サンテレビボックス席

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
阪神甲子園球場で行われるタイガース戦を中継するサンテレビのクルー。

サンテレビボックス席(サンテレビボックスせき)は、サンテレビで放送されているプロ野球中継のタイトルである。

1969年昭和44年)の開局当初から続く、サンテレビを代表する看板番組の一つ。

概要[編集]

ノーカット完全生中継[編集]

阪神タイガースの対戦カードを、ホーム・(地方開催も含めて)ビジター問わず毎年数多く中継している。また、阪神と同じく関西地区を地盤とするオリックス・バファローズの主催試合も年間数試合程度中継している(但し2016年以降のオリックス戦は中継されていない)。

阪神タイガースでは、伝統的に各種メディアを通じた試合中継をできるだけ多くの放送局(NHKも含む)に担当させる方針を貫いており、サンテレビではホーム・ビジター問わず阪神タイガース戦の中継を積極的に行っている。加えて、番組編成の自由度が高い独立局の利点を最大限に生かし、地上波テレビ局では珍しく「全試合・試合開始から終了まで、完全生中継」を行っている。これは日本初の試みでもあり、1990年代に阪神のセントラル・リーグ総合順位が低迷していた時期であっても、決して取り止めることはなかった[1]。なお、『完全中継』を売りにしているが故に、中継の延長による後続の番組の放送時間が繰り下げられる措置は頻繁に行われる。このため、サンテレビは放送休止に入る時刻を26時台と早めに設定し、当日放送予定の番組が放送できない事態に陥らないように配慮している。

サンテレビの公式サイト内に掲載されている月間番組表では『○曜ナイター サンテレビボックス席』と紹介されており、かつては番組内のタイトルロゴにも「○曜ナイター」と表記されていた。

1985年(昭和60年)には朝日放送ABCテレビ)と業務提携を結び、それまでABCが放映権を独占していた水曜日のナイターと日曜日のデーゲームを、トップ&リレー形式で放映するようになった(一部の試合を除き、KBS京都も同時ネット)。日曜日のナイターについても、ABCの制作でサンテレビが全編完全中継を行うようになった(sky・A sports+でも同時あるいは録画放送[2][3]。この提携により、ABCの専属解説者がこの番組にも出演するようになった(一部の解説者は、サンテレビとABC両方の専属解説者として契約している)。さらに、この番組の中継映像をテレビ朝日系列向けにニュース素材として提供するようになった。

2006年(平成18年)には甲子園球場と京セラドーム大阪で開催される阪神戦がハイビジョン制作となり、翌2007年(平成19年)からは全試合ハイビジョン制作に移行している。2009年(平成21年)から数年間は地上デジタル放送ワンセグ連動データ放送を行っていたため試合の経過状況を随時確認することができたが、現在は行っていない。

主に週末に行われるデーゲームの中継は、かつては競馬中継を優先していた関係で、当日の18時か19時から撮って出し形式で録画放送していた(ノーカットで試合終了まで放送)。ホームゲームに関しては、土曜日はABC以外の在阪準キー局(読売テレビで中継することが多い)やNHKが中継するため、日曜日は2007年(平成19年)以降編成の都合がない限りABCが最大17:20まで中継するため、それぞれ中継しないケースが多い。なお、ビジターゲームの場合は巨人戦を除き生中継することもある。

2000年代まではサンテレビと在阪民放準キー局またはNHKとで地上波での並列生中継となるケースも多かった(後述も参照)が、近年は他局との調整や在阪民放準キー局独占での放映権獲得などもあり地上波での並列生中継はほぼなくなったことで、以前と比較すると中継回数は減少している。ただ、現在でもNHKとでは地上波での並列生中継は行われている(その他、サンテレビで生中継・在阪民放準キー局で当日深夜に録画中継、というケースも稀にある)。

  • 近年の、サンテレビとNHKとでの並列生中継の参考事例…2014年5月16日[4]、2015年は5月9日[5]と9月1日[6]、2016年は6月17日[7]と6月18日[8]が該当。

夏休みシーズンの甲子園球場でのホームゲームについては、抽選で選ばれた球団公認ファンクラブのジュニア会員を放送席に招待しており、実況アナウンサーや解説者とトークを繰り広げる(ジュニア会員の出演は21時まで。ABC主管の完全中継とリレー中継を行う日は除く)[9][10]

制作体制など[編集]

サンテレビの開局6日目である1969年(昭和44年)5月6日に、甲子園球場で行われた阪神対広島戦を、元阪急ブレーブスの人気外国人選手だったロベルト・バルボンを解説者に迎え、松島武雄アナによる実況中継をしたのが初。当時はNHK神戸放送局が兵庫県域のローカル放送を行っていなかった関係で、『NHKニュース』を放映した後の19時30分から中継を開始し、放送時間を延長した上で試合終了まで放映された。試合開始からのノーカット中継を始めたのは、翌1970年(昭和45年)からである。

サンテレビ局内には少なくとも、江夏豊が延長戦でノーヒットノーランサヨナラ本塁打を記録した1973年(昭和48年)8月30日の阪神対中日ドラゴンズ戦(甲子園球場)[11]以降の試合の中継を収録した映像を、ビデオテープにして6000本以上保管。プロ野球シーズンの金曜日にナイトゲームを放送しない場合や、同曜日に中継予定のナイトゲームが中止になった場合には、過去に中継した1試合分の映像をダイジェスト形式で編集した『虎辞書なる!!』を放送している。

1999年(平成11年)5月1日には「開局30周年記念特別番組」として、初代解説者のバルボンを迎え、1イニングほど映像にモノクロ処理を施し、かつ開局当時のスコアテロップを用いて中継を行った。

1992年平成4年)より、サンテレビの音声多重放送開始に伴い、順次ステレオ放送を開始(神宮球場での開幕戦・対ヤクルトスワローズ戦より)。この頃は名古屋テレビ(メ~テレ)の『ドラゴンズ倶楽部』用に映像配給をしていた。

1999年(平成11年)までは、CS放送のスカイ・AGAORAに向けても同時・録画問わず積極的に配信していた。現在はほとんどがTigers-aiによる球団公式映像に切り替えたが、甲子園球場以外(一部を除く京セラドーム大阪や倉敷マスカットスタジアムなど)で開催される試合については引き続き配信している[12]

2006年(平成18年)5月9日放送の阪神対千葉ロッテマリーンズ戦で、サンテレビの阪神戦中継は通算2500試合を達成した。この記録は、日本では日本テレビに次いで2番目に達成されたものである。

2010年(平成22年)からはアナログ放送において、レターボックスを付加した画面比16:9サイズとなった(それまではサイドカット)。また、オープニング後すぐに番組協賛社の提供クレジットを出していたが、同年からはその日の出演者と制作局を表示し、提供クレジットは2回の攻撃終了時に表示するようになった[13]

2013年(平成25年)4月25日木曜日)の中日ドラゴンズ対阪神ナイトゲーム中継(ナゴヤドーム、実況:湯浅明彦、解説:広澤克実矢野燿大)で、阪神の公式戦中継が3000回に到達した。同月29日(月曜日)には、阪神対広島のデーゲーム中継(阪神甲子園球場)の前枠(13:00 - 13:55)で中継3000回記念特別番組『3000試合メモリアル!〜タイガースと共に〜』を、同球場のロイヤルスイートから谷口英明の司会で放送している[14]

サンテレビが開局45周年を迎えた2014年(平成26年)5月1日には、阪神対広島東洋カープのナイトゲーム中継を、「開局45周年記念特別中継」として甲子園球場から放送(実況:湯浅明彦、解説:矢野燿大)。初代解説者のバルボン、開始当初から2001年(平成13年)まで実況を担当していた西澤暲フリーアナウンサー)、開局と同じ年に阪神へ入団したかつての主力打者・田淵幸一をゲストに迎えたほか、イニングの合間には過去の中継映像から厳選した阪神の名場面映像を挿入した。

放送時間[編集]

サンテレビ及び他局制作による完全中継[編集]

時間帯 放送時間 中継の延長 備考
ナイトゲーム 18時00分 - 21時24分 試合終了まで 日曜日は21時54分、月曜日は21時55分まで
デーゲーム 試合開始時刻(試合開始の5分前に放送開始する場合もあり) - 4時間後 録画中継撮って出し)はナイトゲームの放送時間に準じるが、現在は公式戦では録画中継は行っていない[15]
  • この場合の他局とは、テレ玉チバテレを指す。以前はABCも含まれることがあった。千葉ロッテの主管試合のうち、平日開催は18:15開始となる他、地方球場によっても試合開始時間が流動的に変更されるため、その場合は試合開始時間に合わせる場合がある。

