サンダー杉山

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
サンダー杉山
プロフィール
リングネーム サンダー杉山
トーキョー・ジョー
本名 杉山 恒治
身長 178cm
体重 125kg(全盛時)
誕生日 1940年7月23日
死亡日 (2002-11-22) 2002年11月22日(満62歳没)
出身地 新潟県糸魚川市
スポーツ歴 柔道
アマチュアレスリング
デビュー 1965年8月
引退 1981年
テンプレートを表示

サンダー杉山(サンダーすぎやま)のリングネームでの活躍で最も知られる杉山 恒治(すぎやま つねはる、1940年7月23日 - 2002年11月22日)は日本のプロレスラーである。新潟県糸魚川市出身。現役引退後はタレント活動の他、実業家としても成功していた。

明治大学農学部農業経済学科卒業。元IWA世界ヘビー級王者、元IWA世界タッグ王者。

来歴[編集]

愛知の名門校東海高校から同志社大学に入学し柔道部に所属していたが、1年の終わりに部を去る。他大学の柔道部にコーチ兼学部の特待生としてしばらく所属した後に、2年の進級時に明治大学農学部農業経済学科に編入学し、レスリング部に所属した。入部10日後に開催されたローマオリンピック最終予選でいきなり優勝を飾るが、経験不足を理由にオリンピック出場はならなかった。その後、ヘビー級の選手として全日本学生、全日本選手権を制覇し、1964年東京オリンピックに出場。翌1965年、レスリングのエリートとして日本プロレスに入団、同じくレスリング出身の斎藤昌典ラグビー出身の草津正武と共に「三羽烏」と称された。

1963年3月、明治大学農学部農業経済学科卒業、農学士。

1966年3月4日に本間和夫戦でプロレスデビューを果たしたが、新団体の国際プロレス旗揚げに参加するため、同年の夏にグレート草津と共に移籍。国際プロレス設立時の役員には父の正勝も名を連ねていた[1]。その後、海外武者修行のために渡米し、「トーキョー・ジョー」のリングネームでヒールとして北米を転戦。来日前のアブドーラ・ザ・ブッチャーともコンビを組み、親交を結んでいる。

帰国後の1968年2月14日、豊登のパートナーとなってファビュラス・カンガルーズアル・コステロ&ドン・ケント)を破り、TWWA世界タッグ王座を獲得[2][3]。以降、ビル・ロビンソン&トニー・チャールズジ・アウトロー&スカイ・ハイ・リージョージ・ゴーディエンコ&ジョン・ダ・シルバ、ジョージ・ゴーディエンコ&ピーター・メイビアなどのチームの挑戦を退けた[2][4]1970年2月3日には草津とのコンビでモンスター・ロシモフ&マイケル・ネイダーからIWA世界タッグ王座を奪取[5]。11月19日にラリー・ヘニング&ボブ・ウインダムに敗れるも、12月12日に草津とのコンビで王座奪回[5]。以降、草津の海外遠征に伴う返上まで4回防衛した[6]

1970年5月19日、日本人として初めて、リングアウト勝ちながらビル・ロビンソンを破り、IWA世界ヘビー級王座を獲得、第2代王者となる[7]。以降、1971年3月4日にビル・ミラーに敗れるまで、ドクター・デスエドワード・カーペンティアジャック・デ・ラサルテスブルー・デモン、ラリー・ヘニング、マッドドッグ・バションらを相手に防衛戦を行い[2]、国際プロレスの看板選手として活躍した。1971年4月20日には国際プロレス所属選手では2人目となる金網デスマッチに挑戦し(対ドクター・デス)[8]、同年9月23日にはラッシャー木村を新パートナーに、レッド・バスチェン&ビル・ハワードを破ってIWA世界タッグ王座を再度獲得[5]。以降、木村の海外遠征に伴う返上まで、ダニー・リンチ&バロン・フォン・ラシクジェリー・ブラウン&バディ・ロバーツダン・ミラー&カーティス・イヤウケア、モンスター・ロシモフ&イワン・バイテンなどを挑戦者チームに7回の防衛に成功した[6]

