ザ・リリーズ (女性アイドル)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
ザ・リリーズ
出身地 日本の旗 日本 北海道夕張市
学歴 堀越高等学校卒業
ジャンル アイドル歌謡曲
活動期間 1975年 - 1986年
2005年 - 現在
レーベル 東芝レコード(1975年 - 1981年
事務所 渡辺プロダクション(1975年 - 1981年)
メンバー 燕奈緒美
燕真由美
ザ・ピーナッツ

ザ・リリーズは、1970年代を中心に活動した双子姉妹の燕奈緒美、燕真由美(つばめ なおみ、つばめ まゆみ、1960年12月7日- )の女性アイドルデュオ北海道夕張市出身。1975年(昭和50年)デビュー、代表曲に「好きよキャプテン」など。

2005年に再結成し、現在は東京を拠点に、都内周辺と出身地の北海道でライブショー歌番組の出演を行っている。

略歴[編集]

  • 実家は夕張の清水沢駅近くで電器店を営んでいた。中学2年生の時に渡辺プロに所属し、北海道の道花である鈴蘭の英語名からグループ名が命名された。
  • 1960年11月、夕張川の清水沢ダム左岸台地上(現・清水沢清陵町)に温泉(燕温泉・清水沢温泉センター・ホテル白樺)を開発・経営した人物(『夕張市史』)とは同族に当たる。
  • 彼女たち2人の姓の「燕」は、彼女たちの先祖が現在の新潟県燕市出身で、姓を決める際、出身地を姓とした。
  • 1975年「水色のときめき」で東芝EMI(レーベル名は東芝レコード)からデビュー。2ndシングルの「好きよキャプテン」(松本隆作詞・森田公一作曲)が最大のヒット曲となり、現在でも広く知られている。
  • 同年引退した同事務所所属の同じ双子女性歌手ザ・ピーナッツの後継として期待をかけられていた。事実、事務所はザ・ピーナッツ引退により、ザ・リリーズのデビュー時期を計画より早めたとされる。
  • 双子とあって声質が似ている。デビュー当初の楽曲はユニゾンのパートが多く、独特のハーモニーを醸し出していた。曲調としてはアイドルソングは少なく、フォークソングを意識したバラード調のものが多かった。1975年新宿音楽祭の銅賞を受賞。
  • 歌手活動と並行して、クイズ番組「ズバリ!当てましょう」のアシスタントや時代劇「銭形平次」の居酒屋の看板娘としてレギュラー出演するなど、タレントとしても活躍した。1978年発表の「春風の中でつかまえて」(太田裕美作曲)以降はヒット曲に恵まれなかった。

1980年-1990年[編集]

  • 1981年に「シェルの涙」を以て東芝EMIから離れ、渡辺プロから独立した。3年程度新曲を発表せず、音楽性を模索しながらテレビタレントとして活動していた。
  • 1984年にスターチャイルドキングレコード)より企画アルバム『ゴジラ伝説』に参加。1985年にはビクター音楽産業(後のm-serveレーベル相当)に所属すると、本名の「燕奈緒美・燕真由美」名義で「地球防衛軍テラホークス」の主題歌EPレコードを2枚発売。さらにパイロット版のアニメ「ワンダービート大作戦」(1985年8月)の主題歌を担当し、その本放送版「ワンダービートS」(1986年)放映時にEP盤とサウンドトラックLP盤が発売されている。
  • とんねるずの「雨の西麻布」がヒットすると、曲中の『双子のリリーズ〜』という歌詞から一躍脚光を浴びたことで、1986年秋にポリスターより「吉田照美&リリーズ」名義でデュエットによるムード歌謡「夫婦茶碗」を発売した。
    • なお、「雨の西麻布」のレコーディング時に、アニメ(ワンダービートS関係)のレコーディングのために同じ録音スタジオ(ビクター青山スタジオ)の建物内で両グループが居合わせていた事が2009年9月11日のおもいッきりDON!に燕姉妹が出演した際、明らかにされた。
  • 姉・奈緒美が1985年頃に結婚して出産を控えたため、デュオ「リリーズ」の活動は1986年以降休止状態となり、未婚の妹・真由美の単独でタレント業をこなしていくが、奈緒美の出産後は、散発的に2人で懐メロ番組に出演したことがある。