ABC制作によるリレー中継[編集]

番組名は『プロ野球リレーナイター』(ナイトゲーム)、もしくは『プロ野球リレー中継』(デーゲーム)となる。

一部を除くナイトゲームについては、KBS京都同時ネットする。

2008年からは全国中継の巨人戦も対象に加えられた。

時間帯 曜日 放送時間 中継の延長 備考
ナイトゲーム 水曜日 17時55分 - 18時17分
20時47分 - 21時24分
試合終了まで 18時台はサンテレビのみ
KBS京都は編成の都合により行わない場合あり
日曜日 17時55分 - 19時00分
20時54分 - 21時24分
デーゲーム 日曜日 15時55分 - 17時00分 サンテレビのみ

備考[編集]

  • ナイトゲーム・デーゲーム共通
試合が早く終了した場合は、番組の終了時刻までフィラーとしてミニ番組が放映される(『ショップ・マニフィカ』や『サウンドコンポ』、紀行番組など)。
また、原則として試合終了まで放映するが、過去に例外が生じた日もある。
9月に雨天中止となったゲームの予備開催で、八木裕の引退試合となった。あらかじめ18時からジャパネットたかたテレビショッピング生放送)が組まれていた関係で、20時から中継を開始した。
  • ナイトゲーム
リレー中継は基本的に水曜日の阪神主催ゲームのみ対象だが、セ・パ交流戦はビジターゲームも含まれ、水曜日や日曜日以外の場合もある。
祝日や夏の高校野球中継が放映される期間中のみ、トップ中継は19時00分まで行われる。なお、ABCであらかじめ21時台まで放映される場合(テレビ朝日で19時から3時間または20時から2時間の特番が編成されている場合)は後リレー中継(20:48または20:53以後、試合終了まで)は行われない。後述のとおり、平日開催のナイターであっても、ABC側の都合により放送ができない場合、ABC側のスタッフによる完全放送となる場合と、日曜日のように実況をサンテレビ、レポーターと解説者をABCから派遣する共同制作の体を取る場合もある。
かつて、日曜ナイターはABCが制作してそれをサンテレビで放映するというのが多く、出演者もABCが用意していた。2012年からは形式上ではABCとの共同制作という形でクレジットされるも、実際はサンテレビ主導の形をとっている。ベンチレポーターのみABCから派遣され、実況・解説はサンテレビが手配することが多いが、ABCから名目上「ゲスト解説者」として出演者を出すこともまれにある。なお、SUN/ABC共同制作とクレジットされた試合中継日は、実況アナウンサーが「ABC朝日放送とのコラボレーションでお送りしています」と紹介する。またSky・A sports+ではTigers-aiの映像を使用することが多い[16]

ビジターゲームの中継[編集]

サンテレビのHD中継車(写真は2015年8月15日「ヤクルトVS阪神」戦中継時。神宮球場前にて撮影)

ビジターゲームについては、例年東京ヤクルト広島の主催ゲームにおいて、神宮球場マツダスタジアム広島市民球場時代も含む)に向けて中継車を送り、自社制作を行っている。

以下、主催チームごとに中継の傾向を挙げる。

セ・リーグ公式戦
1984年から自社制作による神宮球場でのナイトゲーム中継を実施。一時期はデーゲームや地方開催は中継しなかった[17][18]が、2011年(平成23年)7月9日秋田県立野球場で行われた試合を自社制作で中継するなど、現在はデーゲーム・地方開催とも中継を行っている。
1973年に独自実況の中継を[19]、1975年に自社での中継車と技術スタッフの派遣による独自映像の制作を開始して以来、地方球場での試合も含め、他球団と比べるとかなりの割合で中継されている。一時期は、全ての広島側の主催ゲームを中継することもあった。また、1984年にはオープン戦で中国放送(RCC・TBS系)からのネット受けを実施した。
2010年(平成22年)からは、地元の広島県内の地上波で中継がない場合に、J SPORTSに映像を提供している(J SPORTSの放送においても「製作協力・サンテレビジョン」のクレジットがある。サンテレビの中継で特徴的な、犠牲フライ時のワイプもそのまま表示)。
2003年まではtvkの『YOKOHAMAベイスターズナイター』を、改題の上番組販売形式でネット受けしていた。
2001年(平成13年)には横浜の親会社がTBSに変わり、tvkの制作数(ネット受けの回数)が減ったのと引き換えに、同系列MBSで中継される日が増えた。2004年(平成16年)以降は、基本的に自社制作を行っている。
放映権をCBC東海テレビがほぼ独占しており、元々は例外的に三重テレビ[20]が制作する数試合程度のネット受けしか放映されなかった。
2005年(平成17年)に2試合を初めて自社制作し放映したことをきっかけに、2006年(平成18年)は2試合、2007年(平成19年)も4試合を中継するなど、中継回数を増やしている。現在はデーゲーム中継も含めて、三重テレビが放映権を持つ試合を自社制作で放送しているほか、CBC、東海テレビ、テレビ愛知が放映権を持っていても、それぞれ関西での系列局であるMBS、関西テレビ、テレビ大阪が放送しない場合はサンテレビが自社制作するケースが多い(火曜日および土曜日ナイターの場合はCBC、東海テレビ、テレビ愛知のいずれが放映権を持っていてもテレビ大阪が放送することが多いため、テレビ大阪が放送しない場合のみ)。
バックスクリーン付近からの映像は、在名テレビ局各局と比べるとやや高い位置(バックネット裏の回転看板が映らない角度になる)からとなっており、見辛くなる場合がある。
※上記の5球団については、火曜と土曜のナイターはテレビ大阪で中継することが多い。
放映権を日本テレビがほぼ独占しているため、サンテレビでの放映実績は1978年に対阪急、1979年に対阪神のオープン戦を東京12チャンネル(現:テレビ東京)からネット受けしたのみである(いずれも鹿児島県立鴨池野球場での開催)。近年、視聴率の関係で日本テレビが地上波で中継しないケースがあるものの、この場合でもサンテレビで中継されたことはなく、ytvのローカル中継もない[21]。巨人戦が日本テレビ系以外の地上波で放送されたのはNHK(2002年以降)、テレビ朝日(2005-2008年、但し対阪神戦だけは中継実績がない)、テレビ東京(2006-2008年)のみで、地上波全国ネットおよび系列BS放送でしか放送実績がない。
交流戦

太字で表記したチームは、ABCとのリレー中継も実施(2006年から)。

他局制作の番組をネット受けする場合は、制作局の放映終了後は裏送りを受ける形式となる。逆に、阪神主催ゲームを対戦相手の地元の放送局に向けて配信することもある。

パ・リーグの公式戦中継と同様。ただし、関西ダービーで、水曜ナイターをABCで放送する場合は阪神主催試合に準じて同局製作のリレーナイターとなる。2012年は当初ABCとのリレーナイターを予定していたが、急遽ABC製作によるサンテレビでの完全中継となった。また2014年はABCでは放送するがサンテレビとのリレー中継は行われなかった。
2006年(平成18年)より中継を開始。本来は前年の2005年(平成17年)5月に自社制作で中継を行う予定だったが、雨天中止により取り止めとなった[22][23]
2007年(平成19年)までは楽天ティービークロステレビ2008年(平成20年)からは楽天ティービーがプロデュース・オン・デマンド売却されたため、それ以前から技術面を担当していたTCPが正式に制作協力。2016年からは制作協力会社がExpressに交代した。これらが実製作した公式映像を使用するため、sky・A sports+J SPORTS日テレプラス→J SPORTS向けと基本映像は同じで実況・テロップを差し替えて一部に独自映像を挿入する形式で放送。ハイビジョン制作は2008年(平成20年)から行われている。
リレー中継は、レビ福岡ソフトバンクホークスマーケティング(年度によりクレジットなし)の制作協力。また、完全中継でも翌日にABCで中継がある場合はABCが製作協力に加わることがある。
完全中継はテレ玉からのネット受けのみ。2006年はABCとのリレー中継のみ行われた。2013年はサンテレビからベンチリポーターを派遣。
チバテレからのネット受けのみ。2013年はサンテレビからベンチリポーターを派遣。
2014年にはデーゲーム1試合を中継。それまではリレー中継のみ実施(HTB北海道テレビ制作協力)。2016年にはデーゲーム1試合を中継した。

阪神戦以外の中継[編集]

パ・リーグ[編集]

