルバドール・ダリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
サルバドール・ダリ
Salvador Dalí
Salvador Dalí 1939.jpg
サルバドール・ダリ(1939年11月29日
カール・ヴァン・ヴェクテン撮影
生誕 Salvador Domènec Felip Jacint Dalí i Domènech
1904年5月11日
スペインの旗 スペイン王国 ジローナ県フィゲーラス
死没 1989年1月23日(1989-01-23)(84歳)
スペインの旗 スペイン カタルーニャ州フィゲーラス
国籍 スペインの旗 スペイン
教育 王立サン・フェルナンド美術アカデミー
著名な実績 絵画デッサン写真彫刻作家
代表作 こちらを参照
運動・動向 キュビスムダダイスムシュルレアリスム
フィゲーラスのダリ劇場美術館

サルバドール・ダリSalvador Dalí カタルーニャ語: [səɫβəˈðo dəˈɫi] スペイン語: [salβaˈðoɾ ðaˈli]、ダリ・デ・プブル侯爵 Marqués de Dalí de Púboles)、1904年5月11日 - 1989年1月23日)は、スペインフィゲーラス出身の画家シュルレアリスムの代表的な作家として知られる。フルネームはカタルーニャ語サルバドー・ドメネク・ファリプ・ジャシン・ダリ・イ・ドメネクSalvador Domènec Felip Jacint Dalí i Domènech)。「天才」と自称して憚らず、数々の奇行や逸話が知られている。

生涯[編集]

ダリは1904年5月11日、スペインのカタルーニャ地方フィゲーラスで、裕福な公証人サルバドール・ダリ・イ・クシ (Salvador Dalí i Cusí)の息子として生まれた[1]。母親フェリパ(旧姓ドメネク・フェレス)も富裕な商家出身で、一族は自らをユダヤ系の血筋と信じている[2]。ダリには幼くして死んだ兄がいて、同じ「サルバドール」という名が付けられていた。このことは少年ダリに大きな心理的影響を与えた。

少年時代から絵画に興味を持ち、パブロ・ピカソの友人であった画家のラモン・ピショット(en:Ramon Pichot)から才能を認められた。1922年マドリードのサンフェルナンド美術学校に入学し、フェデリコ・ガルシーア・ロルカ(詩人)、ルイス・ブニュエル(映画監督)と知り合った。ブニュエルとは、1928年にシュルレアリスムの代表的映画『アンダルシアの犬』を共同制作した。

1925年、マドリードのダルマウ画廊で最初の個展を開いた[1]

1927年、パリに赴き、パブロ・ピカソトリスタン・ツァラポール・エリュアールルイ・アラゴンアンドレ・ブルトンら、シュルレアリスムの中心人物たちと面識を得た。

1929年夏、ポール・エリュアール[3]が妻とともにカダケスのダリを訪ねた。これが後にダリの妻となるガラ・エリュアールとの出会いであった。ダリとガラは強く惹かれ合い、1934年に結婚した。

王立サン・フェルナンド美術アカデミーの学生時代には、印象派キュビスムなどの影響も受けていたが、シュルレアリスムに自分の進む道を見出し、1929年に正式にシュルレアリスト・グループに参加した。ダリは1938年にグループから除名されたが、その理由はダリの「ファシスト的思想」が、アンドレ・ブルトンの逆鱗に触れたからであった。1939年にはブルトンはダリの作品が商業的になっていくのをからかって,"Avida Dollars"「ドルの亡者」というあだ名をダリに与えた。(これはSalvador Dalíのアナグラムであり,音声的にはフランス語"avide à dollars"「ドルをむさぼる」と同音である)。しかしダリの人気は非常に高かったため、グループを除名されたあとも国際シュールレアリスム展などには必ず招待された。

ダリは自分の制作方法を「偏執狂的批判的方法 (Paranoiac Critic)」と称し、写実的描法を用いながら、多重イメージなどを駆使して夢のような風景画を描いた。またヨハネス・フェルメールを高く評価しており、著書の中で、ほかの画家を採点したとき、フェルメールに最高点をつけている。「アトリエで仕事をするフェルメールを10分でも観察できるならこの右腕を切り落としてもいい」と述べたこともあった。第二次世界大戦後はカトリックに帰依し、ガラを聖母に見立てた宗教画を連作した。ガラはダリのミューズであり、支配者であり、またマネージャーであった。

第二次世界大戦中は戦禍を避けてアメリカ合衆国に移住したが、1948年にスペインに帰国。ポルト・リガト (en:Port Lligat)に居を定めて制作活動を行った。

1982年にガラが死去すると、「自分の人生の舵を失った」と激しく落ち込み、ジローナのプボル城に引きこもった。1983年5月を最後に絵画制作をやめている。

1984年には寝室でおきた火事でひどいやけどを負い、フィゲラスに移った。

1989年にフィゲラスのダリ劇場美術館(en:Dalí Theatre and Museum)に隣接するガラテアの塔で、心不全により死去。85歳没。

エピソード[編集]

ダリ(1965年)ペットのオセロット
ダリ(1972年)

ダリは、1936年に制作した『茹でた隠元豆のある柔らかい構造(内乱の予感)』がスペイン内戦を予言したと称し、「完全なダリ的予言の例」として文字通り自画自賛している。ほかにも自己顕示的で奇妙な言動は多く、講演会で潜水服を着て登壇したはいいが、酸素供給が上手くいかずに死にかけたことがある(1936年、ロンドン)。象に乗って凱旋門を訪れたり、また「リーゼントヘア」と称してフランスパンを頭に括りつけて取材陣の前に登場するなど、マスコミに多くのネタを提供した。しかし、こうした人気取りとも思える一連の行為は同時代の画家達の顰蹙も買った。また、パブロ・ピカソら同時代の芸術家たちからも大きな反感を買っていた独裁者フランシスコ・フランコ(ピカソには『フランコの夢と嘘』などの作品がある)を公然と支持するなど、政治的な意味での奇行もあった。