2000年-2007年[編集]

2008年[編集]

  • 3月28日に発売されたflying DOGコンピレーション・アルバムCD「flying DOG アニメコレクション テーマソング・アーカイブ 80's PartII」に、1986年発表の「瞳はコスモス/ワンダービート」が、燕奈緒美・真由美名義の楽曲として初めて収録された。
  • 6月 所属事務所をキャプテンエンターテイメントに移籍。 これを機に毎月1-5回のLIVE活動をコンスタントに開始。東京都内、北海道でLIVEを実施している。
  • 8月22日-新曲「『デイジー』 / 『あの空を守りたい』」と、新しいアレンジの「『DRAGON』 / 『KARINGA』」の計2枚のマキシシングルをインディーズ盤で発売。
  • 10月4日、夕張市社会福祉協議会のイベントに参加。同5日、再開されたばかりの「悲別ロマン座」でライブを行う。以来、同エントランスホールに、二人の夕張時代の写真を集めた「リリーズ資料館」が設置される。同7日、「NHK歌謡コンサート」に出演、バックダンサーやファンのコールなど、往時のスタイルで「好きよキャプテン」を披露する。
  • 10月21日に日刊ゲンダイの連載記事『あの人はいまこうしてる』で取り上げられ、過去と現在のリリーズについてインタビューされた。この記事によれば、姉・奈緒美は“バツイチながら3人の子供を育て上げた”とコメントしている[1]
  • 10月25日にホテルパシフィック東京のスカイラウンジにてスペシャルディナーショーを開催。

2009年[編集]

  • 都内を中心に毎月2〜3回のLIVE活動を実施。
  • アイドル当時の曲も披露しながら、自ら作詞・作曲・編曲したオリジナル楽曲も多く披露し、また、70年代の楽曲のカバーなど和洋問わず、精力的にLIVEにとりいれ美しいハーモニーで動員を増やしている。
  • 12月5日にホテルパシフィック東京のスカイラウンジにてスペシャルディナーショーを開催。

2010年[編集]

  • 原宿に2月1日にオープンしたMUSICレストラン「La・Donna原宿」のデザインプロデュースを担当。女性的且つ大人の雰囲気のライブレストランとして、音楽専門誌や建築デザイン専門誌などに紹介されている。
  • 4月3日からInterFM「五十嵐はるみのMUSIC JAM」(毎週土曜日17:30〜)の提供スポンサーが「La・Donna原宿」になり、番組内のCMにも登場している。(2011年1月終了)その後「・・・na-phthalene」 (・・・な、ふたりん)というユニット名でカバー曲中心にライブ活動を実施することを、InterFMの番組内で発表。
  • 2010年4月24日にLa・Donna原宿にて「・・・na-phthalene」LIVE開催。
  • 2010年6月5日 デビュー35周年ディナーLIVEを原宿・表参道 Ladonna原宿にて開催。

2011年[編集]

  • 6月「同窓会コンサート」へゲスト参加。
  • 7月より「夢コンサート」へ出演者兼、司会者としてレギュラー参加。年内、関東を中心に12ケ所の同コンサートに出演。
  • 12月17日、自身がプロデュースしたデビュー36周年記念コンサート「小さな恋のクリスマス2011 ディナーショー」を「ラドンナ原宿」にて開催。

2012年[編集]

  •  4月1日より、ラジオ番組「リリーズのキャプテンズRADIO」(毎週日曜日 21:00-22:00放送)がスタート

  MusicBird制作にて、全国のコミュニティーFM 約60局にて放送。インターネットサイマルラジオにて、全国放送中。

  •  11月23日 26年ぶりに「NHKレッツゴーヤング」が復活 (レッツゴーヤングコンサート/NHKホール)

  26年ぶりの復活のトップバッターとして、「好きよキャプテン」を熱唱 (2013年1月12日、2月17日テレビ放送)

2013年[編集]