パ・リーグの公式戦は、1974年(昭和49年)に阪急ブレーブスの主催ゲームを阪急西宮球場から自社制作で中継したのが初。

過去
  • ダイエー(現在のソフトバンク)
1988年までの南海時代は放映権を直接保有していなかったため、KBS京都制作のホームゲームと、独立局制作ビジターゲームのネット受けのみだった。
かつてはサンテレビがダイエーと資本関係にあったため、球団がダイエーの経営となった1989年(平成元年)から主催ゲームの放映権を獲得し、ホーム・ビジター問わず数多く中継していた[24]
ホームゲームは自社制作、もしくは地元の福岡県にある民放KBCTVQと提携して共同制作。ビジターゲームはテレ玉制作の対西武ライオンズ戦と日本ハムファイターズ[25]や、チバテレ制作の千葉ロッテマリーンズ[26]を頻繁にネットしていた。
1994年(平成6年)頃に一時中断したが、その後2001年(平成13年)頃に再開。しかし、翌2002年(平成14年)でダイエーとの資本関係が解消(神戸新聞社に買収)されたため、それ以降は対オリックスのビジターゲームや対阪神の交流戦を除き、放映されなくなった。
一部の中継では、ダイエーと取引関係のある企業がスポンサーとして協賛していた[27]
2003年(平成15年)まで、KBS京都が制作する主催ゲームの中継『近鉄エキサイトアワー』を、同タイトルのままネット受けしていた[28]近鉄グループ各社の当初は一社提供番組であったが、晩期は筆頭協賛(複数スポンサー)であった。
  • オリックス
主催ゲームを中心に放映。ハイビジョン制作は2007年(平成19年)から実施。
2006年(平成18年)まではほっともっとフィールド神戸(旧称時代も含む)でのゲームが主であったが、翌2007年の本拠地移転後は京セラドーム大阪でのゲームが中心となった。
2001年(平成13年)から2005年(平成17年)までは「マンデー・パ・リーグ」制度が行われていたため、セ・リーグの試合がない月曜日に中継が組まれることが多かった。
チームのオーナーがオリックスに売却された直後の1989年(平成元年)には、自社制作の他にも毎日放送の主管制作による完全中継[29]で対西武戦を2試合放映したことがある。
1995年(平成7年)には、優勝が決定する試合をテレ玉からのネット受けで放映し、9回裏には谷口英明アナウンサーが実況を担当した[30]
阪急ブレーブス時代、特に2シーズン制だった頃には、前期優勝を争っていた時に阪神戦のビジターゲームの中継予定を取り止めて差し替えを行うなど、現在よりは優遇されていた。
また、主催ゲームに限り阪急電鉄阪急百貨店が筆頭スポンサーとなっていた。また、CMに入る直前は早見優が歌う阪急ブレーブスイメージソングの「YES! YOU WIN」のサビのショートバージョンが必ず流されていた。
オリックス売却後も基本的にオリックス中心の放送内容だが、ダイエー主催ゲームを多く中継していた1994年頃までは、対ダイエー戦のみオリックス主催であってもダイエーと取引関係の深い企業がスポンサーにつき、ダイエー主催時(下記)に準じた放送内容(ジングルも『ダイヤモンドの鷹』)となっていた。
2015年は球団制作映像をメインに、ユニカメで独自映像を挿入という形式で放送するようになり、スコア表示も球団映像の物(J SPORTS仕様から『野球好き』のロゴを省略)がそのまま使われていた[31][32]
オリックス主催試合の中継は2015年をもって終了。それ以降は、主催球団を問わず対阪神の交流戦でのABCとのトップ&リレー中継[33]で行うのみ[34][35]で、2017年は6月7日(水曜)に予定されている[36]
備考
どのチームにおいても、基本的に阪神戦の中継が優先されており、放映権や日程などの都合で阪神戦を中継できない(または非開催の)日に放映されるケースが一般的である。
ABCと業務提携を結ぶ前、水曜日と日曜日に阪神主催試合が中継できなかった時代には、これらの曜日にもパ・リーグの中継を組む場合があり、自社制作では阪急ブレーブスの放映権を関西テレビから購入して放映するケースが多かった。また阪急もビジターの場合は独立局間で他カードをネット受けすることもあった(阪神ビジターの場合は水曜・日曜であっても放送される試合は数多くあった)。
自社制作の阪急戦とダイエー戦の中継では、CMに入る時にジングルが流れていた[37]

オープン戦・2軍戦など[編集]

シーズン開幕前には、阪神のオープン戦を平日の日中に中継することがある(2011年2017年は、1試合だけ録画放送があった)。また、年に数回程度ウエスタン・リーグ公式戦のうち阪神主催ゲームを中継することもある(甲子園球場、または阪神鳴尾浜球場で開催)。どちらも中継延長は行われない。スカイ・Aにネットされる場合もあり、こちらは試合終了まで放送する(サンテレビの中継開始前・終了後は裏送り)。

このほか、毎年3月に東北楽天ゴールデンイーグルス主催の試合(公式戦およびオープン戦)が年に数回程度兵庫県内の球場[38][39]で行われ、サンテレビや神戸新聞グループも後援団体として名を連ねているが、中継は行っていない(代わりに、試合についての宣伝CMが放映される)。

テーマ曲[編集]

  • スプリング・レディ・バード(作曲 - 渡辺宙明
本番組に限らず、『神戸リレーカーニバル』などの自社制作のスポーツ中継でも使われることがある。(ただし、チバテレ、テレ玉からの同時ネットの場合は制作局側のオープニングBGMがそのまま流れる場合がある)
ABCとのリレー中継時も同様だが、ハイライト映像を流す時にはオリジナルのBGMが流れる[40]。2012年5月からは、ABCでの放送や、BS朝日へ裏送りのオリックス戦でも、このオリジナルBGMが使われている。
長く吹奏楽演奏の音源が使われていたが、1990年代後半からDTMのものに更新された。

ネット局[編集]

現在
ネット局の中で唯一、原則として試合終了まで放映する。
かつては西京極球場で開催される阪神主催ゲームを、KBSが制作して配信した事例もあった。
阪神戦が中継できない際のパ・リーグの中継では、SUNとKBSで中継カードが異なったり、KBSが通常番組を編成した例もある[41]
東海テレビ放送からの受託制作によるもので中日戦を中心に放映。開局当初の番組が大幅に不足していた頃から、阪神戦をネットしている(当初は対中日戦以外の試合も多かった)。2012年からは中日が関係しない試合の中継数も再度増えている。また1970年には巨人優勝がかかった中日戦、1981年にはジュニアオールスターゲームをネット受けしたものがあった[42]
中日戦を放映。
交流戦の西武戦を放映。1980年にはジュニアオールスターゲームをネット受けした[42]
交流戦のロッテ戦を放映。また2014年は8月27日に「オリックス×ロッテ」(ほっと神戸)を放映した。かつてはロッテ戦以外の阪神戦もネット受けしていた(千葉マリンスタジアムでのヤクルト対阪神戦を含む)。
不定期
過去
1970年10月12日に行われた阪神対巨人戦をサンテレビ発でNET(ANN)系列向けに全国放送[42]した事例がある[43]。また1972年には一部の試合で同系の瀬戸内海放送にもネットした試合がある[42]
阪神戦のみネット。地元の神宮球場で行われるヤクルト戦は、中日新聞社が出資している関係で放映した事がない[44]
現在はソフトバンク戦に特化した『STRONG!ホークス野球中継』が中心となり、2009年以降は放映しない。
TBSの横浜ベイスターズ出資の影響から、2010年以降横浜スタジアム開催のホームゲーム以外の中継を行わなくなった。なお1982年には大洋対広島戦をネット受けした試合があった[42]
かつては、神宮球場で開催のヤクルト対阪神戦をサンテレビからしばしばネット受けし、時には横浜との二元中継をする事もあった。逆にtvkが神宮からの自社製作を行い、阪神戦をサンテレビにネットする事があった。
テレビ大阪の開局前まで。逆に、東京12チャンネル制作による阪神ビジターゲームの裏送りもあった模様。このほか、オープン戦の巨人戦がらみの試合[42][45]を東京12chからネット受けした試合や、逆にSUNから東京12chに向けたネット出し(巨人戦のみ実況アナウンスを差し替え)となった試合も多数あった。
開局当初は野球中継のノウハウが乏しかったことから、ダイエー主催試合をサンテレビが主管制作し、TVQが技術協力として参加する形式で、同時放送を行った。
また、これとは別にKBCからのネット受け(裏送りも含む)で中継した事もあった。
土曜開催の広島戦のデーゲームをネットした事があるほか、広島対阪神戦のオープン戦のネット受けが1984年にあった[42]。RCC・TSSでは1990年代以降実況は自社で差し替えいた。
RCCについては、北陸遠征の広島主催ゲームの中継でサンテレビから配信された映像を使った事があり、「制作協力・SUN-TV 製作著作・RCC」とクレジットされた(実況・解説とテロップは自社で差し替え)。
またカープが関与しない試合の阪神戦(実例として1971年6月30日に行われた「阪神対巨人・甲子園」の薄暮デーゲームの中継)を広島ホームテレビや瀬戸内海放送(後述)にネットした試合が存在する。
1970年代のごく一時期、金曜ナイターの阪神戦を同時ネット中継したほか、上記の薄暮を含むデーゲームの中継を実施したこともあった。
1980〜90年代まで、制作コスト低減のため、NHK BS1のプロ野球中継ではパ・リーグ公式戦を中継する際、映像の配信を独立UHF局から受けて実況と解説を差し替える手法をとっていた(現在は球団による映像制作体制が整ったため、球団制作映像を主に使用)。サンテレビからは阪急→オリックス・ダイエーが関与するカードで実施し、3塁ランナーのワイプ映像もそのまま流れていた。この他に、スポーツニュースでは広島主催の阪神戦で映像素材をSUNから受ける事もあった。
1970年代後半から1980年代後半にかけて、ホームゲームの中日戦をダイジェスト版で時差放送。
1974年札幌円山球場でのヤクルト対阪神戦を同局の技術協力を得て裏送りで放送[42]