その間にも、『8時だョ!全員集合』など国際プロレス中継の放映局であったTBSの番組にゲスト出演した[9]

1972年9月20日に全日本プロレスに円満移籍する。入団直後のジャンボ鶴田は杉山に食事に頻繁に連れて行ってもらうなどよく可愛がられたと伝わる。[10]。しかし、扱いを巡ってジャイアント馬場社長と揉めて1976年3月末付で離脱、フリー宣言をする。1976年1977年に古巣の国際に特別参戦。1976年には上田馬之助と共闘し、同年7月7日に上田とのコンビでグレート草津&マイティ井上が保持するIWA世界タッグ王座に挑戦したが敗退[6]。1977年にはIWA世界タッグ王座争奪戦である「IWAワールド・タッグ・トーナメント」に剛竜馬と組んで出場したが2回戦敗退。1978年にはヒロ・マツダを総帥とする「狼軍団」の一員として新日本プロレスにも参戦し、プレ日本選手権に出場した[11]

フリー宣言後は『おはよう!こどもショー』に出演するなどタレント活動の後、名古屋で「サンダー杉山コーポレーション」(現在の「サンダー杉山ベンディングサービス」)を創立し、飲食業や自動販売機設置などの経営者として実業界でも大成功した。また全日本プロレスは名古屋興行の際に選手の宿舎として杉山経営のホテルを利用していた時期もあった。

しかし、現役時代から患っていた持病の糖尿病が悪化し、肝臓病胃癌も併発。入退院を繰り返すようになり、右手首と両足の切断にも追い込まれた。しかし病室からメールで業務指示を出し、ビジネスへの情熱は最後まで衰えることはなかった。2002年11月22日に入院中の病院で心不全により死去。享年62。

丸っこい体格から繰り出す雷電ドロップの印象が強く、パワフルでユーモラスなファイトスタイルと捉えられることが多いが、アマレスで鍛えた素地は非常に高いレベルにあったといわれ、ビル・ロビンソンも好敵手の一人として杉山の名を挙げている。また、1968年にはルー・テーズのTWWA世界ヘビー級王座に挑戦し一本取っているが、テーズは「杉山のテクニックには光るものがあった」「基礎のできたグッド・レスラー」と評価している(別冊宝島179『プロレス名勝負読本』)。125kgから130kgの肥満型の体型でありながら動きはよく、ドロップキックやフライング・ヘッドシザース(ヘッドシザーズ・ホイップ)なども器用にこなした。また、ヒロ・マツダに次ぐ、日本人としては二人目のジャーマン・スープレックス・ホールドの使い手だった。

得意技[編集]

獲得タイトル[編集]

出演映画[編集]

出演番組[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『忘れじの国際プロレス』P108(2014年、ベースボール・マガジン社)ISBN 9784583620800
  2. ^ a b c 『忘れじの国際プロレス』P100(2014年、ベースボール・マガジン社)ISBN 9784583620800
  3. ^ a b Champions and Championships: TWWA Tag Team Titles”. Wrestlingdata.com. 2015年6月1日閲覧。
  4. ^ 栄光の輝き 王座変遷史: TWWA世界タッグ選手権”. Rodmann's Pro-Wrestling Site. 2014年9月28日閲覧。
  5. ^ a b c d IWA World Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2014年9月28日閲覧。
  6. ^ a b c 『忘れじの国際プロレス』P102(2014年、ベースボール・マガジン社)ISBN 9784583620800
  7. ^ a b IWA World Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2014年9月28日閲覧。
  8. ^ IWE 1971 The 3rd IWA World Series”. PURORESU.COM. 2015年3月13日閲覧。
  9. ^ 『忘れじの国際プロレス』P109- P110(2014年、ベースボール・マガジン社)ISBN 9784583620800
  10. ^ 『G SPIRITS Vol.42』(辰巳出版・ISBN 9784777818129)p.7
  11. ^ NJPW 1978 Pre-Japanese Championship Series”. Puroresu.com. 2015年8月11日閲覧。
  12. ^ TWWA World Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2014年9月28日閲覧。