シマ社会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

シマ社会(シマしゃかい)とは、沖縄県及び奄美群島における地域社会を表す言葉である。本土におけるムラ社会に相当する。

概要[編集]

沖縄方言で「シマ」とは、「島嶼」という意味の他に「村落」をも意味していた。そのため、必ずしも離島のみを指していたわけではない。

琉球王国の時代までは、御嶽を中心とする地域共同体を形成し、地域の祭祀を通じて同じシマの住人としての帰属意識を持ち、価値観や経験を共有していた。

明治時代以降も基本的な枠組みは維持され、現代に至っている。

シマ社会の功罪[編集]

シマ社会は、本土の地域社会と比較して、独自の財産(法律上の位置づけは財産区や地縁による団体)を持ったり、「字史」の編纂などを盛んに行うなど、今なお強固な結束を誇っている。

その一方、他郷者に対しては極めて閉鎖的・排他的で、またかつては村の掟に背いた者や気に入らない者を攻撃して殺害する事件が発生(サンシー事件具志頭制縛致死事件糸満町集団殺人事件を参照)するなどの暗部も抱えていた。このような閉鎖的な地域社会を嫌う者の中には、「せめて死んだ後は、(シマ社会に囚われない)気の知れた仲間と一緒に葬られたい」という趣旨で「模合墓」という墓も出現している。

脚注[編集]

参考文献[編集]

  • 島尻郡教育部会『島尻郡誌』1937年
  • 青木恵哉『選ばれた島』新教出版社、1972年
  • 沖縄大百科事典刊行事務局『沖縄大百科事典 上』沖縄タイムス、1983年
  • 沖縄大百科事典刊行事務局『沖縄大百科事典 中』沖縄タイムス、1983年
  • 沖縄大百科事典刊行事務局『沖縄大百科事典 下』沖縄タイムス、1983年
  • 佐野眞一『沖縄 だれにも書かれたくなかった戦後史』集英社インターナショナル,2008年9月 ISBN 4797671858

関連項目[編集]