解説者[編集]

サンテレビと朝日放送の提携が深まった1990年代以後、サンテレビ専属の解説者のほかに朝日放送からの解説者も数名兼務(出向扱い含む)して解説するようになり、阪神戦だけでなくABCが直接関与していないダイエー・オリックス戦中継でも時折ABCの解説者が担当することがあった。2008年から実施している朝日放送制作・テレビ朝日系列全国放送の対巨人戦リレー中継では、関西地区地上波のみ(BS放送ではNHK BS1で放送)の場合はサンテレビ・KBS京都の中継時間帯にテレビ朝日所属の解説者[46]が出演せず、ダブル解説扱いで共演する朝日放送の解説者だけが登場するが[47]、BS朝日でも同時放送される場合は(2011年以降実施)、サンテレビでの放送時間帯にもテレビ朝日の解説者が出演することがある。

現在(2017年度)[編集]

サンテレビ解説者[編集]

レギュラー
ゲスト解説
  • 広澤克実(2010年度から本数契約で出演。2012年度からTOKYO MX解説者、2013年度から仙台放送解説者をそれぞれ兼任。2014年度はTBSチャンネルにも出演)[48]
  • 田淵幸一(TBSテレビ・TBSラジオ解説者。2014年5月1日の対広島戦に出演)
  • 野田浩司(2014年頃から出演。オリックス球団制作中継兼任だが、サンテレビでは阪神戦中心の出演)
  • 山本昌(2016年から出演。日本テレビ放送網中京テレビ放送CBCテレビ他にて解説。愛知在住のため、中日戦のナゴヤドーム開催を中心として)
  • 黒田正宏(2016年から出演。Tigers-ai解説者兼)
  • 岩本勉(2016年から出演。文化放送、その他在札各局解説者兼。対日本ハム戦ビジターゲームに出演)
  • 和田豊(2016年から出演。 NHK大阪放送局ゲスト・MBSテレビゲスト・関西テレビ解説者兼。阪神オーナー付シニアディレクター)

ABC解説者(出向)[編集]

福本、真弓、中田以外のABC解説者については、氏名のテロップに「ABC」のロゴを入れている。また、ABC制作によるナイター完全中継でも2005年(平成17年)頃から福本らを含めてロゴを入れていたが、2008年(平成20年)からは彼らの所にはサンテレビ制作と同様にロゴを入れていない。

なお2013年の日曜ナイター(ABCとの共同制作扱い)では岡田、下柳については電子番組表では「ゲスト解説者」の扱いで登場した。

過去の解説者[編集]

実況・リポート担当アナウンサー[編集]

放送開始から1987年までは、他局で長らくプロ野球の実況を経験したベテランのフリーアナウンサーが、交互に実況を担当していた。サンテレビの社員アナウンサーが実況に携わるようになったのは、1988年からである。

  • 特記のない人物はサンテレビアナウンサーで、谷口・湯浅以外は他局からの移籍組。
    • 小浜は2012年度(平成24年度)から、平日の当番組終了後に放送される『NEWS PORT』で月〜金曜日のメインキャスターを担当するため、当番組への出演機会を減らしている。その一方で、2015年度(平成27年度)に山陰放送から移籍した橋本は、2017年度(平成29年度)から実況も担当する予定。
    • 榎木は、『NEWS PORT』でサブキャスターを務めない曜日の中継に、ベンチリポーターとして出演。当初はオリックス戦中継のみだったが、2012年7月から阪神戦中継にも登場している。
    • 谷口は、2015年6月の定年退職後も、嘱託社員扱いの「シニアアナウンサー」として出演を継続している。

かつての実況アナウンサー[編集]

ダイエー主催ゲームでは、自社からのスタッフ派遣の他に、KBCのアナウンサーと解説者が担当する中継もあった。1994年からは一時、甲子園球場での中継において、曜日ごとに一塁側スタンドに「チアリポーター」と称する女性タレントを1人配していた(現在は廃止)。

ゲスト[編集]

関西ローカルの独立局ながら、阪神タイガースファンとしての有名人がゲスト解説で登場することもある。下記で挙げるのはほんの一部で、これ以外にも大物ゲストの登場が多々ある。

主な出来事[編集]

2008年[編集]

  • 各キー局全国ネットの巨人戦中継における延長オプション(最大21:24 - 54まで)の撤廃に伴い、2008年(平成20年)より、阪神対巨人戦リレー中継を本格的に開始。但し、日曜日に行われる巨人戦の後リレー最大延長は23:39(延長時、以降の一部番組を休止、繰り下げ)。巨人戦の後リレーは2006年(平成18年)9月6日に20:47から試合終了まで組まれて以来(雨天中止、振り替え試合はABC制作のものをサンテレビが完全生中継)。
  • 交流戦について、オリックス主催試合(水曜日、ABC制作)、日本ハム主催試合(土曜日)、西武主催試合(水曜日)以上3試合のビジター試合をリレー中継した(全てABC制作、対日本ハム戦はHTB制作協力)。
  • また、阪神戦以外のオリックス主催試合の交流試合の放送は1試合もなかった(その他のパ・リーグ球団主催のものとしてはいずれも阪神戦で上述のトップ&リレー+ソフトバンク戦=自社制作、楽天戦=自社制作、西武戦=テレビ埼玉制作が放映される)。
  • 4月12日、ビジターの試合としては珍しく、横浜対阪神戦のデーゲーム中継(14時試合開始、14時から18時中継)を横浜スタジアムから自社中継する(11日のナイターも放映。13日は最近の阪神戦では珍しく関西圏での地上波・BSでの放映がないため、TBSニュースバードを見ることになる)。
  • 10月12日スカイマークスタジアムでの阪神対中日戦はサンテレビで放映された。

2009年[編集]

  • 5月24日に一旦開催されていた阪神対ロッテの交流戦が雨天ノーゲームとなったため、5月26日に再試合となったが、ABCでは編成の都合で差し替えが出来ないのでABC制作で完全中継された(なお24日の試合はサンテレビでの放映は元々は予定されていなかった)。
    • この翌日5月27日には元から阪神対西武戦がABC制作のリレーナイターで行われることになっていたので、2日間連続してサンテレビはABC制作のナイターを放送する形となった。
  • 6月17日の阪神対日本ハム戦(京セラドーム大阪)、7月22日の阪神対ヤクルト(甲子園)は水曜日であるが、ABCでは前者は2010FIFAワールドカップサッカー中継、後者は世界水泳ローマ2009シンクロナイズドスイミングの中継(20時から)のためABC制作の完全中継で放送。
  • 8月30日、阪神対巨人戦は衆議院選挙開票速報を行う都合上、ABCへのリレーは18時半から19時台の90分のみになり、18時からの30分間と20時から試合終了まではサンテレビで放映された。
  • 5月の開局40年到達以後、自主制作で行われる一部の試合で、「おっさんテレホンプレゼント」を開催している。これは放送中に表示される電話番号に電話をかけ、更に放送中に発表されるキーワードを当選連絡の際に視聴者が答えれば、抽選で1名に開局40年にちなんで40インチ液晶テレビを贈呈するというものである。
    • 好評につき2010年度(平成22年度)もこのプレゼントは継続され、2011年(平成23年)はこれを「40インチ」・「19インチ」それぞれ放送日に1台ずつのプレゼントに変更された。2011年(平成23年)は番組中のキーワード発表はなく、指定された電話番号にかけて登録するだけでよくなった。
    • 2013年度は、阪神戦・オリックス戦の一部試合(対象試合は随時発表されるため、ホームページ、データ放送参照)で実施されており、開催日は阪神・オリックス戦両方で10万円の商品券(各試合1名)、阪神戦の場合は甲子園で行われる阪神主催試合のチケット、オリックス戦の場合はサンテレビオリジナルクオカード3000円(各試合5名。試合チケットはペア分)を贈呈する。なお放送カードが天災など不可抗力で中止となった場合はプレゼントキャンペーンも行わない。
    • 2014年度も、阪神・オリックス戦の一部(前年同様随時実施)で、10万円相当のギフト券などをプレゼントするが、同年度からは携帯電話スマートフォンも含む)からのみの応募となった(一般回線の電話からは応募不可)。
    • 2015年度以後は、現金のプレゼントが廃止された代わりに、兵庫産の神戸牛やお米、試合日によっては甲子園で行われる阪神主管試合のチケットなどの贈呈が行われている。
  • 2009年(平成21年)ホーム最終の10月4日・中日戦は日曜日だが、朝日放送・サンテレビで放送されなかった。これは4月に関西テレビ放送が中継する予定だったが雨天に伴い代替試合がこの日に行われ、当初からサンテレビは放映権を持っていなかったため。