  • 1月-6月 大阪府高槻市のライブハウス「MusicSquare1624Tenjin」にて、ジョイントライブをプロデュース。

  1月の原田真二ジョイントライブを皮切りに、2月:桑江知子、3月:伊藤咲子、4月:木根尚登、5月:曾我泰久、6月:森口博子とのジョイントライブを実施し、関西方面への活動を広げている。

  • 6月22日、デビュー38周年記念のディナーショーを「ラドンナ原宿」にて開催
  • 7月以降、「夢コンサート 同窓会」にて全国各地でのコンサートにレギュラー出演
  • 9月 出身地北海道をクルーズする「にっぽん丸」にて、2航路3ステージのコンサートを実施
  • 9月 堀越学園の先輩でもある伊藤咲子の再デビュー10周年記念ライブに参加 (大阪・奈良 4公演) 
  • 11月30日、バースデーディナーショーを「ラドンナ原宿」にて開催(誕生日は12月7日)
  • 12月12日、中野サンプラザホールでの「同窓会コンサートスペシャル」に出演
  • 12月14日、大阪府高槻市のライブハウス「MusicSquare1624Tenjin」にてBirthday&X'masコンサートを実施

2014年[編集]

ディスコグラフィ[編集]

シングル[編集]

  1. 水色のときめき c/w すずらんの花 (1975年6月5日 東芝レコードTP-20135)
    • 水色のときめき c/w すずらんの花 (2011年12月21日 ミュージックグリッドMEGTO-10143)
  2. 好きよキャプテン c/w 恋する三秒間 (1975年9月20日 東芝TP-20182)
    • 好きよキャプテン c/w 恋する三秒間 (1978年9月20日 同TP-10495)
    • 好きよキャプテン c/w 恋する三秒間 (2011年12月21日 ミュージックグリッドMEGTO-10144)
  3. いじわる時計 c/w 恋のつぼみ君 (1976年3月5日 東芝TP-20241)
    • いじわる時計 c/w 恋のつぼみ君 (2011年12月21日 ミュージックグリッドMEGTO-10145)
  4. 初恋にさよなら c/w ひと夏ぽっちの恋 (1976年7月5日 東芝TP-10034)
    • 初恋にさよなら c/w ひと夏ぽっちの恋 (2011年12月21日 ミュージックグリッドMEGTO-10146)
  5. 恋に木枯し c/w 恋のシュプール (1976年11月5日 東芝TP-10115)
    • 恋に木枯し c/w 恋のシュプール (2011年12月21日 ミュージックグリッドMEGTO-10147)
  6. パパ キケン! c/w 帰り道のマーチ (1977年5月5日 東芝TP-10207)
    • パパ キケン! c/w 帰り道のマーチ (2011年12月21日 ミュージックグリッドMEGTO-10148)
  7. 初恋スラローム c/w オンリー・ワン (1977年12月1日 東芝TP-10351)
    • 初恋スラローム c/w オンリー・ワン (2011年12月21日 ミュージックグリッドMEGTO-10149)
  8. 春風の中でつかまえて c/w 恋あくび (1978年3月20日 東芝TP-10379)
    • 春風の中でつかまえて c/w 恋あくび (2011年12月21日 ミュージックグリッドMEGTO-10150)
  9. 太陽がいっぱい c/w あなたと私 (1978年6月20日 東芝TP-10432)
  10. 一度だけのスキャンダル c/w 恋のマチョマン (1978年9月20日 同TP-10470)
    • 一度だけのスキャンダル c/w 恋のマチョマン (2011年12月21日 ミュージックグリッドMEGTO-10151)
  11. キス・ミー c/w Bonjour 涙 (1978年12月20日予定→発売中止 東芝TP-10526)
    • キス・ミー c/w Bonjour 涙 (2011年12月21日 ミュージックグリッドMEGTO-10152)
  12. 遠いふるさと c/w きのう 今日 あした (1979年9月20日 東芝TP-10630)
    • 遠いふるさと c/w きのう 今日 あした (2011年12月21日 ミュージックグリッドMEGTO-10153)
  13. きわどい季節 c/w ヴァージニティーの悲劇 (1980年7月5日 東芝TP-17011)
  14. ちょっと HONG KONG TOWN c/w メモリアル・ゾーン (1980年11月21日 同TP-17095)
  15. シェルの涙 c/w 甘い予感 (1981年7月21日 同TP-17176)
  16. 夫婦茶碗 c/w バナナ・トリップ (1986年11月25日 ポリスターD07R-1009[2])
  17. ギャラクティカ・スリリング[3] c/w インストゥルメンタル曲 (1985年4月21日 ビクターレコードKV-3065[4])
  18. 大切な言葉(ワン・ワード)[5] c/w ALL THROUGH THE NIGHT (1985年6月21日 同KV-3067[4])
  19. 瞳はコスモス[6] c/w ワンダービート[7] (1986年4月21日 同KV-3073[8])
  20. KARINGA c/w DRAGON (2006年7月3日 SUIREN MUSIC SUIR-0001[9])
  21. Daisy c/w あの空を守りたい (2008年8月22日 キャプテンエンターテイメントCAPT-0001[9])
  22. DRAGON c/w KARINGA (2008年8月22日 同CAPT-0002[9])