今日では、ダリの上向きにピンとはねたカイゼル髭と目を大きく見開いた顔は「アート」そのものとして認知されるほどの人気であり、スペインのシンクロナイズドスイミングチームが水着の柄に採用して競技会に出場したことがある。口ひげの形をどうやって維持しているのかと質問された際に「これは水あめで固めているのだよ」と答えたという。

ダリはペットとして「Babou」という名前のオセロットを飼っていたことがある。彼は旅に出るときもよくこのオセロットを連れて行った。このオセロットといっしょに撮ったポートレイトが何枚か残っている。

実際には、ダリは根っからの奇人というわけではなく、本当に親しい友人の前では非常に繊細で気の行き届いた常識人だったとされている。つまり彼のこうした「アート」は現実世界と対峙するためのよろいのような物であり、顕示される自己が必ずしもダリ本人そのものではないことは重要である。

自伝『わが秘められた生涯』には、若い頃、鉛筆と紙を買いに出たのに魚屋に行ってしまったとか、地下鉄の乗り方・降り方を知らず、友人が先に降りていってしまったとき泣き出してしまったとか、作品を持って移動する際、作品をひもで体にくくりつけていたといったエピソードが書かれている。

絵画だけではなく彫刻やオブジェなど、さまざまな作品を残した。2004年はダリの生誕100年に当たり、世界各地で展覧会が開かれた。ダリの描いたタロットカードが存在し、今も世界中で販売されている。

ダリは自作に対し、「ダリの作品は誰にもわからない。ダリにもわからない」とダジャレで述べている[4]

主な作品[編集]

  • 1926年 パン籠
  • 1929年 大自慰者 (El gran masturbador)
  • 1931年 記憶の固執(柔らかい時計)(La persistència de la memòria)
  • 1930年 不可視のライオン、馬、眠る女
  • 1933年 ミレーの≪晩鐘≫の古代学的回想
  • 1936年 燃えるキリン
  • 1936年 茹でた隠元豆のある柔らかい構造(内乱の予感)
  • 1936年 秋の人肉食[5]
  • 1937年 眠り (El somni)
  • 1937年 ナルシスの変貌
  • 1938年 果てしない謎 (L'enigme sense fi)
  • 1944年 目覚めの直前、柘榴のまわりを一匹の蜜蜂が飛んで生じた夢
  • 1945年 パン籠(恥辱よりは死を![6]
  • 1947年 ビキニの3つのスフィンクス[7]
  • 1950年 ポルト・リガトの聖母[8]
  • 1964年 蝶と葡萄の風景
  • 1965年 "ポップ、オップ、月並派、大いに結構"と題する作品の上に、反重力状態でいるダリを眺めるガラ、その画面には冬眠の隔世遺伝の状態にあるミレーの晩鐘の悩ましげな二人の人物が認められ、前方にひろがる空は、全宇宙の集中するペルピニャン駅のまさに中心で、突如としてマルトの巨大な十字架に変形するはずである
  • 1969年 チュッパチャプス(商品デザイン)
  • 1969 - 1979年 fr:Collection Clot(彫刻)
  • 1972年 ラ・トワール・ダリグラム(ファッションや革製品のデザイン画)
  • 1980年 宇宙象(彫刻)[9]
  • 1984年 時間のプロフィール(彫刻)

ギャラリー[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b Fundació Gala-Salvador Dalí. “Biographie de Dalí - Fundació Gala - Salvador Dalí”. 2013年12月24日閲覧。
  2. ^ The Shameful Life of Salvador Dali By IAN GIBSON
  3. ^ Paul Éluard born Eugène Émile Paul Grindel (14 December 1895 - 26 November 1952), was a French poet who was one of the founders of the surrealist movement Clara D. Lepore
  4. ^ 映画『ホドロフスキーのデューン』ダリの発言
  5. ^ About.com. “Salvador Dalí - Autumn Cannibalism, 1936”. 2013年12月24日閲覧。
  6. ^ Fundación Gala-Salvador Dalí. “Obras destacadas - Fundació Gala - Salvador Dalí”. 2013年12月24日閲覧。
  7. ^ 諸橋近代美術館. “ビキニの3つのスフィンクス|サルバドール・ダリ コレクション|諸橋近代美術館”. 2016年1月21日閲覧。
  8. ^ 福岡市美術館. “ポルト・リガトの聖母”. 2013年12月24日閲覧。
  9. ^ William Bennett Gallery. “William Bennett Gallery - Salvador Dali - L'Elephant Spatial”. 2013年12月24日閲覧。


関連書籍[編集]

  • Carré d'Art (Salvador Dali), Jean-Pierre Thiollet, Anagramme Ed., 2008. ISBN 978-2-35035-189-6
  • ロバート・ラドフォード(岡村多佳夫訳)『ダリ』岩波書店、2002年、ISBN 978-4-00-008930-2
  • サルヴァドール・ダリ(北山研二訳)『ダリはダリだ ダリ著作集』未知谷、2011年 ISBN 978-4896423266
  • 岡村多佳夫著 『ダリ 西洋美術の巨匠3』、小学館、2006年、ISBN 978-4-09-675103-9
  • 『ダリ回顧展 生誕100年記念』岡村多佳夫著・監修、朝日新聞社フジテレビジョン、2006年
  • 村松和明著『ダリをめぐる不思議な旅』ラピュータ、2010年、ISBN 978-4-947752-92-5
  • ロベール・デシャヌル/ジル・ネレ『ダリ全画集』、TASCHEN、ISBN 978-4-88783-354-8

関連項目[編集]