2010年[編集]

  • 4月3日の中日対阪神戦(ナゴヤドーム)を15時から放送した。週末のデーゲーム中継は主に阪神主催試合が中心であるが、ビジターのデーゲームが放映されたのは近年ではまれだった。
  • 5月25日の阪神対ロッテ交流戦(甲子園)がABC制作で完全中継された。これは元々SUNでの放映予定が無く、ABCでの完全中継が予定されていた5月23日の試合であったが、雨天中止による予備日復活開催。前年同様ABCでは編成の都合上差し替えができなかったためABC制作・SUNでの完全放送(ABC系のスカイ・エーでも生中継されたが、諸事情によりABC制作のものではなくTigers-aiのものを放送)となった。
    • 更にこの翌日・5月26日には元から阪神対西武の試合がABC制作のリレーナイターで行われるため、2日連続でABC制作のナイターが放送されることになる。
    • また、この前週・5月18日にはKBC/ABC共同制作(KBCの映像を2局ネットし、ABCは実況を差し替え)によるソフトバンク対阪神戦をリレーナイターで放送したため火曜日は2週連続でABC制作のナイターが放送された。

2011年[編集]

  • 3月25日、ヤクルトとの開幕戦を神宮球場から17:30-21:24に、また本拠での主催試合は3月30日の阪神対中日(京セラドーム大阪)のトップ中継(後リレーは、ABCのキー局・テレビ朝日が19時から3時間特番をする関係でなし)を17:55-18:24にそれぞれ生放送する予定だったが、東日本大震災の社会的な影響による開幕戦延期のため放送されなかった。開幕は結果的に4月12日の甲子園での広島戦となり、この試合からの放送開始となる。
  • 5月24日の西武戦は、急遽前日5月23日の試合が中止になったのを受けて開催が決定し、ホームページ[51]でも「予備カード日として開催される場合に放送される」と紹介されていたが、実際には放送されなかった(その後「5月24日予備日中継」のホームページでの表示は削除された)。
    • 元々は23日の試合は讀賣テレビ放送(近畿ローカルのみ)で独占中継される予定でサンテレビは放映権がなかったためである。ytvは予備日復活開催となった24日の試合の中継(生・録画とも)を編成上の都合により行わず、サンテレビでも放送が組まれなかったことから、阪神主催試合としては近年では異例の地上波テレビ中継なしとなった(NHK BS1スカイ・エーの生中継、およびGAORAの録画中継は行われた)。
    • これを受けて、誤解防止のため5月・6月の交流戦・予備日開催が発生してサンテレビが放送される場合は、いつの当初開催予定日が中止になった場合に放送するかを表示するようになった(例・5月30日の楽天対阪神予備日の中継は5月28日開催の試合が中止になった場合のみに放送するので「5月28日が中止の場合・5月30日予備ゲーム」と表記するようになった)。
  • 7月27日の中日戦(阪神甲子園球場)は水曜日であるが生放送のテレビショッピングが組まれていたため、サンテレビでは生中継・リレー中継が出来なかった。さらに、ABCでは世界水泳2011が編成されたため生放送が出来ず、公式戦が終了する10月以前においては、近年では珍しいABCでの深夜の録画放送となった(通常このケースではABC製作によるサンテレビでの完全中継にしている)。
    • 同様に10月16日の阪神対広島戦も編成の関係でサンテレビでは中継出来ず、ABCも消化試合となったことや編成の都合で生中継できず、同局が深夜に録画中継を実施した。

2012年[編集]

  • この年の夏期(7〜9月上旬)の日曜ナイター中継では、実況はサンテレビのアナウンサーが行い、ベンチリポートはABCアナウンサーの担当に変更されている(理由は不明)。
  • 4月1日日曜日の対DeNA戦(京セラドーム大阪)は午後2時から午後3時25分までのトップ中継で以降はABCでの生中継となる(当該時間帯にゴルフ中継があるため)。日曜デーゲームでのトップ中継は2006年以来6年ぶりで、ゴルフ中継によるトップ中継は異例のケース。
  • 4月11日マツダスタジアムの阪神対広島戦で解説の広澤克己山陽新幹線の遅れの影響で1時間ほど遅刻したため、その間実況が一人で放送した。
  • 5月23日のオリックス対阪神戦は、オリックス主催試合ながら関西ダービーであるため阪神主催試合に準じて朝日放送が放映権を持っており、当初はABCとのリレー中継で放送する予定だったが、キリンチャレンジカップサッカー日本代表サッカーアゼルバイジャン代表」を中継するため、急遽サンテレビでの完全生中継となった。
  • 5月30日の対ロッテ戦(ABCとのトップ&リレー中継)で21:30頃サンテレビのみ音声が急に途切れ、場内の音声で中継するという放送事故が発生した。

2013年[編集]

  • 甲子園および京セラドームの阪神主催公式戦で3回裏・7回裏終了時にスコアボードへ表示される(他球場の)プロ野球速報について、朝日放送が「ABCプロ野球速報」のタイトルで長年担ってきた情報提供業務を、モバプロとスポンサー契約を結んだうえで引き継いでいる(球場での表示名は「モバプロ提供 サンテレビプロ野球速報」)。
  • 阪神の公式戦では通算で3001試合目の中継になった4月29日の阪神対広島デーゲーム中継(甲子園)では、中継の前枠で『3000試合メモリアル!〜タイガースと共に〜』(前述)を放送していた関係で、同番組の生放送に使っていた「ロイヤルスイート」(ネット裏最上段の法人顧客・年間契約向けバルコニー付き個室)と通常の放送席(実況:湯浅明彦、解説:吉田義男・小山正明)による二元実況形式で中継。同番組のMCを務めた谷口と、ゲストで出演していた真弓・岡田彰布・中田が中継の随所(主にイニング明け)でミニ実況・解説を繰り広げていた[52]。なお、この試合はサンテレビ独占とならず、MBSとの並列生中継となった[53][54]
  • セ・パ交流戦期間中の6月2日日曜日)には、ABCが女子プロゴルフトーナメント・リゾートトラストレディス最終日中継(静岡朝日テレビ制作)の同時ネットを実施したため、ABCが放送権を有するソフトバンク対阪神のデーゲームを同局制作のトップ&リレー中継方式で14:00 - 15:30に放送(解説:下柳剛濱中治、実況:ABC・清水次郎、同局ではゴルフ中継終了後の15:30から中継)。同月5日の阪神対西武戦(倉敷)も、同球場の阪神主催試合では異例のトップ&リレー方式で中継した(解説:吉田、実況:ABC・小縣裕介)。
    • 阪神対西武戦のトップ&リレー中継では、西武OBの森繁和文化放送J SPORTS野球解説者)をゲスト解説者に起用。通常の倉敷主催試合ではサンテレビ自社制作の中継を同時に放送するスカイAでは、Tigers-ai制作版の中継(解説:岡、実況:桐山)を放送した(スカイAおよびGAORAの録画中継でもTigers-ai制作版を放送)。
  • 7月9日7月10日には、沖縄セルラースタジアム那覇でのナイトゲーム・阪神対中日戦を、福本の解説で中継[55]。阪神球団が沖縄県内で公式戦を主催するのは、この2連戦が初めてである。なおサンテレビでは、当番組の阪神戦中継3000回記念企画として、福本との交流会・沖縄県内の観光プランを組み込んだ同球場への阪神応援ツアーをこの期間に実施している。
    • 上記の2連戦では、沖縄県内の日没時間を考慮して、試合開始時間を19時に設定。このためサンテレビでは、本来は22時台に放送する番組の放送枠を9日には試合開始前、10日にはリレー中継の開始前にそれぞれ繰り上げた。また、本来は21:30から放送される『NEWS PORT』については、基本の放送枠を通常より1時間遅い22:30 - 22:55に設定した。ただし実際には、両日とも中継を延長したため、試合終了後に同番組を放送している。
  • 7月14日、甲子園での阪神対横浜戦はブシロードの協賛により『ブシモ・ナイター』として開催された関係で、同社が展開する『Project MILKY HOLMES』に出演している地元・兵庫出身の声優歌手である寺川愛美(現:愛美)がゲスト出演した。[56]
  • 9月15日に神宮球場から中継したヤクルト対阪神戦では、ウラディミール・バレンティン(ヤクルト外野手)がシーズン56号本塁打(日本プロ野球新記録)と57本塁打(アジアにおけるプロ野球新記録)を達成した。このため、阪神の敗戦に終わったにもかかわらず、試合後には特例としてバレンティンによるヒーローインタビューを全編放送した。
  • 10月5日には、阪神の主催試合最終戦および、桧山進次郎(阪神外野手)の引退試合になった阪神対巨人戦をABCのスタッフで中継(解説:矢野・下柳、実況:ABC・岩本計介)。編成上の事情で完全中継ではなく、試合途中の19:00から試合後の桧山の引退セレモニーまで放送することによって、2013年の公式戦中継を締めくくった[57]。なお、BS朝日でも18:54 - 20:54に同カードを本番組と同内容で中継しているため、スコアテロップはトップ&リレー中継時と同様にABCの物が使われた。