オリジナルアルバム[編集]

  1. 小さな恋のメロディー ザ・リリーズの世界 (1976年4月5日 東芝TP-72149)
    • 必聴名盤シリーズ 小さな恋のメロディー -ザ・リリーズの世界- (2003年11月27日 同TOCT-25235)
  2. 恋に木枯し / ザ・リリーズの世界 Vol.2 (1976年8月5日 同TP-72222)
    • 名盤プレミアム・シリーズ 恋に木枯し / ザ・リリーズの世界VOL.2 (2008年8月27日 同TOCT-26624)
  3. 花のささやき / ザ・リリーズ (1977年8月5日 同TP-72262)
  4. 思春記 / ザ・リリーズ Vol.4 (1978年4月5日 東芝TP-80012)
  5. KISS ME ザ・リリーズⅤ (1979年11月 同TP-80048)
  6. リリーズ ザ・ピーナッツを歌う (2014年11月11日 MIKI AGENCY ODST-5006)

コンピレーションアルバム[編集]

  1. なんてったってアイドルポップ〜水色のときめき〜ザ・リリーズ (1993年6月30日 東芝TOCT-8064)
  2. ザ・リリーズ ゴールデン☆ベスト (2002年6月19日 同TOCT-10855)
    • ザ・リリーズ / ゴールデン☆ベスト スペシャル・プライス (2013年11月27日 ユニバーサルTYCN-60151)
  3. ザ・リリーズ NEW BEST 1500 (2005年8月24日 東芝TOCT-11059)

その他参加作品[編集]

  1. ゴジラ伝説III (1984年12月5日 スターチャイルドK28G-7225)
    モスラの歌」「マハラ・モスラ
    • ゴジラ伝説BOX (1991年11月5日 同KICA-72/4)
    • ゴジラ伝説 (2014年10月6日 BRIDGE BRIDGE175/8)
  2. 雨の西麻布〜にっぽんの心 とんねるず (1985年12月16日 ビクターレコードVCH-764)
    「双子の西麻布」
  3. ワンダービートS音楽集 (1986年5月21日 同JBX-25089)
    「瞳はコスモス」「100万分の1の世界(パイロット版主題歌)」「ワンダービート」
  4. 大竹まことの文藝春秋 (1987年2月25日 ポリドール[LP]28MR-0005 [CD]H33B-20005)
    「文藝春秋CMソング」「シベリア娘」

CM[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 【あの人は今こうしている】燕奈緒美・真由美(リリーズ)
  2. ^ 吉田照美&リリーズ」名義
  3. ^ NHKテレビ「地球防衛軍テラホークス」主題歌
  4. ^ a b 「燕奈緒美・真由美」名義
  5. ^ NHKテレビ「地球防衛軍テラホークス」エンディングテーマ
  6. ^ TBS系全国ネット「ワンダービートS」オープニングテーマ
  7. ^ 同エンディングテーマ
  8. ^ 「燕奈緒美 燕真由美」名義
  9. ^ a b c 「LILIES」名義