2014年[編集]

  • 7月1日の対ヤクルト戦は倉敷での主催試合ながらサンテレビで放送はせず(当日はオリックス×楽天戦を自社制作)、近年では珍しく関西テレビが中継した(フジテレビ系列『広島 vs 巨人』全国中継の差し替えだったが、現地の系列局の岡山放送では放送しなかった。一方、GAORAとスカイAの中継はTigers-aiが独自で別制作)。

2015年[編集]

  • 前年に引き続き、倉敷で行われた7月7日の対中日戦の放送権は獲得できず、関西テレビが中継した。
  • 9月4日にナゴドで行われた対中日戦を「虎テレ」にも配信。対中日戦ビジターゲームで同サービスに映像を配信するのは初めてだった。なお、これまで「虎テレ」には中日球団制作の映像(J SPORTS STADIUM向けの映像を裏送り)が配信されていた。なお、同日の東海地区での地上波放送は、NHK総合テレビが北陸3県も含めたブロックネットで別途実施した[58]

2016年[編集]

  • 4月21日に倉敷で行われる対ヤクルト戦は、数年ぶりに自社制作を実施(これまで倉敷からの中継をネットしていたスカイAとGAORAの中継は、Tigers-aiが独自で別制作〈解説:岡 実況:中井雅之 リポート:桐山〉)とする予定だったが、雨天のため中止となった。9月27日に甲子園で代替試合が組まれるため、倉敷の開催は幻となった。
  • 7月18日には阪神対巨人戦を中継(2009年以来7年ぶりの自社制作放送)。
  • 8月17日の阪神対広島戦は水曜日であるものの、ABCがリオデジャネイロオリンピック女子ゴルフ・女子レスリング中継を19時から8月18日4時の間放送する為、日曜日の放送に準じた共同制作の体でサンテレビ・KBS京都へのネットによる完全中継となる。

その他の特記事項[編集]

西澤が当番組の中継で実況を担当した1973年(昭和48年)10月22日の阪神対巨人デーゲーム(甲子園球場)は、両チームにとってセントラル・リーグの優勝がかかった大一番であった。しかし、阪神は0-9で大敗。優勝を逃したばかりか、巨人に9連覇を決められた。そのため、試合終了直後から、場内の至る所で暴動が発生。暴徒と化したファンは、三塁側ベンチの巨人ナインばかりか、よみうりテレビのテレビカメラや記者までをも容赦なく襲撃した。

サンテレビでは暴動の最中も中継を続けていたため、西澤はネット裏内野スタンド中段の放送席で実況を継続。「サンテレビは俺たちの味方や」というファンの一声で難を逃れた。同時にテレビ中継を実施していた朝日放送の放送席やカメラも、試合実況中に暴徒が実況を妨害した場面があったものの、同様の理由で襲撃を免れている。

さらにサンテレビに掛かってくる電話でも「今日の(阪神の)調子はどう?」「今日の先発誰?」「今日試合はあるのか」などが多いという。しかし近年はホームゲームであってもサンテレビの中継数が年々減少し、NHK(原則としてBS1またはNHK総合のサブCHで中継)や在阪民放局での中継が増えている。

阪神勝利の日はヒーローインタビューを全て流した後に中継のエンディングで、その日活躍した選手達のプレイを格好良く構成した1分弱のビデオを流して締めている(引き分け時も行うときがある)。BGMはホワイトスネイクギタリストレブ・ビーチのソロ曲「Black Magic」。なおオリックス戦中継の際も、オリックスが勝利した場合にこの手法が用いられる(こちらも引き分け時も行うときがある)が、阪神戦中継とは別のBGMが用いられている。逆に阪神が負けた日には相手のヒーローインタビューの模様を流さないもしくは詳細に放映せず、解説者と実況アナウンサーによる敗戦の原因・それに対する分析や反省、今後の展望などに関する論議が終わり次第、即座に放送を終了するという、徹底ぶりである。これは阪神の地方開催でスカイ・AやGAORAにネットされる場合も同様のため、ビジターチームのファンからの不満が出ることがある。

放送時間が延長した場合は途中からCMが一切入れられることなく放送される場合がある。

トップ&リレー中継実施の場合は、テロップ出しはABCのものを使って行い、サンテレビのクレジットは技術協力に関与した場合のみ制作協力として表示される。また水曜・日曜ナイターの完全放送のときはテロップ出しはサンテレビのものが使われ、中継のタイトルクレジットには「制作・ABC、制作協力・SUN-TV」と出る(いずれも番組送出はサンテレビから。ただし、例外として他の曜日にABC制作をした中継がある)ただし、甲子園開催日のABC制作・サンテレビ完全中継による放送であっても「スーパーベースボール」のタイトルの簡易セットが設えられてある。

制作局のサンテレビと阪神タイガース球団、ならびにその親会社である阪神電気鉄道阪急阪神ホールディングスとの間にはほとんど資本関係がない(日テレと巨人軍、CBC・東海テレビと中日、在広各局と広島とは異なる。もっとも、資本関係があってもフジテレビとヤクルト、TBSとDeNAの例もある)。

地上デジタル放送の番組表で番組名の最後に、「○」の記号が入るとハイビジョン制作ではないという意味である。

2014年以降の中継において途中の提供クレジット切り替え時に、t-squarescramblingが20秒程度に編集され使用されている。

スピードガン事件[編集]

2005年平成17年)7月19日の阪神対横浜戦(阪神甲子園球場)で、延長12回裏一死から阪神・赤星への6球目に横浜(当時)のクルーンが161km/hを記録(結果はファウル)したが、サンテレビのスピードガン表示は159km/hだった。これは、サンテレビのスピードガンの最大計測速度が当時159km/hにまでしか対応できなかったことに起因するものであった。このことに対し視聴者から問い合わせが殺到した。並列で放送をしていたNHK BS1Tigers-aiと共通)と関西テレビは161km/hと表示していた。

この問題を受け、サンテレビは翌2006年から160km/h以上に対応したスピードガンに更新した。

日本シリーズ中継[編集]

独立局で初めて日本選手権シリーズ実況中継権を獲得したのもサンテレビジョンである。1985年(昭和60年)の阪神対西武の第3試合と第5試合を自社制作で中継を行った。

2003年(阪神対ダイエー第7試合)・2005年(阪神対ロッテ第2試合。第7試合も予定されたが、ロッテが4連勝したため行われず)はサンテレビ自社制作での中継は行われなかった[59]が、テレビ東京系列テレビ大阪テレビ愛知のサービスエリアが他の在阪・在名系列局とは異なり、大阪府愛知県のみしか中継局が設けられていないことで直接受信出来る地域が限られることと、ケーブルテレビの再配信が地域によって行われていない(兵庫県の西部ではテレビせとうちを再配信する局もある)ことから、それを補完する意味で通常はテレビ東京の番組を同時ネットしないサンテレビとKBS京都三重テレビでも中継が行われた。

2006年2007年中日ドラゴンズ北海道日本ハムファイターズ)も、サンテレビの担当球団ではないが上述を配慮してサンテレビ、KBS京都、三重テレビの同時ネットが行われた。現在は行われていない。

長時間にわたる中継[編集]

  • 1992年(平成4年)9月11日の阪神対ヤクルト戦(延長15回3対3の引き分け)で記録された6時間26分という日本プロ野球最長時間試合の模様も途中で切ることなくすべて中継した。ちなみに、サンテレビでは中継後の番組は一切休止することなく全て繰り下げて放送するため、この日は明け方5時頃まで全ての番組が繰り下げて放送された。
  • 同じ年の5月27日に対大洋7回戦で延長15回(当時としては史上最長試合、この時は阪神が2-1でサヨナラ勝ち)を中継していたが、こちらは朝日放送とのトップ&リレー中継で20:54以降、最後(23:40頃)まで中継している。
  • 阪神タイガースが18年ぶりにリーグ優勝した2003年(平成15年)9月15日、阪神がサヨナラ勝利しM1となった広島戦(デーゲーム)も生中継(ちなみに当日は関西テレビNHK BS1も生中継)。試合後は一旦通常放送に戻すも、その2時間後、マジック対象チームであったヤクルト横浜に敗れる直前に通常放送を中断し、甲子園球場から胴上げの瞬間を実況生中継した。これにより、開局以来初の『阪神胴上げの瞬間』を放送した(前回優勝時の1985年は甲子園球場ではなかったこともあり、放映権の関係で中継できなかった)。
    • 「阪神が甲子園球場での試合に勝利して優勝、胴上げ」の生中継も、2年ぶりの優勝を決めた2005年(平成17年)9月29日の対巨人戦で達成された(当日はよみうりテレビ(ytv)とNHK BS1も生中継)。

中継での映像技法[編集]

  • スローモーションの映像からライブ映像に戻る際によく用いられるクロスフェードの映像技法を、当番組では伝統的にあまり用いていない。阪神サイドに大きなプレーが出た時は、まれにクロスフェードを用いる場合があるが、その日の中継を担当するディレクタースイッチャーの匙加減もあるため使用頻度はまちまちである。
  • 無死あるいは一死かつ走者が三塁にいる状況で次の打者が外野に打球をあげた場合、犠牲フライになるのを想定して画面左上に素早く三塁走者のワイプ映像を挿入する。これで三塁走者がスタートを切る様子と外野からのバックホームの様子を同時に見ることが出来る(ただし、ファウルフライを打ち上げた時は犠牲フライの想定外からか、三塁走者のワイプ映像を出さない場合があるが、以前まで甲子園はファウルグラウンドが広かったため、捕球体制によってはまれに犠牲フライになってしまう場合があった。またレフト方向の打球で野手と三塁走者が同一画面で見える場合もワイプ映像を出さない場合がある)。この技法を行っているのは、サンテレビだけである。なお、中国放送広島主催の北陸遠征の対阪神戦でサンテレビの中継映像を自社実況・テロップに差替えて放送した際にも、この技法による映像がそのまま配信されていた。

字幕テロップ[編集]

  • スコア字幕は、開始当初から2000年代中盤までは画面左上にスコア、右下にボールカウンターを表示(開局当初から1980年代まではNHK総合テレビジョンが使っていたものに似ているが、ボールカウントが数字ではなくボールを模したものになっていたのを使った)していたが、2002年頃からは右下に一括表示されている。2011年の地デジ統合に伴い、カウンターの表示をリニューアルしている。
    • なお、ABCテレビとのリレー中継である場合は朝日放送側で映像配信するため、同局で用意した字幕が用いられているが[60]、サンテレビでの完全放送でも映像の切り替えを行う場合(スロー⇔生中継映像)に切り替え用のアイキャッチ映像をABC側で出す場合もある。
  • 2015年のオリックス主管(大阪・神戸)の中継は、基本的にオリックス球団製作の映像を使い、字幕は『J SPORTS STADIUM』(CS・ケーブルテレビ用のJ SPORTS配給)と同じものを採用した。ただし実況に関してはサンテレビ側で差し替えてある他、字幕も通常左側に「野球好き」と書かれているものを、サンテレビに配慮する形で削除してある。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ サンテレビからネット受けを多く行うKBS京都では、一時期22時を延長対応の上限としていた。
  2. ^ ただし、対読売ジャイアンツ戦だけは2007年(平成19年)まで消化試合のみ対象となっていた(後述)。
  3. ^ ABCがテレビ朝日発の番組(主に特別番組)をネット受けしなければならない場合は、水曜日でもサンテレビでの完全中継となる。また、水曜日と日曜日の試合が雨天などにより中止となり、予備カード開催となった場合には、ABCの番組編成の都合により、曜日にかかわらずABC制作の完全放送となるケースがある。
  4. ^ サンテレビボックス席・2014年ラテ欄gooテレビ番組(関西版)2014年5月16日
  5. ^ gooテレビ番組(関西版)2015年5月9日
  6. ^ 9月1日 18:00〜 阪神対広島 総合(関西)サブチャンネル(大阪局)
  7. ^ gooテレビ番組(関西版)2016年6月17日
  8. ^ gooテレビ番組(関西版)2016年6月18日
  9. ^ かつては「ファン招待席」と題し、夏休み以外のシーズンに男性(月曜・金曜)、女性(火曜・木曜)、小・中学生(土曜)をそれぞれ招待していたこともある。同じ趣旨はテレビ神奈川が「tvkプロ野球中継 横浜DeNAベイスターズ熱烈LIVE」で夏休み中に行う横浜スタジアムでの横浜大洋 → 横浜 → DeNA主管試合でも、視聴者の親子を球場放送席に招いた企画がある。
  10. ^ 現在、成人を対象としたキャンペーンには、甲子園球場のアルプススタンドに招待する『サンテレビタイガースファン招待席』がある。
  11. ^ 実況を西澤、解説を後藤が担当。過去に『熱血!タイガース党』などで一部を放送されたほか、毎日放送・デイリースポーツが製作に協力した「阪神タイガースオリジナルDVDブック 猛虎烈伝」(講談社)の第4巻「選手編(2) 20世紀最高の左腕江夏豊」 内のDVDにも映像が収められている。
  12. ^ 前述した、土曜日のデーゲーム中継を録画放送にしていた頃にも、各CS局には生中継として配信を行なっていた。
  13. ^ この他、5回の攻撃終了時(前半と後半のスポンサー入れ替え)、試合終了後の計3回行われる。なお、スポンサーの読み上げはABC制作による完全中継の場合のみ、サンテレビのアナウンサーによって行われる。
  14. ^ ゲストとして、1985年の阪神日本一メンバーである吉田・真弓・中田・岡田・掛布雅之(いずれも出演時点で野球解説者・野球評論家)が出演した。また、当日の試合前には、阪神甲子園球場敷地内の「ミズノスクエア」で放送3000試合記念イベントを開催。放送中には木内によるリポートで、2013年度サンテレビガールズのお披露目を兼ねて、イベントブースからの生中継を挿入した。
  15. ^ サンテレビボックス席放送スケジュール(2017年)を参照。なお、2017年にはオープン戦1試合を録画中継した。
  16. ^ ABC主導の場合は原則Sky・A sports+でもABCの映像を使用する。
  17. ^ 1974年には札幌市円山球場での試合を北海道文化放送(UHB・フジテレビ系)の制作協力で放送した。また1980年代には、しばしばデーゲームでも神宮に乗り込み、時折tvkにもネットしていた。
  18. ^ かつては東京12チャンネル(現在のテレビ東京)やtvk制作の番組をネットした時期がある。
  19. ^ 中国放送・広島テレビ放送など在広各局の技術協力で映像制作。在広局ローカル放送時は音声分岐を実施。
  20. ^ 制作には、業務提携関係にある東海テレビが協力している。1970年代には、実況が東海テレビから、解説がサンテレビからという形態での放送もあった。
  21. ^ NHKが放送する試合以外のほとんどはBS日テレで放送するため日テレが放映権を確保しているが、NNS系列局は日テレの許可がないと巨人主催試合のローカル中継ができず、2006年には中京テレビが中日優勝決定試合にもかかわらず差し替え許可が出ず放送できなかった。なお、例外として福岡放送(対福岡ソフトバンクホークス戦)・札幌テレビ(対広島東洋カープ戦・旭川開催のデーゲーム)では日テレの許可が出たためか日テレ製作(BS日テレ、日テレG+向け)をそのまま放送する形でローカル中継実績あり(後者は開催地の札幌テレビにのみ許可が出てビジター地元局の広島テレビには許可が出なかったため同局では放送がなかった)。また、2012年には中京テレビが地上波がマラソン・ゴルフ中継で放送がなかった日曜日に、ローカルスポーツ番組「SPORTS STADIUM」の拡大スペシャルの扱いで日テレ製作(BS日テレ、日テレG+向け)を放送したことがある。
  22. ^ 月曜日に行われた予備カードの中継では、スコアテロップを差し替えた以外は球団公式映像をそのまま放映した(スカイ・Aと同内容)。
  23. ^ なお、この当時はスカイ・Aの楽天主催ゲームの中継はABCのアナウンサーと解説者が現地に出向していた(2007年まで)。2008年以後は、基本的に球団が契約した解説者とフリーアナウンサーが実況しているが、2010年(平成22年)は、交流戦の対広島・巨人・阪神戦においてABCのアナウンサーが実況を担当した。
  24. ^ 前年の1988年(昭和63年)までは、大阪府保護地区としていた。
  25. ^ 例外として1993年(平成5年)に一度だけ、関東地方の独立局Jリーグ中継の都合で放映できなかった日本ハム戦の試合を、東京ケーブルネットワーク制作のもの(自社のコミュニティーチャンネル、および全国のケーブルテレビ局に向けての配信用番組)を放映したことがある。
  26. ^ テレ玉で放映できなかった日本ハム戦を、東京ケーブルネットワークの制作・同局発で中継したものをネットした事例もある。この場合は「制作著作・千葉テレビ放送」と表記した。
  27. ^ また、同じスポンサー形態で『バレーボール日本リーグ→Vリーグオレンジアタッカーズアワー』を放映したこともある。
  28. ^ 後に『サンテレビボックス席』名義に変更。奈良テレビ三重テレビ、テレ玉、群馬テレビ、スカイ・Aでも同時ネット
  29. ^ ABCとの提携による日曜ナイターに準じて、実況と解説を毎日放送が、スコアテロップ表示をサンテレビが担当した。
  30. ^ 同様のケースとして、1998年(平成10年)に阪神対横浜戦(サンテレビ制作、横浜の優勝決定試合)を中継した際に、解説の中田良弘に加え、tvk所属の解説者・秋山登をゲスト解説として迎えたことがある(tvkやスカイ・Aでもネット)。
  31. ^ この場合は制作クレジットがサンテレビとオリックス球団の連名となる。
  32. ^ 2015年5月1日の対ソフトバンク戦では、サンテレビとJ SPORTSの他に、BS朝日もABC制作の裏送り(サンテレビと同様に球団制作映像を併用)で放送した。
  33. ^ テレビ朝日系列で差し替え不可能な番組が編成された場合は、日曜ナイターと同様にABC制作によるサンテレビ完全中継となる場合がある。
  34. ^ 阪神主催と異なり水曜日のABC優先権はないが、阪神戦と同様の放送体制でABC主導で中継した例がある。
  35. ^ ABCもオリックス主催試合は2010年代以降、自社地上波で放送の対阪神戦とBS朝日向けの放送(原則西暦偶数年の対巨人戦・原則西暦奇数年の他カード=2015年は対ソフトバンク戦)のみとなっている。
  36. ^ 2017年4月15日現在、連動データ放送での放送予定はに記載されているが、公式ホームページにはまだ記載されていない。
  37. ^ 阪急戦では早見優の『Yes,you win』のサビの一部分、ダイエー戦(オリックス主催を含む)では宇崎竜童の『ダイヤモンドの鷹』の後奏のラストの部分が使われた。
  38. ^ オープン戦は明石公園球場姫路球場で行われる。なお、球団オーナーの三木谷浩史は兵庫県神戸市出身である。
  39. ^ 2011年には公式戦が甲子園球場とほっともっとフィールド神戸で3試合ずつ行われた(東日本大震災の影響でクリネックススタジアム宮城が使用できなかったため)。
  40. ^ ABCが使用している『スーパースター★』は、テレビ朝日系列共通のテーマソングであるため。ハイライト映像の演出はABCで放映されるものと同じ。
  41. ^ 一例として、1994年8月6日(土曜)は、SUNがダイエー対オリックス戦を自社制作した一方、KBSは通常番組を編成した。また1995年5月23日(火曜)は、SUNが自社制作でオリックス対近鉄戦を、KBSがTVQからのネット受けでダイエー対日本ハム戦を放送した(出典:『週刊TVガイド』関西版、1994年8月3日発売分、1995年5月17日発売分の番組表)。
  42. ^ a b c d e f g h 『株式会社サンテレビジョン45年史』74 - 76ページ「阪神タイガース戦中継の歩み」参照。(74ページ75ページ76ページ
  43. ^ 当時の大阪府のNET/ANN系列は毎日放送(MBS)だったが、サンテレビ・KBS京都・テレビ和歌山とも一部番組販売・スポンサードネットの関係があった。同時間帯のMBSは、自社制作またはクロスネット関係だった東京12チャンネルの番組を編成していた模様。
  44. ^ 2003年9月11日放映分は、ヤクルト対阪神戦をTOKYO MXではなくtvkで放映された。
  45. ^ 巨人主管試合のうち、公式戦については日本テレビ系列が独占していたが、オープン戦については数試合東京12chが放映権を得たものがあった。なお東京12chの後身である現在のテレビ東京においては2006年から2008年に公式戦での巨人主管試合の放送を数試合行ったことがある
  46. ^ 2008年から2011年までは栗山英樹。栗山が北海道日本ハムファイターズの監督に就任した2012年以降は工藤公康古田敦也(本数契約)・前田智徳(広島ホームテレビ兼。2015年はBS朝日向けの裏送り(実況をABCが地上波と別立て)に出演。工藤がソフトバンクの監督に就任した2015年以降は古田・前田・稲葉篤紀(北海道テレビ兼)。
  47. ^ 星野仙一(東北楽天ゴールデンイーグルス監督)が阪神タイガースのオーナー付シニアアドバイザー時代の2004〜2007年にゲスト解説を務めた際にも、出演したのは朝日放送での中継時間帯に限られた。
  48. ^ 基本的に阪神戦のみだが、2011年(平成23年)6月9日のオリックス対ヤクルトの試合では、ヤクルトOBということでオリックス戦の解説を担当。
  49. ^ 2007年度(平成19年度)から2011年度(平成23年度)までは、平日の夕方に放送されていた『ニュース・シグナル』のメインキャスターを兼務。2010年度(平成22年度)までは月〜金曜日にキャスターを務めていた関係で、当番組への出演は土・日曜日に限られていた。2011年度は、担当曜日が月〜水曜日に変更されたため、木・金曜日の中継にも出演。同番組が終了した2012年度(平成24年度)以降は再び、曜日を問わず中継に出演できるようになった。
  50. ^ 一部千葉テレビ・東京ケーブルネットワーク製作
  51. ^ 中継予定表PDF参照
  52. ^ ちなみに、当日の中継では、吉田義男が同番組へのゲスト出演に続いて解説を担当。試合開始前には、小山が始球式に登場したほか、3000試合中継に対する阪神球団からの感謝状が当時のサンテレビ社長・横山修二に贈られた。
  53. ^ MBSタイガースライブ放送予定(2013年4月) - インターネットアーカイブからのキャッシュ。
  54. ^ ビジター側でもRCCがMBSの協力により実況を自社で差し替えて放映した(テレビ番組表の記録、2013年4月29日、広島県)。
  55. ^ 9日はサンテレビの自社制作・ABCおよび琉球朝日放送の制作協力・京阪神地域の地上デジタル放送独占で完全中継(実況:湯浅明彦)。別途東海地区ではテレビ愛知がTigers-ai制作中継の映像(MBS・RBC制作協力)に一部自社映像を挿入して独自の実況で放送。10日はABCテレビからの後リレー形式(サンテレビが制作協力)・福本と金本知憲とのダブル解説(実況:ABC・清水次郎)。沖縄県では別途RBCが自社制作で放送。東海地区ではメ〜テレ・CBC共に放送ができなかった。
  56. ^ 当日は始球式も予定されていたが、雨天による試合開始遅延により中止となった。
  57. ^ この試合は、2013年7月3日<ABC主管製作日の水曜に>開催予定の試合が中止になったことに伴う延期開催分であった。ただし、予定通りに試合が開催された場合でも、ABCでは編成上の都合で中継できなかった。
  58. ^ テレビ番組表の記録、2015年9月4日、愛知県
  59. ^ ただし、阪神主催ゲームの試合のみ深夜にダイジェスト放送が行われた。
  60. ^ 対巨人戦をBS朝日でも放送する場合、BS朝日側では冠スポンサー番組となったり、実況を地上波と別立て(こちらもABCが担当)した場合にはテレビ朝日が用意したテロップに差し替えることがある。

関連項目[編集]